社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

【助けて!】詩のDJっぽくなるように、ブログのカテゴリーを考え直したい 

2009.09.28 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

猫道さんから詩のDJという言葉をいただきました。
とても恥ずかしいなと思っているのですが、ぜひ一度やってみたいなと思うので、ちょっとブログを変えようと思いました。
そこでみなさんに、どういうふう詩っていう言葉があるとDJとしていいのかなということを伺いたくおもいました。
助けてくださるとうれしいです。

おすすめの詩がはっきりわかる、ブログにしたい

続きを読む »

スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ブログ マーケティング カテゴリー 詩集

【詩】懺悔 

2009.09.18 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいちともこさんのイラストから


くずれおちる塔の
やせほそった背骨のすべてから
祈りの声を響かせている
恋うる人の手を握る手と同じ形を一人でつくり
わたしが引き留めようとしているのは
失われた時間ではなく
いまここで腕の幹がひきよせる
枯枝となった命のきしみだ
つよく合わせるたびに
締め付けの愉しみに飢えた指紋のうずが
これから起きる殺人をすいこんでいる








>> かわいちともこさんのサイト nib's

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

ウイグルを知らないままにTwitterにのって動き回る理由 

2009.07.31 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日の日記『世界ウイグル会議のカーディう女史の会見を日本中に、世界中に伝えてください。』に対して、mixiの日記コメント上で質問をいただきました。

ひと言おせっかいを言わせてくださいね。
イタヅカさんの熱心さはわかりますが、日本のメディアは偏っているので報道だけ信じてはいけないと思いますよ。
ウィグル族問題に関して本当に公平な報道がなされているのだろうか。

話は飛躍しますが、日本では夏になると「ノーモア広島」で、戦争反対の風潮が一気に高まりますが、アメリカが軍備をやってくれているから日本は汚いことに手を出さずにすんでいて、ひたすら戦争反対だけを唱えていればいいように躍らされています。(日本が軍備に走ったらアメリカも大変だからね。)

イタヅカさんはウィグル族のことをどれくらい知っているのですか?


今日はこれについて答えながら、今僕が情報を流している理由についても書きたいと思っています。

先に補足させていただくと、前回の日記での引用文はメディアによる語りではなく、カーディル女史の発言のTwitterによる中継です。
ノートパソコンを会議室に運んで聞いたことを聞いた瞬間にインターネットで流している文章です。一度やってみるとわかると思うのですが、この作業で編集をかけることは非常に難しく、うまく編集がかかっていたとしたら会見そのものの構成が非常に編集されていたということができます。正直報道は信じていないのですが。

ウイグルについて私が知っていること

ウイグルについて私が知っていることはそんなにありません。
日本語で手に入る資料で言うと、

ウイグルの基礎情報として


中国がウイグル人の人権を考えていない証拠として、新疆で行われた核実験の記事



もちろんテロリズムが必ずしも宗教的なものではない根拠として
テロリズム

対テロ戦争とされた私の支持できない戦争でグアンタナモに収容されたウイグル人をめぐる記事



今回のウルムチの事件のきっかけとなった広東省の工場でおきたウイグル人撲殺事件の映像


http://www.youtube.com/watch?v=YEko0KL2Jc4

ちなみに、経済特区のWikipediaの項を見ていただけるとわかるとおり、

経済特区への一般の中国人の出入りは許可制となっております。ウイグル族が経済特区に連れて来られた理由は人件費の安く扱える構造があったからだという証言があります。


ラビア・カーディル女史については
  • Wikipediaのラビア・カーディル女史の項


  • 上のを読めばわかるとおり、ラビア・カーディル女史は坂本竜馬2回分の人生をその身で体験されています。

    かつては中国で十本の指に入る富豪だった彼女が、自分たちの民族の人権運動をおこなうことで迫害を受け、そしてご家族と共に監獄に入れられたということ。
    アメリカの政治力で彼女のみが亡命し、中国に従うのではなく、あくまでウイグルの自治を求める運動によってご家族を救いだそうとしていること。
    そして彼女自身が女性であること。

