社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

日本を代表する女性詩のアンソロジー something 10 をいただいてしまいました! 

2009.12.29 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日お散歩から帰ってきたら『something 10』が届いていました!
とてもうれしくて涙が出そうになってしまいました。

送信者 詩集表紙


somethingは詩人の鈴木ユリイカさんが発行する世界の女性が書いた詩を紹介するアンソロジーです。このブログでも何回か取り上げています。

>>鈴木ユリイカさん編集の『Something』は世界の女性詩のカタログです

>>世界の女性詩は『something』から!

選ばれた詩人が自分の代表作を発表・未発表問わずセレクトすることによって、高い品質をキープしている雑誌です。

毎回日本の詩だけではなくフランスや韓国など海外の詩人の作品を掲載していること。
また、女性詩の運動の大きな流れを作った詩誌ラ・メールの編集を勤めていらした棚沢永子さんが編集に加わり、彼女の体験をつづってくださっていることも大きな売りとなっています。

初めて詩を読んでくださる方に作品の面でも歴史を学ぶ面でも確実にお勧めできる詩の雑誌です。




今回の作品をぱらぱらめくったのですが、韓国で100万冊の大ヒットを記録した崔泳美(チェ・ヨンミ)さん、松尾真由美さん。今年『詩と思想』で投稿欄の選者をされていた海埜今日子さんの作品があります

めくっていっただけで、驚かされたのが一番最後の鈴木ユリイカさんの作品『キーウィ』でした。

続きを読む »

スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : Something 女性詩 鈴木ユリイカ

2009年度最後の書くワークショップのレポートです。 

2009.12.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

もう年末が押し迫っていますが、11月21日に行った書くワークショップの報告をさせていただきます。
今回の参加者は6人。初めてTwitterで募集をかけたのですが、二人初参加の方がいてとても楽しかったです。





今回のワークショップは10月のワークショップに引き続いて、新しい言葉を作るワークをしました。
前回はすでにある言葉に新しい意味を付け加えたのですが、今回は方法を変えました。

単語と単語を結びつけて新しい言葉を作り、その言葉の意味をみんなで考えました。

手順はこんな感じです。


今回のワークショップのやり方


◎単語帳を作ります
以下の手順に従って単語帳を作ります。
1:A4の紙を使います。
2:A4の紙を半分に折ります
3:片方の面に選んだテーマに関連した言葉を書きます。
4:紙を裏返し、別のテーマで関連した言葉を書きます。
(このとき、3の内容は考えずに書きます。今回は紙の左右で別の方に単語を書いていただきました)
5:紙を開きます。
6:紙の左右で書かれた単語が1つの単語に見えるよう、真ん中や左右に言葉を付け加えます。

ワークショップ説明


◎上で作った単語帳から単語をひとつ選び、その単語の意味や、使い方を考えて文章にします。




今回作った言葉たち



今回できた言葉はとても不思議なものばかりでした。
例を紹介したいと思います。

○中小企業向けカクテルドレス
○リストラ調シフォンスカート
○ビーズ細工風ニューロン
○ソクラテス風だがし屋
○業績ビルディング

どれも想像力を喚起する言葉ばかりだなあと思います。
実際参加して下さった方の想像力は大変なものでした。



今回の作品



今回作ったのは言葉のリストだけではありません。実際にその言葉からどんな想像ができるかを書いていただきました。

ここで紹介するのは「リストラ調シフォンスカート」という言葉から博新さんが書いてくださった作品です。
この言葉は会社に関係する言葉衣服に関係する言葉から作られたそう。


切り裂いて切り裂いて切り裂いて
ふわふわになるまで細かく
急に言われたって
納得できるわけないだろ
逆らえないから
繊維に八つ当たり
どうせ私は弱いニンゲンです
社会に流されて
自分を偽って
誰かが作った服を着て
のうのうとすごしてきました
でも今はどうなってもいい
もう全て失ってしまったんだもの
着たいもの着て何が悪い
ふわふわのシフォンスカート
破壊と創造が表裏一体だなんて
ついさっき知ったわ
こんなに楽しいのね



