社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

佐藤yuupopicさんの『トランジッション』を読みました 

2008.09.29 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤yuupopic 1st.詩集『トランジッション』佐藤yuupopic 1st.詩集『トランジッション』
(2007/09/28)
佐藤yuupopic

商品詳細を見る

佐藤yuupopicさんの集、『トランジション』は、非常に一行一行のすがすがしい集です。
2ヶ月前から感想を書くといってずっと書けずにいました。
映像を扱う彼女のの場面展開の周到さに自分の手がついていきませんでした。

例えば、「日かげの壁よりバニラアイスよりひんやり冷たい」
短いだから全編引用します。

梅雨が明けたと云うのはどうやら本当のことらしく、
建物のかげに逃げ込んで並んで壁にもたれてアイス齧りながら。
隣にいながら距離をはかり損ねている、
もう何ひとつ話したいことなんてないとその目が云っている、
の、わたし、知ってる、のは、わたしもおんなじ気持ち、

だから


こんなにも
アスファルト陽炎ごと燃える午後、

なのに。

と、何が「ひんやり冷たい」のかを明示しないままです。
多分「距離」が冷たいのだろうなとか類推できます。
でもなんとなく、緊張している感覚だけが伝わってくる詩。
そして多分それでいい詩。

佐藤yuupopicさんの詩は、映像の切り取り方がうますぎて、
とてもうらやましくなります。
そして、それは速い歩みで進みます。
例えば『音のない旅』。

続きを読む »

スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

『脳を活かす仕事術』は茂木さんにとって意欲的だと 

2008.09.28 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
(2008/09/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


茂木健一郎さんの新刊、脳を活かす仕事術を読んで驚きました。

それは、34刷66万6,000部を今売り上げている脳を活かす勉強法の続編で、売れること間違いナシのこの本で、彼が脳科学という分野で世界を引っ張るというくらい意気込んでいることでした。

先ず隗より始めよという慣用句がありますが、実際に自分でやってやるぞと表現するのは本当に難しい。
英語で本を出すぞ、世界を引っ張るぞ、と自作で目標を宣言していらっしゃる。

本当に尊敬しました。
この本は「知的な創造性を最大限に発揮すること。そして、仕事を通じて生命の輝きを放つこと」を人生の目的に置いていらっしゃる方には、茂木さんの意気込みの部分だけでもお勧めの本です。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自己啓発 - ジャンル : ビジネス

タグ : 書評 ライフハック 自己啓発

街中のオアシスで詩と癒されてきました aroma x poetry 

2008.09.28 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は初めて池上線に乗って雪が谷大塚まで。
Sasaさん、ケイコさん、藍かすみさんによる朗読イベント
aroma X poetryに行ってきました。

場所はライフスタイルカフェ「wacocoro」 。
食生活を学べるイベントもやっていらっしゃる自然食品中心のカフェです。
三四郎君という8ヶ月の犬がかわいいお店です。

080928 aroma x poetry wacocoro

aroma X poetryということで、アロマの香りや美味しいご飯で癒されながらを聞く会でした。

今回の一番驚いた朗読者はSasaさんでした。
彼女は手話で朗読をしてらっしゃいました。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : レポート イベント

障害者のためのセックス 

2008.09.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスボランティア (新潮文庫)セックスボランティア (新潮文庫)
(2006/10)
河合 香織

商品詳細を見る


「少しでもその人が笑える可能性があるなら許されてもいいんじゃないか」と性の商品化について語るのは、股関節症で車椅子生活を一生強いられている女性だ。そして、ここで笑える可能性というのは、性行為ができることだけではなく、恋愛をあきらめきった自分のことだ。

『幽遊白書』で、主人公の浦飯幽助が魔族が戦う力を得るために、人間を喰らうことについて、当然そうな顔をしたとき、真田黒呼(初代の霊界探偵)が「君はすでに人間でない」と言って、幽助に魔界へ行くことを勧めたことを思い出した。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

おもてなしの精神に満ちた『おもてなしの経営学』 

2008.09.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)
(2008/03/10)
中島 聡

商品詳細を見る


Windows95、Internet Explorer3.0のユーザーインターフェース部分の多くを設計された中島聡さんの著書です。

今までのASCIIの連載記事やブログ「Life is beautiful」の記事。
そして、2chのひろゆきさん、Microsoft日本法人の元社長の古川亨さん、そしてはてなの梅田望夫さんとの対談を掲載しています。



「おもてなし」、はユーザーエクスペリエンスの訳語だそう。
ディズニーランドのようにアトラクションで勝負するのではなく、
その場所にいるお客様が体験すること全てが造りだすものを売るということです。

