社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

ポエコンバックナンバー 第6号 文月悠光 『お酢ときゅうり』 

2010.03.30 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

適切な世界の適切ならざる私適切な世界の適切ならざる私
(2009/10)
文月 悠光

商品詳細を見る


お酢ときゅうり  文月悠光




河童巻きの中身を
次々と抜き出して
酢飯に私の夜を孕ませた。
醤油をさすのももどかしく
裸のきゅうりをほおばる。
指を舐めながら
ふやけた海苔を酢飯から剥がす。
黒い、(フィルム)のようなそれも
口の中に加え、咀嚼した。
閉じたまぶたの裏で
――それは、なだらかなスクリーン ――
立ち枯れの影がたゆたう。
紙包みを手に、影は教室の窓から
眼下に私を見ている。
(フィルム)の映写が始まったようだ。

(恥じらいの全てを、白いダウンコートひとつでは覆い隠せなくて、おおかた
羽毛と共に溢れてしまった。あの日、それらを紙で包んで、影に手渡した。お
互い何かのさなかにあって、私の言ったことばは届かなかった。ゆえに身勝手
な祈りのもと、影はたゆたう。窓から入る風は、死のにおいがした。見下ろせ
ば道の上、溶けだしたものが陽に光る。雪解け水の流れを指し示し、ときに振
り分けながら
「凍ったり、蒸発したり
そういうの面倒だよね」
と私の隣で影はつぶやいた。
あのときマンホールの穴へ消えていった水のうた声が、この足の下で響くなら、
私もすぐさま影の水脈となって「あなたを迎えに」)

視線を感じて振りむくと、
酢飯の穴と目が合った。
水気を失ったその穴を
立ったまま食べさせられている、
三歳の私もこちらを振り向く。
(忘れられない、
忘れたくないだけかもしれない)
ステンレスの流し台を
醤油が
たららと茶色く歩いていった。
排水溝に逃げるように転がり込むので
指し示す間もない。
台所の小窓に
白い雪がへばりついている。
まだぬめりの残る私のおやゆびに
お酢ときゅうりのにおいが
まとわりついている。






▼ 今日のポエジー ▼




 河童巻きからきゅうりだけを抜いて食べるという光景から始まる、一見こっけいなシチュエーションををたくみな描写で緊張感ある場面にしたこの詩の語り手は、体の中に食べ物をいれることで心の中にもぐっていきます。

 おそらく「(フィルム)の映写」の中で起きている「影」との出会い。「影」のほうへと引きずられる「私」。
 現実に引きずり戻された「私」を見る河童巻きの穴。

 すばやい場面転換で現実と別の世界を行き来する詩です。そして、一つひとつの描写がふたつの世界に存在感を作り出しています。

 耳で聞いているものと手でさわっているものの描写が同じように語られていることに驚かされます。
 特に行がえと句読点をたくみにつかって一歩一歩手順を進めるように河童巻きを食べる一連目が私にとっては興味深いものでした。
 指を舐めながら海苔をはがし、咀嚼し、目を閉じるまでを最低限の書き込みにもかかわらず5行使うことで、二連目の長い行につなげます。
 「(フィルム)」の流されていく語り手の現実感は一連目できちんと触感を作ることで作られるのだなと驚かされます。

「凍ったり、蒸発したり
そういうの面倒だよね」

という部分が私は好きです。
このことばを見ると私はよしもとばななの『キッチン』にでてくる田辺雄一のお母さんを思い出します。そういえば、『キッチン』の冒頭でみかげが床をみがいていたのでした。
 確かなものがあって初めて無意識や夢の世界ができるのかなと思わせてくれる作品です。





▼  作者について ▼



 文月悠光(ふづきゆみ)さんは北海道の詩人です。今年の4月から大学生。小学生のときから詩を書き始め、高校生の時点で『詩学』と『現代詩手帖』という現代詩を語るために欠かすことのできない二冊の雑誌で新人賞を受賞しています。
 『お酢ときゅうり』の掲載されている詩集『適切な世界の適切ならざる私』は彼女の第一詩集。2009年に発売されたこの詩集は身体的な感覚に包まれていて、一篇一篇読むたびに深いところへと潜らされます。

