社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

川俣正展に行き、作者本人と熱過ぎる人に圧倒される 

2008.03.30 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都現代美術館で4月13日まで企画展が行われている川俣正さんに現代美術館でお会いしました。一言くらい話したけど、名乗れませんでした。

せっかく作者本人とすごい近い距離で話していたし、自己紹介に格好のネタまで持っていたにもかかわらず、名乗ることができませんでした。
なにせ川俣正さんがいらしたという情報が流れた瞬間に、企画展全体の空気がはなやぐんです。圧倒されてしまいました。お話したかったです。

ネタというのは、川俣正さんは東京ポエケットのヤリタミサコさんの3年先輩だということを合戦で聞いていたことです。次回出会ったときのためにこの話を取っておきましょう。

というわけで、今日は東京都現代美術館で川俣正「通路」展を見てきました。
多分一番うまい紹介記事はマイコミジャーナルだと思います。ご覧ください。

川俣正さんは、画家でも彫刻家でもありません。
「参加型」や「領域横断」という、WEB2.0でかなり出てきている言葉で語られる活動を30年続けていらっしゃる方です。今までに所沢市やベネツィアなどで活動をされています。
現地で、市民と協力しながら、その土地特有の大きな作品を作ることをされています。例えばビルとビルの間を橋で渡したりなどです。近年では横浜トリエンナーレの企画ディレクターをやられています。作品はGoogleで調べた写真をごらんになると分かりやすいと思います。キーワードの表示どおり、web2.0やwikipediaの先駆者といった感じで見られると美術外の人も楽しめると思います。


東京都現代美術館の外のバス停から館内までずっとベニヤ板が続いていて、また工事中かよ、と思っていたのですが1階の展示室に入ってもなおベニヤ板で展示室が区切られていたのでようやく、美術館全体が展示になっていたのだと納得しました。

人一人は入れるほどに仕切られた展示室を廊下のように歩きながら、壁に飾られた過去の川俣さんの今まで製作された作品の製作状況の展示や、現在彼の研究室が実行している企画の途中報告があり、川俣正の作品の展示ではなく、川俣正の企画の展示なのでした。使われているベニヤ板は1000枚です。

企画室の中には、進行中の企画の仕事部屋までもが美術館内に移設されて、中では川俣さんのフォロワーがmacを持ち込んで仕事をされていました。進行中の企画には、「地面の中に家を作る」という、小学校で行ったワークショップで出た小学3年生のアイデアを実行するという企画がありました。現在土地の確保までできて土地の中に入る家ややり方を検討している段階とのことです。詳しくは最強のアイデアを実現するをご覧ください。企画展では参加者を募集しており、私も参加することにしました。ほかにも路上生活や、自画像などの研究室の展示や中間発表が行われています。

どんな展示があったかを詳しく知りたいときは、若冲と江戸絵画展のブログをご覧ください

作品が製作される現場を観覧する人は見て歩き、そしてフォロワーに話しかけながら自分の知識を得たりインスピレーションを得ることもできます。この当たりが通路の目指す「参加型」の話なんでしょうね。

私は一番最後は通路Cafeという、企画展内で行われているカフェで二時間近くいたのですが、そこのマスターの児玉さんのお話がすごかったのが印象的でした。ZAIMという関内の日本大通りにある旧関東地方財務局を利用した美術プロジェクトを、横浜市が認可する前に行っていた方だったのです。つまり横浜市の施設をのっとった人です。違法性阻却の話や美術館の入場料の話、大学の授業料をただにするべき、というお話などとても興味深いお話をされていたのですが、その中でも一番真面目な目になっていたのが、「若い学生のために」活動されているというお話でした。
私は彼が真面目な目になっていたのに気付きつつ、その真面目さから逃れようとして笑ってしまったのですが、彼の真面目な目はその笑う自分を捕らえて離しませんでした。久しぶりに怖い人に会いました。凄いいい人です。

教育について考えがある方は、東京都現代美術館に行き、川俣正展の通路カフェのマスターの児玉さんお話してください。絶対に面白いお話が聞けると思います。これが、通路展の感想になると思います。おしまい。

スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : レポート 美術館

谷川俊太郎の33の質問 

2008.03.29 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

谷川俊太郎の33の質問 (ちくま文庫)谷川俊太郎の33の質問 (ちくま文庫)
(1986/03)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

斎藤孝さんの「質問力」で取り上げられていたので読みました。
質問するときの必要条件としてあげられる、「自分の中できちんとした答えの流れ」を持つことの重要さを教えてくれる教材です。