ばらばらになっていくシフォンスカートが見えて、いいなあとおもいます。私も実は同じ言葉で書いたのですが、とてもくたびれたシフォンスカートしか見えませんでした。
初参加の博新さんの想像力に脱帽です。

他にも深森花苑さんの『業績ビルディング』は短い時間で書いたとは思えないほど恐い話。人ごとと書いて実際の世界もそこまでかわらなそうです。

他の作品は作品集をお楽しみください。

次回のワークショップは1月の26日(土)を予定しております。これから募集をかけますが、よかったらおこしください。

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書くワークショップ

いつどこからでも死ぬことのできる世界 川田絢音『流木の人』 

2009.12.24 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

流木の人流木の人
(2009/05)
川田 絢音

商品詳細を見る


川田絢音さんの詩が大好きです。
日本を離れ30年以上の間イタリアに暮らす彼女の詩はつねに短く、簡単な言葉で書かれているはずなのに、必ず川田さんの詩だとわかるしるしが付いています。
芯というよりも、まるで大樹の幹のようです。

2009年に発売された『流木の人』は18編の詩がつめられた小さな詩集です。わずか40ページほどの本の中にトイカメラで撮った写真の色のように描かれているもの自体からはみだすものがあります。
はみだしているものは「孤独」や「死」という言葉であらわすものなのですが、川田さんの描くそれはさみしくもなくつらくもなく、私の中でとどまります。


詩を一編見てみます。


続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 川田絢音 流木の人

幡ヶ谷のライブバー36.5℃は幸せをくれるライブバー! 

2009.12.24 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

幡ヶ谷駅北口から徒歩30秒のライブバー36.5℃は何度もこの日記に登場しているライブバーです。

今までのこのブログでは36.5℃を被爆や震災など社会問題の機軸で紹介していました。
でもこのお店の本当の魅力は幸せをくれる店だということ。その理由はこのお店のご主人たちにあります。

のぶさんとううみちゃんの二人は10を超える年の差にもかかわらず私から見ていつもうらやましくなるほど仲のいいご夫婦。

ううみん

のぶさん

うらやましくなるだけではないのです。2010年にアフリカに行くという二人が作るユニット 815トウキョウ・ハッピーズのメンバーとして阪神大震災や中越地震といった災害に関わった方や広島の被爆者と協力して社会問題とも真正面から取り組んでいます。
被災を思う歌をつくるだけではなく、直接災害に関わった方をライブハウスに呼んだり、広島に乗り込んで演奏をしたりと幅広い活動をされています。

36.5℃は東京のアートポイントとしてもっと活用されて欲しいお店だと思っています。
最近の目標は代々木体育館でみんなで大運動会をすることです。
綱引きをやるという話でトウキョウ・ハッピーズのみんなで盛り上がったことは忘れられません。



続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : 36.5 幡ヶ谷Junction 六九狂ヴィヴィアン オグリ昌也 東京梁山泊 815

開口一番は都内で一番学ぶことが多い朗読会でした 12月21日開口一番@渋谷PLUG 

2009.12.22 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 091221 開口一番 thumb


昨日は開口一番でした。

開口一番は渋谷のライブハウスPLUGで隔月の最終月曜日に行われる朗読会です。
当日の飛び入り参加で読むオープンマイク型の朗読会で、毎回ジャズやヒップホップを中心とした楽器の演奏家が出演し、彼らをバックにして朗読できる会です。
過去には冷蔵庫マンなどお笑いの世界の人も多く出演しています。

昨日はいつもはラッパーをしているMC慎太郎がベースで登場。
他にも新しいミュージシャンが加わっています。
セブンイレブンのBGMなどでお茶の間にピアノを響かせるあいあいさんと、浜崎あゆみなどのバックで演奏をする多ヶ谷樹さんの二人です。どちらかというとハードな演奏が繰り広げられる開口一番にポップさが加わり、とても新鮮な音楽でした。