ご本人のブログでは「おもてなし」が現代用語の基礎知識に!リッツカールトンのおもてなしで紹介しているアイデアです。

この本は内容の多様さ、オフレコの話の多さ、文章の読みやすさ。
そして対談の豪華さといい、すべてにおいておもてなしに満ちています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評 自己啓発

シゴタノを読んだので読書スタイルを話してみます 

2008.09.25 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフハック系のブログの雄、シゴタノの大橋悦夫さんが読書スタイルの変化について書いていらっしゃいました。
読書スタイルの変化~読了までの3つのステップ 」というエントリーです。

「よし、私も自分の読書法を振り返ってみるか!」

と思ってもらえて、しかも実際に振り返ってもらえたら、それだけでこのエントリーを書いた意味がありますので、満足です。

とあったのでつらつら振り返ってみようかなと思って。
使わせていただきます。




この一ヶ月の間で、自分の読書とブログ更新の方針を変えました。

読書の方では本自体の回転率を上げることでした。
ブログ更新の方では批評作品を作るのをやめるということでした。

そして、この二つを目指すために
1.ブログのエントリー回数を増やすこと
2.ブログを読書のデータベースにすること
3.作品としての批評はほかの方のページへリンクする

1.の達成には文章の書き方を帰ることが必要でした。
心に残るところ、いいところを取り上げることに専念することにしました。

2.のためには文章の引用を行うことを心がけることにしました。

3.については、きちんとした批評文は鈴川夕伽理さんのブログ『ひかりさすにわ』や、谷内修三さんのブログ『詩はどこにあるか』などへリンクを張ることで対応することにしました。

批評自体への賛否は置いておき、現代詩について谷内さんのブログは量として非常に頼りになります。
詩集と詩で1000エントリー以上掲載されています。
豊原清明「映画詩(一)くしを洗っている女」は書き方も細かく説明していて、
彼の注目するポイントが分かりやすいんじゃないかと思います。

また、レビューは少ないながら、鈴川さんのブログも優秀な実作者による詩を見る目線がすばらしいブログです。
例えば、詩集「違うことについてのいくつかの表現」を読んではお勧め。。実は私の詩集の評論です。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自己啓発 - ジャンル : ビジネス

タグ : 書評 レポート ライフハック

文月悠光『月光』を読みました 

2008.09.24 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

文月悠光『月光』

今日紹介する詩集は文月悠光さんの個人誌『月光』です。

文月悠光さんは2006年の詩学最優秀新人と、2007年の現代詩手帖賞という、
現代詩を中心に掲載している2つの雑誌の新人賞の受賞者。
その上、北海道在住の現役女子高生です

サッカーに例えると新人王かつベストイレブンをとった女子高生です。

今回が初めての個人誌で、完全に手作りの装丁です。
どれくらい手作りかというと、編集後記のページが一番分かりやすく
手書きのイラストに、タイプされた後書きが糊付けされたあとの見えるくらい微笑ましい個人誌です。

詩が4編。そして吉増剛造の朗読会のレポートが入っています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

『蛇のピアス』よりも『蹴りたい背中』の映画を見たい 

2008.09.22 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)
(2007/04/05)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


いつもチェックしているブログの情報工学さんで、蛇にピアスのレビューがありました。

長い間噛み付きたいなあと思っていたことにたまたま触れていたんで、ちょっと書きたいと思っています。書きたいと思っていたのは芥川賞一般についてのこの説明です。
芥川賞というと淡々とした短編が多い印象があるのだが、この作品は最初から最後まで官能と暴力の刺激に満ちている。

1つは「官能と暴力の刺激に満ちている」のが『蛇とピアス』だということ。
もう1つは「芥川賞というと淡々とした短編」が多いのかどうか。多いとしても蛇とピアスは違うのかという話です。


 本来は映画にあわせた形で本について書きたかったのであろう橋本大也さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、でも、『蛇とピアス』について同じように挙げている方がたくさんいるので、あえてアクセス数が多い人をタネに語らせていただきます。

出てくるのは、二つの芥川賞作品ですが、今回は1つ目の
官能と暴力の刺激に満ちている」のが『蛇とピアス』だということ
についてだけ触れさせていただきます。
今回の対抗馬はもう一つの芥川賞受賞作、『蹴りたい背中』です。

どちらもネタばれを最小限にして進めたいと思っていますが、引用はしています。
大切なことは粗筋や場所にあるわけではなく
どこまで深いところまで一つの事件から降りていけるかということです。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