対談といえば、相手に合わせて話を変えていくのが定石、というかふつーです。
しかし、斎藤孝曰く「何でも受けることのできる」対談の達人谷川さんは、全ての相手に相手に全く同じ質問を問いかけます。
受けて立つのは「折々のうた」を始める前の大岡信、「ノヴェンバーステップス」などの成功で脂の乗り切った武満徹、自分自身など8人。
質問は「金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?」ではじまり、「目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方角に向いていそうですか」など具体的な答えを要求される33問。
一番最後の「何故これらの質問に答えたのですか」という問いに皆が「友情(武満徹など)」「義理堅い(岸田今日子)」と答えて谷川さんの偉さが知れ渡ります。

この対談集が成功した理由で一番重要なのは『質問の全てが自分に帰ってくる』ということです。突然自分が長く語りだしてしまう質問があり、その語りが相手の答えに強く影響する。
例えば林光に「目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方角に向いていそうですか」を質問したとき、

「なんか、ほら、こう、たとえば仕事やめていんたいしちゃうとか、隠居しちゃおうと思うとね、うちの女房なんてのはね、なんとなくミクロネシアとかポリネシアとか、パッと想像するんだよ。なんか南の島でムウムウだけ着てね、いちんち昼寝をしてるっていう。(笑)ぼくはどうしてもそこが想像できなくてね。樅の木の林のスイスみたいなとこでさ、なんかこう、焚き火じゃない、ストーヴにあたってるというのがパッと頭にくるわけね。すると、だいぶ、南国型と北国型、あると思うんだけど、どっちですか。」と谷川さんが言い、林光が「ぼくは、そうだな、北ね。」と答え、谷川さんが「知的なんだな、われわれは。」と引き取るとき、対談の和やかなペースの心地よさに引きずられてしまう

『質問する相手との仲(知的な相性)の良さを』うまく利用して作られた、怖いくらい台本の書かれている本です。この本の中の質問を友達にするときは注意してください。
自分の想定した友達の考えと、友達の考えの違いが生まれたときに友達のあなたとの相性が如実に出ます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

言葉は効くもの 

2008.03.27 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉は聞くものではなく効くものだ、という言葉をマイミクのトモヤンから教わりました。

先々週の日曜に、高田馬場のBen's Cafeで毎月行われている朗読会にいきました。
今月こそはなるべく言葉をいいほうに捉えようと思ったら、
たくさん言葉を捉えることができました。
例えば

そこかしこと答えよう/愛の場所と問われたら

とか
生き物がいたら仲良くなれるかな

のという宇宙に対する問いの素直さとか
これは、マイミクの夏野雨さんの詩から。
光の中ではしるようにあなたを呼びに

これはたちまこさんの詩から。

A4のノート一面にたくさんのレトリックが書かれていくのを見て
私はこれらの言葉を何も考えずにいったときに捕まえただろうかと考えました。
答えは出ませんでした。

日本語の詩のなかで、ただひとつI Love Youと英語が出たとき、
この効果を考えてしまうことができるかどうかは、
言葉を捉えようとしない限りはできないはずでした。

ここで、恐らく何に対しても、「いいと思うもの」と「なんでもないと思うもの」の境界線は本当に自分の意志によるものだなと感じたました。

自分の意志が流さないようにしようと向うから流さないという意味で、身体が反応するんです。

言葉を認知するためには、自分の身体に言葉を受け入れられるようにしなければならないのだと日本語でもおもうのです。

英語や韓国語は、物心ついてから習ったものだから、
聞くときは意識的に注意深く身体で受け入れようとするのですが、
特に詩のように、普段使わない視野の広さで言葉を使うときは、
同じ言葉でも意識的に耳だけではなく身体で言葉を受け入れようと思います。
あと、契約書を交わすときは。

ビジネス文書でとても小さな「てにをは」を直すことに夢中になる上司が多いものだから、最近文語運動とかできるのですが、それだって管理職がそれだけ仕事を身体的に捉えようとしているからだと、今ふと思いました。

ということを書いたら、
トモヤンが言葉は聞くものではなく効くものだ、と教えてくれたのです。
信頼に応じて効きめを表す言葉達が詩的な瞬間には多く存在するのだなと思います。

----------
今、私には書かれているものの6割は分かりません、といっています。
その文字を肯定的に捉えるときにはどんな言葉でも身体に刺激として返ってくると思っているからです。
2割くらいは、刺激として自分の身体に入ってきたが面白くなくて、2割くらいは、刺激になる以前に面白いことが分かってるのだと思います。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

3月20日にボランティアの公演をしました 

2008.03.25 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

20日に川崎市は中野島でボランティアの公演をしてきました。

何度も何度も書いていますが、
障害をもつ子供達向けにエレクトーンの演奏や、おゆうぎ、ゲームをする団体をしています。主催は私ではないのですが、司会を最近は毎回しています。