>> 文月悠光さんのWEBページ「あなたの小指と秒針」
http://www.geocities.jp/hudukiyumi/

スポンサーサイト


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

メルマガから生まれたちょっとうれしい出会いについて と、千葉詩亭のこと 

2010.03.24 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

深森花苑さんからメッセージをいただきました。
彼女は小説や詩を書いていて、これまでも書くワークショップに何度も登場していただいている方です。

>> 2009年度最後の書くワークショップのレポート
http://literturehardcore.blog51.fc2.com/blog-entry-368.html

このたびはある著名な短歌の集まりに行ったとのことだったのですが、そのきっかけがわたしのメルマガ『ポエムコンシェルジュの選んだ一篇』だったとのこと。


最近ちょっと短歌からは離れていたけど、それでも批評の内容に半分くらいついていけたのもこのメルマガで「詩を読む」頭を鍛えていたからかも。


ってお伝えいただきました。とてもうれしいです。ありがとうございます。

>> 深森花苑さんのブログ、掃き溜めに、一葉歌。から「「かばん」の歌会に参加してきました。」
http://fukamori-kaen.blog.so-net.ne.jp/2010-03-23-1


わたしのメルマガでは詩を紹介する以上に詩にかかわるイベントも紹介しているので、今回こういった形で行動を起こしてくださる方がいてとてもうれしかったです。

これからもがんばって更新していくので、よろしくお願いします。
イベント情報が最近多忙で更新できないので、ご連絡いただけるとうれしいです。
Twitterやメッセージフォームなどでご連絡ください。

>> ポエムコンシェルジュの選んだ一篇はこちらから購読できます。
http://archive.mag2.com/0001086342/index.html


>> 深森花苑さんのブログ、掃き溜めに、一葉歌。
http://fukamori-kaen.blog.so-net.ne.jp/

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

ポエコンバックナンバー 第5号 ソホラーブ・セベフリー 『終焉まで在り続けるもの』 

2010.03.16 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

現代イラン詩集 (新・世界現代詩文庫)現代イラン詩集 (新・世界現代詩文庫)
(2009/06)
Farzin Fard、

商品詳細を見る


終焉まで在り続けるもの ソホラーブ・セベフリー 訳:前田君江




今宵
奇妙な夢の扉が
言葉に向かって
開くだろう。
風は 何かをささやくだろう。
林檎は 落下し、
大地を描き出すことばの上を
夜にひそむ 故郷の在処まで転がっていくだろう。
夢想の天蓋は 崩れ落ちるだろう
眼は
飴色の悲しげな理知を見るだろう。
蔓草は 神の目が愛でる周りを這うだろう。
秘められたものは、溢れ出すだろう。
時の斎戒の根は 朽ちるだろう。
暗黒の道の途中で
水の語らう畔は
輝くだろう、
鏡の内奥は 知るだろう。
今宵
ことばが意味するものの茎を
親しげな風が揺らすだろう、
不意を喰らった驚きは 花びらのように散るだろう。


夜の底で、一匹の虫が
孤独という瑞々しい定めを
生きるだろう


朝という言葉の内で
朝は 訪れるだろう




(ふりがなの注:天蓋⇒てんがい、蔓草⇒つるくさ、畔⇒ほとり)

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : ポエムコンシェルジュの選んだ一篇 イラン

ポエコンバックナンバー 第4号 リルケ 『心の山頂にさらされて…』 

2010.03.15 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ名詩選 (岩波文庫)ドイツ名詩選 (岩波文庫)
(1993/03)
不明