若者が書いた老獪な世界史 

2008.09.20 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

若い読者のための世界史若い読者のための世界史
(2004/12/01)
エルンスト・H・ゴンブリッチ

商品詳細を見る


故山村修さんの“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)で知って読みました。

一人の25歳の人が古代から第一次世界大戦までを描きとおした本です。
著者はユダヤ人の美術史家、エルンスト・ゴンブリッチ。
書いたのは25歳のときで1935年でした。

これを書いた翌年に彼はウィーンからイギリスへ亡命します。
彼がユダヤ人だったためです。
彼の住むヨーロッパの歴史を中心にイルゼという女の子に向けて書くというスタイルで、336ページという少ないページでローマ帝国、中世ヨーロッパ、ルネッサンス、啓蒙君主時代そして近代へ続く世界史を書ききることができたのは実感を伝える省略の技術と挿話のうまさです。とてもうまい文章で話が進むため一日で読みきることができます。

例えば、

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

ワークショップ@ぽえキャンプの感想を大島健夫さんからいただきました 

2008.09.19 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、ワークショップに参加いただいたtakさんこと、大島健夫さんからいただいた感想が、とっても心に沁みました。アンケートの筆耕を今日中にやろうと思ったけど時間がなくなったので、取り急ぎ、こちらだけでもアップさせていただきます。

私からは何も付け加えたりできません。きっとこういう会だったなら私は幸せだなと思う限りだし、もっといい会ができるよう努力したいです。
を書く人は、日頃、基本的には自分の心に浮かんだテーマ、自分のアンテナが受信したことについて、創作という作業に取り組んでいるのだと思います。また、他者の作品に触れるとき、それが文章を読むという形であれ、声を聴くという形であれ、多くの場合、目の前に提示されるものは、あくまでその時点である程度完成済みの作品であり、「作者が創作という作業を自分の中で行った」後のものです。

ところが、このようなワークショップという場において、通常では自分からはまず取り組まないようなテーマを付与され、かつ時間を区切られて参加者全員が同時にそれを行うという条件を与えられることで、自分がどのように創作に取り組んでいるのか、他者はそれとどのように異なる方法論・精神で取り組んでいるのか、ということに対し、気づきと意識を持つことができ、大変有意義であったと思います。

改善点ですが、合間合間に「誰も何もしていない瞬間」が発生していたように感じられたことが気になりました。ただ、時間と疲労とアルコールの関係上仕方なかったかなとも思います。


大島さんは来月、10月18日(土)ポエトリーカフェ武甲書店で1時間の朗読ステージが決まっています。

などの作品はWEBページ、BIG ISLANDに掲載されています

私は「」というが好きです。

また、とてもいい生き物の写真ブログ、DAYLIGHT RUMBERをやっていらっしゃいます。



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : レポート ワークショップ ぽえキャンプ

2008年9月14日~15日秩父ぽえキャンプ ワークショップレポート その2 

2008.09.18 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

9月14日~15日にかけて、秩父にある関東唯一の専門の書店、ポエトリーカフェ武甲書店のが主催する宿泊のイベントぽえキャンプで行ったワークショップのレポート、後編です。

1回目にみんなでひとつの詩を作り上げた後、次に即興で一人一人を作っていただきました。

今回のテーマはさかだちするこんにゃくでした。
その場でテーマを募集したところ、奥主榮さんが一番速く聞こえたのです。

10分以内で作ってくださいといったのですが、結局3分延長してしまいました。(私が書き終わってなかったためです)

全員がを作り終え、提出してもらった後、ご自身以外のをみんなに受け取ってもらいました。
を配るのは服部剛さん。
Monthly Eventとしては世界で一番大きい詩の朗読会、「笑いと涙のポエトリー劇場」を主催している腕を生かしていただきました。

そして、3番目、今回一番やりたかった翻訳です。
配られた別の人の詩を自分の言葉で書き直してもらいました。

そしてできた詩がこちらです。
即興で作った詩と翻訳の詩をセットにして掲載しています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ワークショップ 勉強会 ぽえキャンプ

2008年9月14日~15日秩父ぽえキャンプ ワークショップレポート その1 

2008.09.17 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

9月14日~15日にかけて、秩父にある関東唯一の専門の書店、ポエトリーカフェ武甲書店のが主催する宿泊のイベントぽえキャンプにいきました。

参加された方は12名。
BBQや秩父の名勝、長瀞の石畳の見物などをしたのですが、
今回私は初めて創作のワークショップのリーダーをつとめさせていただきました。

今回のワークショップでは、即興を3回もしていただきました。

  1. 1枚の紙を使って全員で1つのを作りました。

  2. テーマと時間を決めて即興していただきました

  3. 即興していただいたを、別の人に回し、その人の言葉で書き直してもらいました




続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ワークショップ レポート ぽえキャンプ

GTD勉強会に行きました!! 