送信者 091221 開口一番 thumb


なかでもエフェクターをばりばり使い、ウクレレのように胸元でつまびく多ヶ谷さんのバイオリン演奏は私が初めて見る奏法で、とても刺激的でした。

(もちろん以前の参加者も演奏の幅は広いし、今回の参加して下さった方も激しい演奏を繰り広げてくださるのです)

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 開口一番

今日は開口一番です 

2009.12.21 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

日程:2009.12/21(月) OPEN / START 18:30
会場:渋谷PLUG
料金:1.500yen+ドリンク
開口一番HP  http:// www.kaikou-ichiban.net/


あいあい(ピアノ)
14歳、TV朝日ヤマハJOCに出演。
18歳、EC全日本大会高校生部門金賞受賞(日本一)。
埼玉大学教育学部小学校教員養成課程音楽専修(作曲ゼミ)卒業。
劇団舞台音楽制作担当、インターネットラジオ「オリコンワイルドサイド」出演等。みなとみらい2003楽器フェアイメージメロディ優秀賞受賞、JR東京・多ヶ谷 樹(ヴァイオリン) たがや たつき
東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始。アーティストのバック、TV番組のBGM、CM等にストリングスのメンバーとしてレコーディングに参加。その傍ら、何度かバイオリンを使ったバンドを組んでライブ活動を行う。2000年より作・編曲活動を開始。CMソング等のストリングスアレンジ、新人歌手等の編曲、PC用ゲームのBGM作曲などを手がける。バイオリンを田中千香士、清水高師、漆原啓子、ゲルハルト・ボッセ、エドワード・シュミーダー、ヘルマン・クレバース、室内楽を岡山潔、野平一郎、漆原啓子の各氏に師事。作曲理論、和声を高橋千佳子氏に師事。現在、浜崎あゆみ、ELT、ジェイクシマブクロ、Dorlis、スターダストレビュー等のサポートミュージシャンを勤める傍ら、スタジオミュージシャン、アレンジャー、作曲家として多数のアーティストやTVの音楽制作に参加している。

開口一番のコミュです。
view_community.pl?id=3308027

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

千葉詩亭 お越しくださりありがとうございました。 

2009.12.20 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 091219 千葉詩亭


昨日は千葉でおこなった千葉詩亭にお越しくださり、ありがとうございました。
千葉詩亭は、オープンマイクのイベントです。
飛び入り参加してくださったお客さんが、詩やお笑いやお話や夢をかたってくださることでできる会です。

大島健夫さんと二人で企画し、WiCANアートセンターで行ったこの会は実は私にとって初主催のオープンマイクでした。

16人ものお客様にお越しいただきました。ステージの上に立つのがはじめての方もいらっしゃったり、遠い場所から駆けつけてくださった方もいて、一人ひとりを見るたびに胸が熱くなりました。

終わった後は結構長い時間残った人でアートや文学の話をすることができ、とてもうれしくなりました。
ありがとうございました。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : WiCAN 千葉詩亭

谷川俊太郎を爆笑させた詩人 大島健夫 

2009.12.17 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

何度か谷川さんを見ているのですが、朗読を聞いて谷川さんが爆笑するところを考えたことが有りませんでした。

12月19日に千葉で行う朗読会、千葉詩亭を共同で主催する詩人、大島健夫さんの詩『水の上を歩く』、は谷川さんを爆笑させた詩です。そして笑いだけではなく、元気をくれる詩です。
とても大切な日々の繰り返しをユーモアの中で伝えてくれます。

長い詩なので全文は大島さんのサイトからご覧ください。
>> 『水の上を歩く』全文

『水の上を歩く』方法は、「右足が沈む前に左足を出す」こと。
小学生時代から僕が夢に見て、今も失敗し続けているあれです。
そして失敗します。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 大島健夫 千葉詩亭

生きていることを問い直させてくれる美術展 医学と芸術展 (森美術館) 

