社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

たすけていただけませんか 

2009.11.27 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

マイミクかりんさんの日記から

こういうのは個々人の考え方次第なので、気が向いたらでいいんですがでも気が向いた人は署名をしてもらえないでしょうか

http://kampo.umin.jp/
以下、署名サイト(日本東洋医学会など4団体)転載
*
去る11月11日(水)の行政刷新会議の事業仕分け作業で、医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から除外する、という案が出されました。
 現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に寄与してきました。また、全国の医学部・医科大学でも医学教育の中に漢方教育が取り入れられ、日本東洋医学会で専門医教育も行われ、専門家育成も進んでいます。
 わが国が迎えている少子高齢社会の中で、われわれ国民の健康を守るためになくてはならない漢方薬・煎じ薬が健康保険で使えなくなることに、断固反対をします。
*

以下かりんさんの日記から

特別漢方医をやろうとしているわけではない私にも大建中湯や抑肝散など、よく使うものがあります。
ちゃんと効いていて、かつコストパフォーマンスもそれなりだからです。
効く人効かない人はあるけれど、それは他の薬でも同じことです。 医者は、薬がなければ、ほぼ何もできません。


#

わたしも小青竜湯の愛用者です
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

詩人、三角みづ紀さんのツアーファイナ 

2009.11.27 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

詩人で川上未映子さんの二年前に中原中也賞を受賞した三角みづきさんのライブのお知らせが来ました

以下引用です

お久しぶりです。

寒すぎる、と思ったら昼間はあたたかいので、お洋服に困りながらもきちんと冬がくるのが嬉しいです。
お元気ですか?

先日、ユニットで初の関西・東海ツアーをおこないました。知らない土地で、初めてのひとたちと遭遇するのはとても楽しかったです。メンバーとずっと一緒に居るんも不思議で幸せな感覚でした。そのツアーの最終日が、明日になります。
オリジナルラブ、world's end girlfriendのサックス奏者・松本健一さんと、スーパージャンキーモンキーを経て、矢井田瞳や菅野よう子のサポートをするベーシスト・かわいしのぶさんを迎えてのライブです。

2009年11月28日(土)
*三角みづ紀ユニット*
三角みづ紀(voice)
林隆史(g)
井谷享志(perc,ds)
松本健一(sax)
かわいしのぶ(b)

W/竹内紀(vo, g)、高井つよし(vo, g )

開場18:30
開演19:00
料金2500円(予約)
碑文谷APIA40
目黒区碑文谷5-6-9サンワホームズB1
TEL:03-3715-4010
http://apia-net.com/
東急東横線、学芸大学駅改札口(東口)を出てすぐ右側の高架下に沿って側道に進み、 ビリヤード場の先の高架下ガードの路地を左折、すぐクリーニングの 看板が右側にあるので、その小さな看板を目印にすぐ右折、そのまま しばらく住宅街を4分ほど直進すると赤い大きな看板が正面に見えます。

三角みづ紀ユニットの出演は20時ぐらいからです。

もしお時間ありましたら、遊びにいらしてください◎
明日、ご来場の方におまけ特典準備中です!



三角みづ紀
http://blog.misumimizuki.com/

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

『62のソネット』のような詩を書きたい 

2009.11.27 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

62のソネット+36 (集英社文庫)62のソネット+36 (集英社文庫)
(2009/07/16)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る



谷川俊太郎さんの第2詩集『62のソネット』は私にとって数少ない詩の教科書です。

その題名のように14行の詩の形式「ソネット」で作られたこの詩集は、谷川さんがまだ22才のときに出版され、何度か別の出版社から発売され、50年以上たって今年また集英社文庫から出版されたロングセラーの詩集です。
そのタイトルのとおり、62編でできた詩集です。

出てくる言葉は、生、おびえる、影、朝、神といった抽象的な言葉です。デビュー作の『二十億光年の孤独』よりもさらに谷川さんの心に近いところで鳴っているような気がする、みずみずしい詩集です。

この詩集で私が一番好きなのは、その一つひとつの詩の始まりです。
たとえば一番初めの詩『木陰』の一番初めの一節。これを読むと私はいつも心が躍ります。

紹介させていただきます。4行です。

とまれ喜びが今日に住む
若い陽の心のままに
食卓や銃や
神さえも知らぬ間に


特に一行目の「とまれ喜びが今日に住む」という部分を一息で読み、二行目を読む前に少し間を置くことがポイントです。
この少しの間が詩の楽しさを教えてくれます。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 62のソネット 谷川俊太郎