    経済的な面では坂本竜馬よりも数段上のそのうえで、今、政治のうえでの活動。
    その上、坂本竜馬にはなしえない、母としての仕事もしているのです。
    ぶれない人というのは彼女のような人を言うのだと思います。

    ウルムチの事件とラビア・カーディル女史の関係について中国が発表していることについて、中国国際放送局による翻訳が出ています。
    7・5暴力事件とラビア氏(動画)

    7月6日、世界ウイグル会議のセイティ・トムトルク副議長は国内の東トルキスタン勢力と連絡を取り、「今回の事件は大騒動となり、漢族に多数の死者が出たことに、ラビア・カーディル氏は非常に満足している。漢族の写真を処理して、ウイグル族に見えるようにすれば、死者はウイグル族だと言うことができる。国内外のウイグル族を引き続き煽動して、事件の国際的な影響力を拡大し、中国政府の面子をつぶさなければならない」と伝えたということです。


    ご存じとは思いますが、政府に担保された情報が確実ではありません。
    第二次世界大戦中に、旧ソ連軍がポーランド人を虐殺したカティンの森事件の真相は、冷戦終結まで明らかにされませんでした。
    カティンの森と同じように、ウイグルで何が起きたかがわかるのは、中華人民共和国が今の体制である限り、私たちが死んだあとになるかもしれません。

    手元にある情報のすべてにに信頼を置けない以上、自分たちが今何を信じ、どんな行動をとるかを言うことが大事だと思います。本当に中華人民共和国政府の報道が正しいのかもしれないですが、私はカーディル女史にを信じるという方向でいきたいと思います。

    日本の、アメリカのというお話をされる以前に、Ayameさんが人間としてこの事件をどう思われるを伺いたいのです。私はあなたがそれを日本の再軍備の蔭に隠れてお話しするということが若干信じられません。地政学的な話は重要かもしれませんが、カーディル女史のやりたいことと直接は関係ないことだと私は思っています。



    Twitterに乗って動き回る理由

    7月5日の事件についての死者人数は
    日本での報道は今日までに

    2人→200人(新華社)→1万以上?(カーディル女史)


    という風に膨れ上がりました。そして犠牲者の人数を確認する作業の中で、Twitterををはじめとしたインターネットによる情報の伝播がありました。例えば

    2人(新華社)→戦車で19人が引かれる(日本ウイグル会議)→200人(新華社)→1万以上?(カーディル女史)


    のように、間に一つ情報が挟まることで、中国政府の報道に対する疑いを作ることができたと思っています。
    (私自身200人は嘘だと思っていましたが、正直1万という人数が出ることは想像外だったので、そこは行動力がなかったと思わざるを得ません)

    7月6日の日本時間の4時頃から中国国内ではネット環境が使えなくなったということでも、中国が情報の統制をかけようとしたことがうかがえます。




    Twitterを含むインターネット環境がなければこの事件が闇ないし、ウイグル人コミュニティの中だけで広まった可能性は少なくありません。

    ウイグル人コミュニティの中だけで広まり、ウイグル人が過激化したときが一番ひどかったと思っています。
    中国は私達に中国政府の行為が伝わらないことをいいことに、ウイグル人をテロリストのレッテルを張り迫害したでしょう。現実に9.11テロの後から中国はウイグル人の自治を求める勢力に対してテロリストのレッテルを貼っています。何人かはグアンタナモに収容されました。

    tsudaさんの話ではないのですが、モバイルと世界的な普及とTwitterの躍進により、大衆が情報発信者として動けるようになってからジャーナリズムを担う人と情報の価値は変わったと思うのです。

    口コミをもとにした情報伝播は変わらないのですが、口コミによって届く距離が非常に大きくなったのです。そして口コミと、新聞などのマスメディアが同じ土俵で語ることが出来るのです。