2009.12.15 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

森美術館で行われている『医学と芸術展』に行きました。

展示されていたのは東洋医術やペルシャの医術の医学書から、ダヴィンチやミケランジェロの解剖図。手術が見世物だった時代の絵画からやなぎみわやダミアン・ハーストの最近の作品まで。

医学に使う機械としてHONDAの歩行アシストやTOYOTAの脳波によって動く車いすが展示されていて、こういった機能を追求したデザインは一緒に展示されていた蜷川実花の写真が使われた義足と比べて明らかに強いメッセージを発していたことも印象的でした。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 森美術館 医学と芸術

街中のアートは真面目ないたずらで住みやすい街を作るのかもしれない。 アート・コミュニティ美浜にて 

2009.12.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 091212 美浜



マイケル・ニーダムさんとアシュレイ・マコーミックさんが千葉市のアート・コミュニティ美浜で行ったアフタヌーンティーパーティに参加しました。

お二人はコミュニティをベースにしたアートの実践をしているイギリスの芸術家です。

イースト・ロンドンで自分たちが住んでいる団地を舞台にして、『Neighborhood Watching』というプロジェクトを行っています。
地域の学校を利用しての映画の上映や、さまざまなワークショップを通じ、地域に住む人が自分たちの住環境を主体的に見直し、自分たちで街をよくしていこうという企画です。

>> Neighborhood Watching


今回彼らは高洲団地で2週間をかけて制作活動を行いました。
ニュータウン・団地の再生計画を実現することを目的とした専門家集団、ちば再生リサーチと協力し、ロンドンから遠く離れた千葉でNeighborhood Watchingを行ったのです。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : WiCAN CR3 美浜 コミュニティ・アート

新しいカメラを買っちゃいました! 丸の内散歩編 

2009.12.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで、Nikon D5000を購入してしまいました。




理由は、ライブの写真をもっと綺麗に撮るためです。

ボーナス一括払いはいやだったので、12回払いで買ったのですが、いろいろ調べたら、キットレンズだと自分の求める明るさが手に入らないので、キットレンズを売却してしまいました。

そして、標準レンズという言葉に従って、Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gを購入。
ついでにNikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dという焦点距離50mmのレンズをボーナスの力で買ってしまいました。

50mmのほうはD5000だとオートフォーカスが使えないのですが、今までだってカメラはマニュアルフォーカスでやっていたので問題ないと自分に勇気を入れました。

そして、撮影です。実は千葉でも撮影したのですが、今回の写真は丸の内のイルミネーション。

一番に驚いたのはレンズの明るさ。
ISO640位で撮影したのですが本当に明るい。夜の街なのにフラッシュを一枚も焚きませんでした。

送信者 091212 丸の内


サンタさんはエコなので自転車で走ります。

送信者 091212 丸の内


路面店もお化粧しています。

送信者 091212 丸の内


送信者 091212 丸の内


丸の内パークビルではカップルばかりで眼がくらみそうだったので、マイナスイオンに触れました

送信者 091212 丸の内


送信者 091212 丸の内


というわけで、丸の内のイルミネーションは本当に綺麗で、無料で楽しめるスペースもたくさんあり、食事さえしなければとてもリーズナブルな場所だと感激しました。

よかったらお楽しみください。なんて。

送信者 091212 丸の内



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : 丸の内 D5000

2009マインドマップ・クラブキャンペーンで入賞しました 

2009.12.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

アルマクリエイションが行ったマインドマップのコンテスト、2009マインドマップ・クラブキャンペーンで入賞しました!