議員と40人の熱い人とお酒を飲む 居酒屋ivote vol.4 

2009.11.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はivoteという学生団体の飲み会に参加しました。

ivoteは若者の投票率向上を目指す学生団体で、最近できた団体だそうでした。学生さんの中にも政治に興味を持っている方や、議員秘書になりたい方もいて、私が学生のときには思いもしなかった志望に驚かされました。

この日は代議士が4人呼ばれていました。すべて衆議院議員。独断と偏見で編集したプロフィールを紹介するとこんなかんじです



ゲスト紹介



新藤義孝さん(自民党 当選4回)
元経済産業副大臣。硫黄島で玉砕した栗林忠道大将の孫。
市の職員→市議会議員→国会議員。現役幼稚園長。
小泉政権誕生のときは橋本派にもかかわらず、派閥に従わない選挙を呼びかける。橋本派造反のあたりはこの男はいったい何者なんだ 小泉純一郎の正体に記事がある。

>> 公式WEBサイト


宮本岳志さん(共産党 当選1回、元参議院議員)
18歳から共産党員。1984年から民青年同盟の地区専従者。日本民主主義文学会員。
共産党の方は他の党の人と飲まないと聞いていたのだけど、と聞いたら即座に否定してくれた。

>> 公式WEBサイト


服部良一さん(社民党 当選一回)
福岡県→会社員→55歳で退職→アルバイト→衆議院議員
大学二年で中退。その後西成で生活。長年市民活動を行っている。
阪神淡路大震災被災地のつどい実行委員長を11年間務める。
勤めていた会社が二回倒産する。一回目の倒産の際、組合の委員長を務める。
二回目の倒産の際は管理職。55歳で退職。アルバイトをさまざまなところで行いながら社会をさらに憂い、政治の世界へ

>> 公式WEBサイト


横条勝仁さん(民主党 当選一回)
あいのりの総理。苗字は「よこくめ」と読みます。
小泉家の地元横須賀で小泉進次郎とデッドヒートの上敗れ比例当選。最近はじめての質問を行った。
個人献金で100万円を集めています。日本では結構な金額です。

>> 公式WEBサイト
>> twitter

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 憂国 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ivote 議員

11月29日に光冨いくやさんの合評会があります! 

2009.11.25 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

11月29日、秩父のポエトリーカフェ武甲書店にて光冨いくやさんを講師にむかえた合評会が行われます。

光冨いくやさんはインターネットの詩の投稿サイト文学極道や国民文化祭での入選。

デビュー詩集の『サイレント・ブルー』で第33回横浜詩人会賞を受賞されています。
今は詩の雑誌『狼』を編集や『詩と思想』での対談などをされています。

光冨いくやさんのWEBサイト『poetry site M』では光冨さんの詩も読めます。

散文詩のように見える行わけの詩の緊張感はわかりやすいことばを使っているはずなのに現実離れしていて、一行一行をとてもゆっくりと読まされます。




詩の合評会はみんなで詩をもちよって持ち寄った詩について語り合う会です。

光冨さんが講師役として詩を熟読するため、詩を持ち寄るときは、ポエトリーカフェ武甲書店または、光冨さんに詩を提出していただく必要があります。
(お問い合わせフォームからわたしに下さってもかまいません)

もちろん、詩を持たずに参加されても大丈夫です。

昨年行われた第一回にわたしは詩を持たずに行ったのですが、一人ひとりの強い言葉にひとつひとつ茶々をいれていくだけでもとても勉強になりました。

いろんな人の詩を、その人の目の前で読めると言うだけでもとてもたのしいです
ぜひお越しください。

★11月29日(日)PM1:15~
現代詩の合評会~みんなで読み解きしてみよう~
講師 光冨いくや
・講師が用意したテキストによる読み解き
・参加者の作品の合評

料金 1500円(ソフトドリンク付き)
参加希望の方は、ご予約願います。
作品の合評希望の方は、前もって作品を提出してください。


お問い合わせは
ポエトリーカフェ武甲書店 坂本さん
埼玉県秩父市東町21-1
TEL&FAX 0494-24-2813
E-mail poecafe☆bukou-books.com(☆の部分をアットマークに変えてください)





ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

谷川俊太郎さんの書いた茨木のり子さんの追悼詩 

2009.11.23 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

詩の本詩の本
(2009/09)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


荻窪の杉並区立中央図書館で茨木のり子さんの詩集を大量に借りていった方を見ました。

茨木さんの詩集は白くて大きくてすぐに目に付くのです。少しうれしくなりました。

茨木さんに興味を持ってくださった彼女をみて、私はふと谷川俊太郎さんの『詩の本』にのせられている『いなくならない』という詩を思い出しました。

茨木さんの追悼詩です。
私はこの詩の中の

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 茨木のり子 谷川俊太郎 詩の本

松島英生 

2009.11.22 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

二〇〇八年十一月二十二日から一年間毎日ライブを敢行したアーティストに


ギターは無限の鏡になっていた
ひとつひとつの傷がカクテル光線をすいこんで
あなたの歌の噴水の水しぶきにかえる

ひとりの男をつくる実験室となったライブで
あなたの声はあなたの友となり
研ぎ澄まされた鏃となった

感電したままに俺の体が
許しを求めている
たとえ届かぬ励ましもせめて風となって
あなたの背中を押させてくれ

一年の三百六十六段を走りきり
見果てぬ夢を突っ切って
新たな肺をたずさえた赤い魂に
本当の力を与えてくれと祈らせてくれ






☆ファイナル 
11.22日 練馬BE-born  松島英生ワンマンライブ 
(366日連続ライブの最終日です)

18:00/18:30 1500円+1ドリンク
http://livebar-beborn.com/
東京都豊島区豊玉北5-31-3 TSビルB1 03-3557-5495




ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

松島英生さん 

2009.11.21 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

松島英生さんというめちゃめちゃ熱い弾き語りの人がいます。

なにがあついっていうと、今366日間連続ライブをやっています。
時には路上で、時には駅で。
毎日歌っているうちに声はがらがら
そして人間がたくましくなってしまいました。



ヴィヴィアン繋がりで出会い、去年一緒にライブをやらせていただいたのですが

11月22日で366日を迎えます。

最後二日間、もちろん気合の入ったライブをやってくれると祈っています。

ということで、宣伝させてください。

松島英生 マツシマエイセイ

松島節の挑戦2008~2009
☆ライブ小屋(時々お外で)366連発!~やれるもんならやってみぃや!~☆
366日連続ライブ敢行中!毎日どこかしらで歌ってます!ライブハウス、ライブバー、ストリート、野外イベントなどで。松島節を目撃せよ!!

残りわずか!みのがすな

◇セミファイナル
11.21土 池袋3-tri- 松島英生vs竹原ピストルvs今西太一 スリーマンライブ
18:30/19:00 1500円+1ドリンク
http://www.ikebukuro3-tri.com/
http://www.ikebukuro3-tri.com/m/(モバイル)
東京都豊島区東池袋1-2-4-B2 03-3988-3339

☆ファイナル 
11.22日 練馬BE-born  松島英生ワンマンライブ 
18:00/18:30 1500円+1ドリンク
http://livebar-beborn.com/
東京都豊島区豊玉北5-31-3 TSビルB1 03-3557-5495


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 松島英生

まどさん 

2009.11.19 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

のぼりくだりの…のぼりくだりの…
(2009/11/12)
まど みちお

商品詳細を見る



11月16日にまどみちおさんが100歳の誕生日をむかえました。
ぼくにとっては『ぞうさん』や『やぎさんゆうびん』といった童謡でばかりしたしく、中学受験で童話系アレルギーになってから久しく忘れていました。

大人になってからあらためて、というか今日あらためて読んでみたけどやっぱり不思議なのはそのリズム感。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : まど・みちお

たくさんの語り手が世界の大切さを教えてくれる詩集 覚和歌子『海のような大人になる』 

2009.11.15 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

海のような大人になる―覚和歌子詩集 (詩の風景)海のような大人になる―覚和歌子詩集 (詩の風景)
(2007/04)
覚 和歌子

商品詳細を見る


覚和歌子さんの詩集、『海のような大人になる』は、たくさんの語り手によって詩のありかを教えてくれる詩集です。


誰がこの詩を語っているのだろう、と考えると一人ひとりの顔やしぐさが浮かんでくるよう。

覚和歌子さんはいわずとしれた『千と千尋の神かくし』の主題歌『いつも何度でも』の作詞をされている方。
大学にいたころから沢田研二さんの作詞などを手がけていて、ご自身もステージにたたれるそう。