    この自分が興味を持つもので本当に起きている出来事は

    本田靖春さんや森達也さんのような、少数の行動力のある方が粘り強く動き回ることで真実を勝ち取るをつかみとるというやり方だけでは無くなったと思っています。

    多くの人が自分の持っている情報の価値を知らずに情報を発信すると思われる、Twitter時代の真実への近づき方は、

    • 自分が本当だと思うことをかたること。

    • 人の意見を聞き、いったん自分の中に落とし込む態度を持つこと。

    • 自分の意見を疑うこと。間違いを認め、謝罪と訂正を恐れないこと。

    • 一人ひとりの中で自分の信じることを共有すること


    だと思っています。確実に起きたことの一つ一つは人のフィルターを持って解釈されていて、手元に入る情報の数はメディアの客観性という言葉を疑うことができる量だとおもっています。

    Twitter時代に入り、この地球で生きる人間の情報を得る際の感性を「確実な情報を受け取る」から、「情報を求めて発言する」へと変えていく必要があると思っています。おそらく「情報を求めて発言する」ということは上司への質問といった形でいままでも行ってきたとおもいます。

    意識が変わるまで時間はかかると思います。その中で私が間違った情報を信じて流し、嘘をついたと批判されるときがきます。
    そしてその時は私は謝らないときもでます。
    黙殺されるようになるかもしれません。ウイグルとは関係ないのですが、現に私を黙殺しようとしている方もいます。
    それでも、自分が発言し続けることがほんとうにおきたできごとにつながると信じています。



    現在私がどれほど遠くへカーディルさんの講演をを飛ばせたか

    カーディル女史の会見内容を、私自身の日記よりも遠くへ飛ばしてくださったマイミク(444人)は一人もいません。黙認を賛成とAyameさんが捉える場合、Ayameさんの考え方に賛成多数です。私が少しでも自分の意見を伝えられる可能性は0.2%程度なのでぜひ安心して意見をお聞かせください。

    飛ばしてくださっていない方を親しい順、そしてこの方々と疎遠になった際、私自身に大きな損害となると考えている順に紹介しようと思ったのですが、私のマイミクリストを見ていただければいいと思うのでやめておきます。


    ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

    人気ブログランキングへ1

    タグ : ウイグル Twitter 情報

Paul Foremanさんのマインドマップがものすごい件 

2009.05.01 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加


The complete jigsaw of you Mind Map
Originally uploaded by creativeinspiration

毎日RSSですごいマインドマップがないかなと探しているのですが、
Flickrでみつけたこれはすごい。

一見ブツブツ切れているように見えるのだけど、その一つ一つがジグソーパズル。
そして、セントラルイメージもジグソーパズル。
バラバラなマップのように見えるのですが、
よく見てみると、例えば左上の赤い枝は、きちんと上の茶色いピースや左の青いピースと枝の伸ばし方の整合性をゲシュタルト的にうまくとっていて、
うわーうわーと会社の昼休みなのにさけんでしまいました



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

 

2008.12.21 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

詩論+続詩論+想像力 (思潮ライブラリー・名著名詩選)詩論+続詩論+想像力 (思潮ライブラリー・名著名詩選)
(2008/11)
小野 十三郎

商品詳細を見る


アナーキスト、詩人として知られ、今も続く大阪文学学校の創設者でもある小野十三郎が、戦中戦後を通して書きついだ詩論とその続編を含む、『詩論+続詩論+想像力』が復刊されました。

初めて読んだのですが、短歌的リズムの否定を書いたといわれる、詩論は今年一番よい読書経験のひとつでした。


とりあえず、一番初めに書かないといけないことは、必ずしも伝統詩歌を否定していないことでした。抒情を表すにあたっては、伝統詩歌の方に一日の長を認めているくらいなのです。
 現代詩はまだその精神の内部に、抒情の認識として統一された独自の純粋性を持っていない。全てが偶然的であり不安定である。その抒情の展開は、短歌や俳句の発想と型式によっても可能であり、むしろそれらに依る方がより正確であり科学的であるといえる。 (152)




この詩論に含まれる239の断片は、短歌や俳句のリズムを否定することではなく、むしろ新しい詩を作ることにあったように感じます。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : 書評 詩論 小野十三郎 詩論続詩論想像力

 | HOME |  »

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。