入賞したマップは、ぼくの今年一年を決定付けた書くワークショップのグランドデザインのマップでした。

090602 書くワークショップ

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : マインドマップ マインドマップ・キャンペーン

12月19日 千葉にて朗読会を行います。 

2009.12.10 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉市にて多数のアートイベントを行っているWiCANのスペースをお借りして、12月19日に朗読会を行います!
多数のご参加お待ちしております。


朗読会 千葉詩亭

送信者 mindmap


日時:12月19日(土) 開場16:00 開演17:00(19時半くらい終了予定)
場所:WiCANアートセンター
http://www.wican.org/
住所: 千葉県千葉市中央区栄町24-7
アクセス:千葉駅東口から徒歩7分
JR千葉駅からのアクセス

1. 千葉駅東口を出ですぐ左に曲がり、歩道沿いに進む。
2. まもなく交番が見えてくるので横の横断歩道をわたり、歩道やや左のデイリーヤマザキのある小道に入る。

3. そのまま小道を直進し、栄町商店街に出たところを左に曲がってすぐ。



入場料:300円(お菓子でるかも)



イベント詳細



オープンマイク形式朗読会となります

当日参加された方にひとり5分程度(人数によって増えます)の時間、ことばをもちいたパフォーマンスを発表していただきたいと思っています。

発表していただくものはなんでもOKです。端的に言うとできあがっている作品、たとえば詩である必要はありません。

・告白
・将来の夢
・昨日見た夢
・ポエム
・うた
・弾き語り
・アカペラ
・ラップ(マイクリレー応じます)
・お笑い
・企画の説明
・麻雀の勝ち方
・かっこいいひとりでのクリスマスの過ごし方(募集しています)

など基本的に何でもかまいません。
ただしできたら直接セールスに結びついてしまうもの、
あまりに大きな音を立てるものはご遠慮ください。



司会



○大島健夫(おおしまたけお)
1974年 千葉県千葉市生まれ。
読書、武道、音楽、人間を愛するヒューマニスト。
いかなる分野においても“極み”を求道する、サムライ文士。
12月6日にポエトリーカフェ武甲書店で行われた谷川俊太郎さんのトークショーで詩を発表し、谷川さんからたくさんの笑いを受ける。

池袋のライブ「Tri」にて詩のショーケース「Poe-tri」を毎月第1水曜に主催。

ブログ「DAYLIGHT RUMBLER」では、主に千葉市在住の昆虫や両生類などの生態を写真と文章で紹介。

ブログ「DAYLIGHT RUMBLER

WEB「Going The Distance






○イダヅカマコト
1983年生まれ
詩人
2009年より文章創作ワークショップ『書くワークショップ』主催。
2010年2月ワークショップ・コレクションに出展予定
文学、アート、音楽を愛するノリのいい人。

ブログ「詩とマインドマップで作る発想紹介ブログ」では現代詩を中心に文学やアートときどきライフハックを紹介。

ブログ「詩とマインドマップで作る発想紹介ブログ」
http://literturehardcore.blog51.fc2.com/





WiCANではこの時期、トーチカのPIKAPIKAの映画の上映など、さまざまなイベントを行っております。
私のイベントに限らず、トークショーやワークショップが多く行われており、とても楽しく過ごせます。