2008.09.13 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

works4life season Vというブログを運営し、今はgihyo.jpで連載をしている今一番アートについてだけ話したいマイミクのnomicoさんが主催する、GTD勉強会に行ってきました。



GTDというのは、アメリカのDavid Allenさんが提唱している仕事の管理方法です。スケジュール管理と同じように見えますが少し違います。予定表や時間ではなく、仕事そのものを管理します。
nomicoさんの言葉を借りると「仕事の管理に焦点を絞ることによって、よりコンパクトに仕事を進めることができる」方法のことです。

詳しくはITmediaのコラム、はじめてのGTDをごらんください。

端的に言うと家が片付くらしいです。私は借りる本が減ったため、相対的にスペースを作ることができました。




今回の勉強会は、GTDを実践されている方に、その人の実践例を教えていただく会でした。
GTDについて知ったけれども、どのように実生活で実行したらいいかを考える会です。

今回の先生は産業医の難波克行さん。
ELECTRIC DOCというブログを運営されています。

企業の中で働く産業医としてメンタルヘルス健康管理について書かれています。

GTDについては、GTDのカテゴリーで書かれています。




GTDでは仕事を実行するために使うツールを限定しないということで、
必ず話題になるのが使っている道具の話。というか自己啓発って絶対に文房具とツールの話が話題になります。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 快適な生活のために - ジャンル : ライフ

タグ : ワークショップ ライフハック 勉強会 レポート

大人がかいたから大人もよみたくなる絵本の紹介 

2008.09.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

大人も読みたい子どもの絵本大人も読みたい子どもの絵本
(2006/03)
奥田 継夫

商品詳細を見る

今日紹介するのはブックガイドです。
絵本作家の書く絵本のブックガイド。
『ボクちゃんの戦場』や『魔法教えます』などの著者、奥田継夫さんです。

全部で200冊以上の絵本が紹介されています。
『はらぺこあおむし』のような大人気の作品から、『ウォーリーをさがせ』のように遊ばせる絵本。谷川俊太郎さんの「いろはうた」のような、ちょっと大人な絵本の大人なとこまで、余すところなく紹介されています。

大きく四つの章に分かれていて、絵だけで判断したくない大人に分かりやすい構成です。分かりやすいだけではなく、各章の章立てがとても興味深いのです。

「絵本で始まる」、「絵本で生きる」、「絵本で育つ」、「絵本で考える」と、題は抽象的ですが、もう一段階下の小項目があり、これが分かりやすいんです。
例えば、
「赤ちゃん絵本」、「おやすみなさいの絵本」(「絵本で生きる」より)
「絵本らしい絵本」、「奇妙なものが主人公の絵本」(「絵本で生きる」より)

 どこから読んでもいいブックガイドだけに全部読ませようとするストーリー作りが目次から行われています。




読者に絵本を読んでほしいという想いが散りばめられていて、
文章も非常に魅力的です。魅力的なところをいくつか出してみます。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

秋田県でいただいた秋田の詩集2 「空気で伝えて2008」 

2008.09.09 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今回紹介するのはAWC秋田ポエトリーリーディングの世話人でもある、鈴木いく子さんの集『空気で伝えて2008』です。
これまで彼女が自作されてきた本や、秋田県でよく読まれている新聞「秋田魁新報」に掲載されたで構成されています。

この集の凄いところは、全部で42編あるの一つ一つに家族という芯がはっきりと通っているところです。

理由としてはの書き手としての成長過程がを考えました。
三人の子を持つ親としての歴史が長いこと。そして、を発表している媒体が新聞という場所であることです。
新聞という媒体の読者を想定して書いている詩なので、読みやすい詩が多く集められています。

例えば「ヤツデ」は夏の緑あふれるヤツデの詩。
普段は秋の紅葉しか見ないヤツデの瑞々しさが眼に見えます。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

9月14日15日に詩のワークショップの司会をやります 

2008.09.08 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、9月の14、15日に秩父で行われるぽえキャンプという詩の合宿でワークショップの司会をやることになりました。

ぽえキャンプは、埼玉県荒川上流の長瀞でコテージ1棟貸し切りにして、ポエトリーリーディングや詩のワークショップを行います。

主催のポエトリーカフェ武甲書店のオーナー、BJだいちさんこと坂本さんのmixiの日記に掲載されています。
一泊二日、観光つきで1万円程度。持ち物は、入浴グッズと、おつまみ。おつまみをテーマにした詩です。多分詩でなくとも大丈夫です。
今もまだ募集を行っているため、今まで詩を書いたことがない人も
詩の神様に取り付かれている人も一度同じ場所で話してみたいなって。
思っています。