一番初めに取り上げるのは『夕焼けパレード』。
この詩は谷川賢作さんによって曲がつけられています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 書評 覚和歌子 海のような大人になる

秋田の詩人、田口映さんからお米をいただきました。 

2009.11.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

091114 田口さん あきたこまち

秋田の詩人、田口映さんからお米をいただきました。あきたこまちの新米だって!
お米をいただくなんて初めてで、うきうきして記念撮影までしてしまいました。

昨年私が「秋田県でいただいた秋田の詩集1 「北の詩手紙」」 という日記で、田口さんが編集されている詩の同人誌、『北の詩手紙』を取り上げたとき、藤村美樹さんの『米研ぎ』という秋田米をモチーフにした彼女の詩に感動したことを覚えてくださったのです

「いちど食べてほしかった」という文を見て、思わず胸が熱くなりました。

田口さんはおそらく私が生まれる前から詩人を書いてらした方で、働きながら詩の活動をしている方です。
昨年秋田に行ったときは大変お世話になりました。

高校生に詩を教える活動もしてらっしゃいます。
秋田県内の高校の文芸部同士の集まりでの活動記録が同封されていました。
川口晴美さんの『ことばで深呼吸』や私のワークショップの成果を取り入れたワークショップをされたそう。
椅子をテーマに一行ずつ高校生でつなげた詩を作るというワークを紹介してくださいました。私も参加したい!




田口さんのお手紙には、方言を使った詩が二編あったので、一遍紹介します。
『帰宅 ―凍み大根ー』という詩です。
方言の部分がルビになっているので、JPG画像での紹介です。初体験でどきどきします。

田口映 帰宅 ―凍み大根―


この詩で印象的なのは方言のリズム、そして漢字とルビの対比。そして最後の節です。

盆の晩方
婆様
還ってきた
まっ暗ぇ闇がら
次男さ背負わえでな


という一番初めの節では方言の音のリズムが炸裂しています。
始めの三行の「ぼんのばんけ/ばさま/けってきた」という部分では「ばんけ」が次の二行の頭の文字「ばさま」や「けってきた」で使われています。

四行目では「まっくれえなががら」という一行では「A」で終わる音が続くなかで「暗ぇ」という「A」で終わらない言葉が強調されています。



漢字とルビの部分では生活と社会の距離が出ているように感じられます。
「病院」と「あっちゃ」、「投与ひらで」と「やらひらで」に代表される漢字とルビの意味の外れ方は病院と語り手の心の距離が出ているように感じられます。

そして最後の節での「顔」と「ちら」、「作で」と「こしやえで」に代表される漢字とルビの意味の近さは語り手と「婆様」の心の距離を出しているように感じられます。

そして、一番最後の節の美しさ。もう亡くなっているないし、長くない「婆様」の躯が風鈴の音で「笑った顔こ/作えでらっけど」という光景は長い病からの帰宅の光景として印象に残りました。



「次男」となっている部分に振られたルビ「おんちゃ」は、WEBの秋田弁辞書によると、弟という意味もあり、また他のところでは次男という意味もあるそう。この詩の語り手が長男なのか、それとも婆様の夫なのかを考えるだけでも興味深いものがあります。

田口さんありがとうございました。おいしく食べますね!


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自由詩 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 田口映 北の詩手紙

湖のように豊かな、浦歌無子さんの詩集 『耳の中の湖』 

2009.11.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

湖のように豊かな、浦歌無子さんの詩集 『耳の中の湖』

浦歌無子 耳のなかの湖
送信者 献本


浦歌無子さんの詩集、『耳のなかの湖』はそのタイトルのとおり、湖のような詩集です。

花や金魚や骨といった普段見かけない言葉の連続。姉妹のモチーフなど、たくさんの情報がひとつひとつの詩に詰め込まれ、ひとつひとつの詩がまるでおとぎばなしのよう。

全部で19編、久世光彦さんの小説が好きなら間違いなくお勧めできます。

詩の長さが60行以上と長いので、浦さんの世界を長い間楽しめるところもいいところです。

たとえば『蛇口から白い小鳥』という詩はどこの部分をとってもおいしい詩です。
中盤を引用します。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 浦歌無子 耳のなかの湖