よかったら、WEBサイトをご覧ください。

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : WiCAN 千葉詩亭 朗読会

吉行理恵さんの詩にとても驚かされてしまいました。 

2009.12.09 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

吉行理恵詩集吉行理恵詩集
(1997/11)
吉行 理恵

商品詳細を見る



今回初めて吉行理恵さんの詩集を読みました。
驚かされました。

猫の小説で芥川賞を取った人で、作家の吉行淳之介、女優の吉行栄子の妹、吉行あぐりの娘としか知りませんでしたが、彼女の詩はものすごいものだとおもいました。

「ですます」調で書かれた詩の中に秘められているとても硬質な描写と、生きることの延長のように描かれている死がとても印象に残りました。

はじめに一編、題名なしで紹介します。
よかったら題名を考えてみてください。


月は街を見詰めます

硝子窓の向こうの月は
こわばった顔の中の眼です

柱時計をたたえているのは柱時計
鋲のように 頭に鳥をとまらせて
道化は 肘掛け椅子につかまっています

綱渡りをしてみせるために
一本、道化は街に綱を張ります

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 吉行理恵

谷川俊太郎さんのお話をうかがいました その1 

2009.12.07 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

12月6日は、埼玉県秩父市の詩集専門のブックカフェ、ポエトリーカフェ武甲書店に行きました。

谷川俊太郎さんをお迎えして、詩の朗読とお話をしていただく会があったためです。
私はスタッフで参加しました。

ポエトリーカフェ武甲書店に谷川さんをお迎えするのは2回目。前回は女性限定の会だったのに対し、今回はもっとおおきな会となりました。

谷川俊太郎さんとお話しするためにはるばる秩父まで50名以上がいらしてました。中には千葉や名古屋、大阪からいらっしゃる方がいたことに驚かされました。

ご自身を「エンターテインメント系詩人」だとおっしゃる谷川さんは本当にサービス精神豊かな方でした。読者を常に会の中に取り込む工夫をたくさんしてくださいました。

送信者 091206 谷川俊太郎さん

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 谷川俊太郎 ポエトリーカフェ武甲書店

池袋のおしゃれカフェ ベムスターにお邪魔しました 

2009.12.05 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 091204 Bemster



今日は池袋のベムスターというおしゃれ喫茶におじゃましました。
12月1日に開店3周年を迎えたこの喫茶店はとても雰囲気のいいお店でした。

ティルマンスの写真集が置いてあったのだけど、喫茶店のやさしくて、白くて、それでいて包まれているような柔らかい雰囲気自体がティルマンスの写真から浮き出たような空気を見せてくれました。

中に入ると20cm四方のケーキが女の子の目の前においてありました。
勇気をだして聞いてみると公務員試験に合格したとのこと。

ケーキは店員さんからのプレゼント。
せっかくなので、お裾分けしていただいちゃいました。
幸せを分けていただきありがとうございました。
おめでとうございます。

送信者 091204 Bemster





店内はとてもアットホームな雰囲気であふれていて、店員さんとお客さんの境目がいい意味でありませんでした。
内装をかえるというような話がとてもオープンに行われていて、いいお店だなと感じました。



展示



今日ここに来たのはゆるぎぶメンバーのあいすさん(Twitter:@aisu_dog)がここで写真を展示しているから。

展覧会は何人かでの合同展でした。

>> あいすさんのブログ あいす的人生戦略記録帳


あいすさんの写真は彼女のうさぎ飼っているうさぎさんの写真や水族館の写真。彼女の飼っているうさぎさんは顔がとてもほっそりしていて、美人さんでした。
黒目がとても大きいのが印象的で、全体的に素直な写真でした。

この日お店にいらっしゃったBanさんの作品は和が遊び心でできていていいなとおもいました。京都で撮影した舞妓さんの写真を和紙で紫に印刷した作品で電球を中に入れると灯篭みたいでした。

>> Banさんのブログ黒鷲日記

帰りにBanさんの師匠にあたる報道写真の方とお話ししました。

昔の報道写真は現像前に使う写真を選ぶため、キャッチや記事などの文章も重要だったことや、最近はプロの写真家が少ないことを知って驚きました。

でも一番驚いたのは、彼が今でも初心者と変わらない方法で努力していることでした。

その方法は

お題を決めて、それに合った文章と写真をつけること

です。

たとえば『年末の池袋』というお題で考えて見ます。
「年末の池袋」の喧騒を示す写真はどこでとればいいのでしょうか。
また文章をきちんと書かなければ写真の効果がなくなります。
写真をいい加減にして文章をきちんと書いても、その写真の嘘がばれてしまいます。

基本的な課題にきちんとした回答を出すことで、写真・文章・バランス感覚のすべてを学ぶことができるというのは非常に勉強になりました。

テクニックがいくら進化したとしても、何かが人に伝わるものを作るには基本的な課題をクリアしなければならないのだと非常に勉強になりました。




今回のベムスターでのグループ展の展示は12月6日まで。5日は貸切パーティーなので、あと一日です。
良かったらお越しください。

送信者 091204 Bemster




ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。