演奏劇団True Dreamという団体です。川崎市の、かわさき市民公益活動助成金制度の下でスタートアップ助成金をいただいています。
http://www.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/volunt/jyosei/19/start19.htm

--------------
昨日の公演ではマイミクのみにいさんと、ユキムラハネヤさんという二人の詩人が参加してくれました。実は、よつばさんも参加予定だったのですが、体調不良でこられず、残念でした。

お二方とも日記を書いてくださっています。みにいさんはmixiなので、ユキムラハネヤさんだけ紹介させていただきます。

ユキムラハネヤさん「同窓会→ボランティア。」

ユキムラさんはも書いていらっしゃいます。こちらからどうぞ。近作はかなりいいです。

------------

前々回は「客席から2m先で聞く初めてのバイオリン」というマイミクひらりんに惹かれたのか、総勢46人の公演となったのですが、今回は25人でした。
お子さん連れでいらっしゃる家族は6家族と少し淋しかったのですが、
True Dreamとしては、14人いるメンバーの中で10人が来るという、過去最高のメンバー出席率で初めて小さな子供より、大きな子供の数が上回る事態になりました。
でもメンバーが多かった分、新しい試みを取り入れやすく、ノリのいい公演にできました。

20日の公演では、初めてリズム&リトミック、つまり体操の時間で1コーナーを取るというチャレンジをしました。

今までは、「アブラハムの子」、「おおきなくりのきのしたで」の二つを身振りつきでやってきたのですが、今回は30分以上の時間をとって踊ることにしました。
「こぶたたぬききつねねこ」、「パンダウサギコアラ」、「アイアイ」など5曲を振りつきありの曲として演奏しました。

アブラハムの子、はご存知な方もいらっしゃいますでしょうか。こちらからどうぞ。



実は私は体操のお兄さんでした。つまり、一番前で一番目立つように動いてました。

でも、あんまり説明が下手で主催の岩舘さんのおかげでどうにかこうにか乗り切った感じでした。
みんなが自分といっしょに腕をふってくれると楽しくなりました。みんなが振りをやってくれるわけではないんだけど、笑ってくれると嬉しくなりました。

みにいさんが日記の中で
子供達は音楽の聞き方を心得ていて、スローな曲では寝転んだり座ったり勝手気ままにしているかと思うと、ノリのいい曲になると急に立ち上がり踊りだすわ、マイク持って歌うわ…。
コンサートで一律アーチストに注目して聞く大人に比べ「この人達はずっと自由な音楽の聞き方を心得てるんじゃないか」とハッとした瞬間でした。


と書いてくださっているのですが、子供達は、ノリがいいんじゃなくて、行儀がいいんです。踊って欲しいと僕らが思う曲をやっているときは踊ってくれるし、静かに聴いて欲しいと思うと聞いてくれる。
11月に、ひらりんを呼んだときに、静かにバイオリンを聴いてくれるかということを二人で真剣に話したのですが、注意は一言言えば聞いてくれるし、いい演奏には耳を傾けてくれるんです。

特に、主催の岩舘さんがピンストライプという鈴木一浩さんの曲を演奏したときなど、私は子供に導かれて立って踊っていました。
とくに、お客さんとして来ていただいたみにいさんとユキムラハネヤさんの二人が子供達に混じって、他のメンバーよりも更に大きなこどもっぷりを発揮してくれていました。

ついには子供達に握手しようとしたら、みんなユキムラさんの影に隠れちゃうの。僕の子供を返して!でも次の公演も来てください。
ユキムラハネヤさんには当日初見で「星に願いを」を演奏していただき、みにいさんは「おにのパンツ」の踊りで前に立っていただきました。ありがとうございました。

今回の公演では、マイミクのたぬこ72さんからいただいた小さな鍵盤キーボードを4台使わせていただきました。手で運べる音の鳴るおもちゃに子供達は興味深々で、公演が終わって片づけが始まってからも手放さないお子さんがいらっしゃいました。

次回公演は6月22日を公演しています。その前日の21日は秩父の武甲書店にてゲストとして朗読させていただきます。

最後に。自分が子供達に引き寄せられている曲、ピンストライプをお送りします。鈴木一浩作曲でエレクトーン曲としては定番となっていますが一般には中々知られていない曲と思います。


写真を載せれるとよかったのですが、ちょっとただいまHP作成の許可が微妙なため、BLOGでは遠慮させていただきます。

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

タグ : ボランティア

世界一周のお話をきいてぐっとくる 

2008.03.16 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の五月から十二月まで世界一周の旅をしていらしたマイミクの
みきさんによる、
世界一周旅行の報告会に行きました。