今回、私はチャールズ・バーンスタインの「実験リスト」という、言葉遊び、難しくいえば言語実験のリストからいくつかやってみたいと思います。

この実験リストには言葉遊びのやり方が87個書かれています。
例えば、他にも、グループの一人ひとりが帽子の中に言葉を入れて、でたらめに引き出して詩を作るというものや、googleで検索した言葉から詩を作るという実験があります。



先日のAWC秋田ポエトリーリーディングの際は26番の「修正版『優雅なる死体』」を行いました。この実験は以下のようなものです。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : アートイベント - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : イベント ワークショップ

秋田県でいただいた秋田の詩集1 「北の詩手紙」 

2008.09.05 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

北の詩手紙 第一号
秋田で、秋田の集を2冊いただきました。

その内の一つは秋田県現代人賞や『と思想』新人賞の候補に挙がったこともある田口映さんが編集の「北の手紙」です。

「北の手紙」は、下は19歳から上は70歳以上の方が参加する同人誌で、秋田県出身の詩人で構成されています。今回はゲストとして、秋田県出身の詩人で『詩と思想』新人賞の候補でもあったフユナさんを迎えています。




先頭に掲載されている19歳の藤村美樹さんの「米研ぎ」で使われている擬音語とも擬態語ともつかない言葉にまず驚かされます。
「米櫃から米をしゃらんしゃらん 落とす」や、「水をまわすと米がポロンポロン コロンコロン鳴る/白濁したその水の中に 私は手を浸し/秋田へ想いを募らせる」の、川の中から貝を見つけるような手の動きも魅力的ですが、故郷を思う以下の一節は圧巻の一言でした。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

会田誠展「ワイはミヅマの岩鬼じゃーい!!」 に行ってきました 

2008.09.04 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は中目黒、mizuma art gallaryで行われている会田誠さんの個展、「ワイはミヅマの岩鬼じゃーい!!」 に行ってきました。
9月3日から開催で、10月4日まで行われます。

2階と5階に分かれているギャラリーの全てを使って会をやっています。

2階は会田誠さんの新作。
5階は会田誠さんのゼミのワークショップで制作したダンボールの立体が展示されています。


080903 会田誠展 ワークショップ2

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : アートイベント - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイデアのおもちゃ箱、を手に入れた! 

2008.09.02 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニングアイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニング
(1997/02)
マイケル マハルコ

商品詳細を見る


次の言葉が欲しいとき。人物を造形するとき、事件を作るとき。
創作をするにはアイデアが常に欠かせません。
どれくらい必要かというと、詩を書くに当たっては100個アイデアがあって3行残っていればものすごいとおもいます。

アイデアのおもちゃ箱
アイデアのおもちゃ箱』では発想法を20個以上紹介しています。
1つ使えるようになるだけで引き出しが一つ増え、20使えればもう鬼に金棒という感じ。

もちろん「SCAMPER」法や、「カラーバス効果」といった有名なものもあります。
通してみると、考える方法がたくさんあることに素直に驚かされます。
これほどの本を品切れにしている日本が信じられません。というか、英語版も新品は品切れじゃないですか。グルジアでまけるわけだ。

発想法は「直線的思考」と「直感的思考」に大きく分けて紹介されています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自己啓発 - ジャンル : ビジネス

タグ : 書評 発想法 ライフハック

第10回AWC秋田ポエトリーリーディング レポート 

2008.09.01 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

9月25日、秋田県秋田市で行われた第十会AWC秋田ポエトリーリーディングに行ってきました。
以前からこのブログで宣伝していたこともあり、改めてレポートさせていただきます。
一番初めに言うと、遠い土地で知らない人との話ができて。また興味をもってくださるかたと知り合えて私はしあわせものだなあって思いました。
ほんとうにありがとうございました。

会場は旧金子家住宅という、江戸時代からの商家を移築した博物館でした。
奥にある和室で朗読をしました。
当初何人集まるかどきどきしていましたが、全部で18人の方がいらしてくださりました。

主催はAWC秋田ポエトリーリーディングというグループです。
2006年から10回の朗読会を行っています。三週間前に秋田に行こうと思い立ち、主催の鈴木さんに連絡したところ、急遽開催してくださった朗読会でした。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : +秋田県+ - ジャンル : 地域情報

タグ : レポート ワークショップ イベント

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。