今朝のマインドマップ 

2009.11.08 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

20091108082804
朝イチにノートに書く、長期中期短期の目標をマインドマップにしました

以前、時間がかかりすぎるため断念したのですが復帰できました

復帰できた理由は真ん中のセントラルイメージに時間をとらなくなったお陰です

前は一生懸命かいていたのですが、雑誌のきりぬきを貼ることにしました。

以前は30分かけて行っていた、セントラルイメージをかく作業が一瞬に変わることでハードルが一気にさがりました。

このアイデアは、諸星さんという方のアイデアです。
倉橋先生によるマインドマップの基礎講座を受けた私の先輩にあたる方です

諸星さん、ありがとうございました

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

文月悠光さんの第一詩集『適切な世界の適切ならざる私』をいただいてしまいました! 

2009.11.07 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

文月悠光 適切な世界の適切ならざる私

文月悠光さんの第一詩集『適切な世界の適切ならざる私』をいただいてしまいました!
>> 文月悠光さんのブログ「お月さまになりたい」

現役女子高生にして、詩学と現代詩手帖の新人賞のダブル受賞した若い、才能という言葉では軽すぎる、もっとも有力な書き手のデビュー作です。

栞の文章を寄せたのは藤井定和さんと蜂飼耳さん、札幌の書肆吉成の吉成秀夫さん。

「文月さんの詩に散文的要素を感じるのだとしたら、それはほとんど『静止』している光景の中にたくさんの時間と関係が含まれている」という吉成さんの文章はは私にとって文月さんの好きな部分を表すのにとても適切な紹介で、詩集の中へ向かってとてもわくわくさせてくれます。

がんばって読んで(今たくさんためているけど)レビューします!

文月さん、ありがとうございました。



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 文月悠光 適切な世界の適切ならざる私

若い版画家の作品によせて 

2009.11.03 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくほどけた指先で
あなたは握りしめていた
青い光はすいこまれ
いまはふたたび眠っている

ひとすじの汗が命に見えるほどの
細い腕であなたはすくいとった
夢のすきまに迷いこんだ
遠い街の乗りもの

力はまがいものにすぎなかった
必要なのはただ見ること
石と垂直に手のひらをあわせ
絶えることなく押していく

はききった息が空気でからだを洗うように
あなたは夜にもぐりこむ

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

Reading-labでワークショップをしてきました! 

2009.11.03 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

11月2日の朝、飯田橋で行われたReading-labワークショップをする機会をいただきました。

Reading-labは日経アソシエや目覚ましテレビなどで紹介されている朝の勉強会。
みんなで本を一冊持ち寄って紹介をする会です。
この日の参加者は6人。
1時間の朝食会のうち、30分の時間をいただいて2つのワークをしました。



ワークショップその1;歌の穴埋め



この日は二つのワークショップをしました。

一つは詩の言葉の穴埋めをしていただきました。
もう一つはみなさんに詩をつくっていただきました。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : ワークショップ Reading-lab 読書朝食会

幡ヶ谷のライブハウスで震災ボランティアの方から中越地震のお話をうかがいました その3(全3回) 

2009.11.01 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

10月23日は新潟県中越地震から5周年。
幡ヶ谷のライブハウス36.5℃で実際に被災地でボランティアをされていた方のお話を聞くことができました。

送信者 091023 灯篭の会



この日お話をうかがったのは新潟県新発田市在住の齋藤敏郎さん。赤十字ボランティアとして中越地震に関わられました。

このエントリーでは、最終回として、慰問や演奏ボランティア、そして齋藤さんについて少し書きたいと思います。

小千谷市での活動については「幡ヶ谷のライブハウスで震災ボランティアの方から中越地震のお話をうかがいました その1

川口町での活動は「幡ヶ谷のライブハウスで震災ボランティアの方から中越地震のお話をうかがいました その2
をご覧ください。



赤十字ボランティアの責任とストレス



齋藤さんの被災地での仕事は前にもあげたのですが、ボランティアコーディネーターとし集まってくるボランティアの方の適正を見極め、仕事と配置を与えることでした。

齋藤さんが目指したのは全ての人に仕事をしてもらうことでした。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 災害ボランティア - ジャンル : 福祉・ボランティア

タグ : 中越地震 ボランティア 赤十字

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。