商品詳細を見る




今回の一篇




心の山頂にさらされて… リルケ 訳:生野幸吉




心の山頂にさらされて。見よ、あんなに小さくあそこに、
見よ、ことばの最後の村落が。そしてもっと高いあたりに、
やはりごく小さな姿で、感情の
最後の農家が見える。君に見分けがつくだろうか?
心の山頂にさらされて、手の下には
石だらけの山肌だ。ここでもまだ萌え出るものが
いくつかある。無言の崖から
ひともとの無知の草が歌いつつ延びる。
けれど知る者は? 知りそめた人間は、ああ、
そしていま、心の山頂にさらされて、沈黙する者は。
ここでもなお、あまたの守られた山のけものが
すこやかな意識をもってゆきかい、
出没し、またとどまる。そして大きな庇護された鳥は
いただきの純粋拒絶をめぐって輪をえがく。――しかし、
守るものもなく、この心の山頂にさらされて……




(注:知りそめる → 意味:はじめて知る。知りはじめる。)


続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : ポエムコンシェルジュ 紹介

ポエコンバックナンバー 第3号 稀月真皓 『切り札は感謝』  

2010.03.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

ipProject 『Good day(iP project)』より




▼ 今日の一篇 ▼



切り札は感謝 稀月真皓




俺さ、環境破壊問題も格差社会も殺人事件も自殺も麻薬も差別も貧困もうつ
病も少子かも人口爆発も核保有も戦争も公害も金融危機もなにもかも解決し
てくれるのは「感謝」じゃねーかって最近気づいたわけ。だってよく考えた
ら色々なもんがすげぇ有難くね?したらさ、謙虚になんじゃん?やさしくな
れんじゃん?自分も物も人も大切にすんじゃん?無駄にしないじゃん?未来
も捨てたもんじゃないって思えんじゃん?そしたらさあ、社会変わるっしょ。
生命に感謝して肉体に感謝して自然に感謝して祖先に感謝して家族に感謝し
て近所の皆様に感謝して農家のばあちゃんに感謝して漁師のおやじに感謝し
て可能性に感謝して、そしたらやっぱ受け継ぐべきものは受け継ごうって、
それを子孫に伝えようって。だから俺さ、この頃食べ残ししないの。ちょっ
と高くてもフェアトレード品買ってみたりすんの。兄貴のお古とか平気なの
。なにげに健康に気遣ってんの。あんま怒んねぇの。うらやましがらねぇの。
落ちこまねぇの。生きる意味とか考えねぇの。なんかね。なにもかも美しく
ありがたく思えんの。感謝ってやつはきっと人間が持てるいちばんキレイで
無敵な感情じゃねーの?切り札だと思うんだよなあ。




続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

ポエコンバックナンバー 第2号 小池昌代 『記憶』  

2010.03.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤電車でよむ詩集 (生活人新書)通勤電車でよむ詩集 (生活人新書)
(2009/09)
小池 昌代

商品詳細を見る




▼ 今日の一篇 ▼




記憶 小池昌代



オーバーをぬいで壁にかけた
十年以上前に錦糸町で買ったものだ

わたしよりもさらに孤独に
さらに疲れ果てて
袖口には毛玉
すそにはほころび
知らなかった
ひとは
こんなふうに孤独を
こんなふうに年月を
脱ぐことがあるのか


ひどい、急ぎ足で
駅へ向かうこのオーバーを見たことがある
おかえり

それにしても
かなしみのおかしな形状を
オーバーはいつ記憶したのか
わたし自身が気づくより前に


続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : ポエムコンシェルジュの選んだ一篇 小池昌代

メルマガ、50号達成しました!ありがとうございます。 

2010.03.10 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
やっちゃいました。やってからびっくりしました。

一日一編だめでも詩を紹介してみよう。ついでだからイベントを紹介してみよう、というメルマガ『ポエムコンシェルジュの選んだ一篇』が今日第50号を達成しました
>> ポエムコンシェルジュの選んだ一篇

応援ありがとうございます、これからもがんばります。




立石剛さんのブランディングセミナーを受けてからさまざまなチャンネルで情報発信することをテーマにはじめたものでした。
>> Reading-labで、自分ブランドのつくりかたを勉強してきました!