開かれた場所は経堂の茶泉というイートインのできる中国茶のお店です。
1500円で世界一周の写真とトーク、おいしい中国茶の薀蓄に飲茶が八種類と贅沢できるイベントでした。
これからいくつか日記に書くけれども、本当ならば本人のお話を聞くのが一番早いと思います。

22日に今度は大阪のSalon de AManTO 天人というお店でもう一度報告会をやられるとのことです。関西の方は是非チェックしてください。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=718817534&owner_id=3979891

--------------
今回、旅行の話の中で一番刺激されるのは世界の有名な場所の話が聞ける以上に、
観光地の写真を知らないアングルから見れること。とくにかっこ悪い角度!ことや目の前にいる人がマチュピチュにいる!と思いました。

ピラミッドをつまもうとして失敗するみきさんや、マチュピチュを見下ろすみきさんを見たら、旅に出たくなりました。もちろんお話も面白かったんですよ。

今回、インドシナ半島、インド、イギリス、エジプト、ペルー、チリの冒険のお話を伺いました。

興味深い、というよりも自分で行かない限り話すことのできないお話をいくつか並べてみます

◎エジプトのトイレは原始的なウロシュレットがあるって言うこと。タイのトイレは和式に近いのだけど、全体的に地上より高く、足を乗せるところまで陶器だったということ。トイレットペーパーがある国って少ないんだよ!

◎ナスカの地上絵を飛行機で見ると、大きすぎてなにをみてるかよくわかんなくなるって言うこと。

タージマハルのモスク調の屋根は必ずしも真っ白でないということ。モザイク調の彫刻が色濃くほどこされているということ。

◎ラオスとタイの国境をバスでこえるということ自体が新鮮だったって言うこと。陸上から国境を越えるって言うのは初体験だとおもうとやはり驚いてしまうこと。

◎ラオスのジャール平原(壷ばかりの平原)はベトナム戦争中防空壕に使われていたこと

◎みきさんの着ていらっしゃるアオザイ(ベトナムの民族服)は黒が基調となっていたのに、花のような柄で描かれている赤い線の方がとても濃く見えたこと。

◎半年で世界一周回って130万円で済んでしまうという事。そのうちしないとね。

◎マネキンのディスプレイ。インドとエジプトの写真が取られていて、そのそれぞれが非常にえぐかったこと。エジプトは派手でインドは、新興宗教みたいだった。
------------

とりあえず例としてあげてみました。一応マインドマップも上げて見るけど多分時が読みにくいと思うので、是非みきさんの過去日記を見てください。

DSCF0415.jpg


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : レポート 旅行

3月11日の16時までやっている大河原愛さんの個展に行く 

2008.03.11 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

この日記に書くことは
11日の16時までやっている展覧会についてのお話です。
新宿駅南口の、高島屋の10Fの画廊で行われている個展です。
作者は大河原愛さんです。
現在NYと東京の両方で活躍されている画家さんです。

Art遊覧というBLOGでみて伺いました。
中にはバレリーナを描いた小さな絵から女性の身体の一部分を強調したシュールなもの、糸と絵、針を組み合わせたミクストメディアまで多くあり、自分と年齢の変わらない一人の人がどういう風に作品を変えるのかということを考える点でもとても参考になりました。

個展にたまたま大河原さん自身がいらっしゃり、お話を聞くことができました。
彼女は深層心理を描くということをおっしゃっていて、そのために身体の中の表情が現れているいくつもの部分を削った形で絵を描かれているとのことでした。

大河原さんは個展にほぼ毎日いらっしゃっているとのことで、千秋楽の明日もいらっしゃるかもしれません。ここに書かなかったことはたくさんあるので、是非本人に聞かれると楽しいと思います。

たくさん話したいことはあるのですが、ここではあえてひとつ連作を取り上げたいと思います。

-----------------

「in or out」という連作の中で大河原さんは身体の輪郭線を白と黒を使って表しています。
その身体の一部分は網におおわれています。
おおわれているといっても、身体全体を包むのではなく、まるで身体を支える柱のように網が張られているのです。

例えば右を向く白いからだの左側にピンクの網を張った作品があります。右側は大きく開かれていてそこへすすむことは許容されているのですが、左に伸ばされた左腕の動きを止めるように張られた網はもう身体を左へ移動させません。

私はこの絵を今改めて大河原さんのHPで拝見しながら、戻ることのできない時間を感じます。
個展の中では、青い網が両腕をあげた身体の中心線を通るように張られている作品がとても印象的でした。動けるはずの自分が、どこかで規定されているような。