現在60人もの方に読んでいただいています。
宮城隆尋さんや山田亮太さんなど、取り上げた方からも励ましのメールをいただきました。
ありがとうございます。

これからもがんばりたいのでよろしくおねがいします。

また、これからも『詩のボクシング』の作品や、
遠い国の作品の紹介など、さまざまなゲストをお願いし、
詩の紹介をしていきたいと思います。

よかったら購読してくださるとうれしいです。



今まで発行したのメルマガリスト




第1号 白井明大『昼まの送信』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100116180000000.html

第2号 小池昌代『記憶』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100117190000000.html

第3号 稀月真皓『切り札は感謝』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100118190000000.html

第4号 リルケ 「心の山頂にさらされて…」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100119191000000.html

第5号 ソホラーブ・セベフリー 『終焉まで在り続けるもの』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100120190000000.html

第6号 文月悠光 『お酢ときゅうり』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100121190000000.html

第7号 田口犬男 『ジェームズ・ナクトウェイ 『戦場のフォトグラファー』に』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100122190000003.html

第8号 パブロ・ネルーダ「そのわけをはなそう」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100123190000000.html

第9号 笹井宏之 歌集『ひとさらい』より7首
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100124193106000.html

第9号 堀口大学 『朝のスペクトル』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100125190000000.html

第10号 坂井一則『詩人に口あり』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100126190000000.html

第11号 辻征夫 『蝶』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100127190000000.html

第12号 荒川洋治 『スーラ、理解を』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100128190000000.html

第13号 暁方ミセイ 『自明灯火』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100129190000000.html

第14号 河津聖恵 『詩よ赤ん坊を見つけなさい』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100130190000000.html

第15号 フォルーグ・ファッロフザード『窓』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100131190000000.html

第16号 高階杞一「網戸」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100201190000000.html

第17号 野村美夫 「ショートパットの法則」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100202190000000.html

第18号 辻井喬 「マタイ受難曲異文」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100203190000000.html

第19号 本田瑞穂 歌集『すばらしい日々』より5首
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100204190000000.html

第20号 山之口獏「鮪に鰯」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100205190000000.html

第21号 北村太郎「寒い朝」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100206190000000.html

第22号 岬多可子「蜘蛛を潰す」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100207210000000.html

第23号 ガブリエラ・ミストラル「パン」
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100208190000000.html

第24号 ヴェルハーレン 『よろこび』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100209190000000.html

第25号 秋野さち子 『月と銃眼』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100210190000000.html

第26号 井坂洋子 『朝礼』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100211190000000.html

第27号 吉原幸子 『告白』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100212190000000.html

第28号 塚本邦雄歌集 より5首 (ゲストコンシェルジュ:山田航さん)
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100213190000000.html

第29号 北爪満喜 『どの手がすきか』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100214230409000.html

第30号 工藤直子 『のはらうた(I)』より3編
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100215190000000.html

第31号 立原道造 『眠りのほとりに』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100216190000000.html

第32号 ヴェルハーレン 『空をたたふ』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100217190000000.html

第33号 斉藤斎藤 『渡辺のわたし』より7首
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100218190000000.html

第34号 中島悦子 『今日、右頬が』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100219215435000.html

第35号 鈴川夕伽莉 『マモちゃんは寝ている』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100220190000000.html

第36号 川田絢音 『カサブランカ』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100221190000000.html

第37号 征矢泰子 『マザー・テレサに』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100222190000000.html

第38号 宮城隆尋 『協定』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100224021834000.html

第39号 アーサー・ビナード『リサイクル』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100225015015000.html

第40号 W.B.イエィツ 『レダと白鳥』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100225190000000.html

第41号 氷見敦子 『川』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100226190000000.html

第42号 金子みすゞ 『花のたましい』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100227190000000.html

第43号 シンボルスカ 『詩の好きな人もいる』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100228230645000.html