-----------------

大河原さんの作品は、彼女のHPから見ることができるのですが、実物はHPの写真に比べてとても大きく迫力がありました。
11日の16時でおしまいです。

-----------------
彼女の作品を見て、思い出したことがひとつあります。女性にとって乳房とは何なのだろうということです。

初めて女性と付き合った後でトルソの実物をみて、手足がないのにも関わらず何故胸はあっていいのかと思ったことがあります。少なくとも大河原さんにとって、乳房はそれ自身では表情を持たないから大丈夫ということになるのだろうかとか、乳房と膝はもしかして、個性ではないのだろうか、とか。

みなさん、自分のチャームポイントってどこですか?


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

面白動画ナイトに行きました! 

2008.03.09 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日にsatoshi da rapperさんのイベント、
面白動画ナイトに行ってきました。(このリンクはmixiのコミュニティへのリンクです)
Shinjuku Sporken Words Slamというパフォーマンストーナメントで知り合った友人で、ラッパーです。

場所は新宿のファミコンバー8bit cafe
なんとファミコン、スーパーファミコンができるバーです。
将棋漫画がたくさん置いてあり、A級トーナメントに参加している棋士も常連という凄いバーです。

文字通り、インターネットで拾った面白い動画をたくさん見るというコンセプトのイベントでした。
私がはまったのはこんなところ

●Paul Huntによる段違い平行棒
http://www.youtube.com/watch?v=tu-YAMiS5wA


●自閉症の人が唄う国歌斉唱
http://youtube.com/watch?v=wUYBSggCMko&feature=related


●猫やつあたり
http://www.youtube.com/watch?v=p3nbHFj3evQ&feature=related


面白い動画をたくさんみたのですが、それでも、今回の一番の目玉は生ライブでした。

今回のゲストはVocal BeatboxのKazさん。
Beatbox選手権の日本代表として、6月にロンドンで行われる世界大会への出場が決まっています。

いつもはbeatsickというグループで活躍されていますが、今回は一人での出演。(*1)

自分で「BGMつくろ」と言って、Beatboxで4小節のビートを録音し、それをアンプに流して自分のトークを繰り広げるkazさんはものすごいかっこよかったです。
ループを録音するのに使ったのは、BOSSのRC-20XLという機材。最高16分まで録音可能で、足でペダルを踏んで録音や再生ができます。マイクを使ってパフォーマンスをする身としては、足で動かせる機材はお客さんからの見た目にも優しく、個人的にも買いたい機械でした。

パフォーマンスの最後にTrey Songzの「Gotta make it」をプレイしたのですが、
RC-20XLを駆使してドラム・ベース、ブラスの音を多重録音→リードを歌うという荒業を繰り出してくださっていて、とてもかっこよかったです。
ものすごかったです。

その後はもちろんSSWS。
主催のサトシさんは、惜しくも二回戦敗退でしたが個人的には、非常にうまくてさすがだなと感心しました。(自分についてはあえて言わない)


(*1)
動画もあります。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : これはいいですw - ジャンル : サブカル

僕の子供らしさを検証してみる!! 

2008.03.04 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

百式で紹介されていた子供らしさ -地球初!自分探し検索エンジン-がとても楽しかったので紹介!

イダヅカマコトの子供らしさ

ネットカフェに入ったことがない。[重要度:97%]
つまようじなんかと、縁は無い[重要度:58%]
生活の中でスーパーマリオの効果音を多用している。[重要度:38%]
入道雲の向こうに、ラピュタを探す。[重要度:34%]
好きなおかずは最後に食べる。[重要度:1%]

ぐっさん☆。の子供らしさ

テレビ見ていてホラー映画のCMになると、両手で耳をパカパカして「ア~、ア~」と言って凌ぐ。[重要度:70%]
キッズサイズが着れる。[重要度:69%]
キスより先は想像できない。[重要度:57%]
みんなでいてもつまらないと他のことを考え始める[重要度:51%]
掛け布団を蹴っちゃう[重要度:39%]

文学的ハードコアの子供らしさ

ラーメン>フランス料理[重要度:45%]
女の子の絵は必ず瞳に星を入れる。[重要度:30%]
ペンキ塗りたてのベンチがあると指紋をつけたくなる。[重要度:17%]
ペットショップの「ガラスをたたかないで下さい!」はたいてい叩いたあとに気がつく。[重要度:12%]
正直に言おう、前までのnaoさんが使ってた写真には本気で照れた[重要度:11%]

携帯でも遊べます
http://kodomo.akahoshitakuya.com/mobile/



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。