第44号 高岡力『厚ぼったい夜の空を』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100301190000000.html

第45号 川口晴美 『ペーパープール』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100303190000000.html

第46号 松下育男『初心者のための詩の書き方』より
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100304190000000.html

第47号 奥田春美『スコール』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100305190000000.html

第48号 田村隆一『見えない木』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100306190000000.html

第49号 山田亮太『おやすみなさい』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100309190000000.html

第50号 韓成禮『甕棺』
>> http://archive.mag2.com/0001086342/20100310190000000.html


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

ポエコンバックナンバー 第1号 白井明大 『昼間の送信』 

2010.03.06 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の一篇



くさまくらくさまくら
(2007/10)
白井 明大

商品詳細を見る


昼まの送信  白井明大




メールを最近してないな
、ておもって
打った 昼ま

なんにも伝えなきゃいけないこと 、てない
、てじつは
しあわせなのかもしんない
なんて
おもえないで

あわてて

いまこうしてたよ
これからこうするとこだよ

打って送信

押す

たまにわがやは電波がとおくて
アンテナがへって

いまもで
送れなかったように
送信スタンバイの
マークが画面に浮かんでて

お湯がわいたやかんの揺れて
ガス台とぶつかる音がしてきて
カップに注ぎに
いくあいだに

送れてる

、てそう
たしかめたのは
食べたあとで
机に戻ってみたら着信があって

聞いたら返事がかえってきていた

もういちどあわてて
こんどは電波が近くまで来てて
すぐに送れる

こんなことを
なんにも
つたえることがないから、てしないとか
なんて
そういうふうからかえってくるように
指を置いていく押していく

いまこうだよ、て
これからこうだよ、て

画面に文字を

安定しない電波に
まかして







今日のポエジー




「昼まの送信」の内容は日常のことです。
語り手がメールを送り、そしてそのメールに対して返信がくる。
それだけのことで心が温かくできることに驚かされます。

わたしも一日に30通ほどメールを送ります。
そのほとんどが「いまこうしてたよ/これからこうするとこだよ」だったり、それよりも原始的な「すき」とかです。
何度もメールのやり取りをしていくうちに、「すき」しか書いていないメールを送り続けていること、そしてメールが届き続けることがとても大切になります。
メールを届かないと不安になり、また送らないと不安にあります。

昔は必要なかったことなのに、今では必要不可欠な習慣になっていて、考えることもありません。

「昼まの送信」はその習慣に対して疑問を投げかけてくれます。
日々行っている行動のなかに入っていって、そのなかで感じる幸せをきちんと捕まえてもどってきます。

特に最後の3行「画面に文字を/ /安定しない電波に/まかして」という終わりの方が好きです。この部分を読むと、メールを送っている自分が義務感や依存から送っているのではなく、メールを送ることで相手との絆を確認できるという思いを強く確かめることができます。

この確認を作るために一番必要なことは二連目にあるように思われます。
ここでは、メールを送ったときに心に浮かばなかったことに思いをむけています。

「なんにも伝えなきゃいけないこと 、てない/、てじつは/しあわせなのかもしんない」ことです。

「反省」にはおよばない「日々のふりかえり」が自分の行動に対する疑問を投げかけることが、その行動の中にある自分自身を見つけてくれるのだなと驚かされます。「、」を使ってゆっくりとした間を作っていることがとても興味深いです。

日常の中にはまだまだいいことがあるのだなと心があたたかくなります。





作者について




白井明大さんは1970年生まれの詩人です。
コピーライターの仕事をしつつ詩を書かれています。
彼の書かれたコピーを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。
ホームページ「無名小説」にて詩を発表されています
>> 無名小説


最近はサルビアのセキユリヲさんと一緒に本を作られています。
「季刊サルビア」やサルビアの発行しているメールマガジン「サルビア通信」でも白井さんの作品が読むことができるのでよかったら見てください。

>> サルビア




今後行われる主な詩のイベント




●3月13日 同行二人 Dogyo-Ninin A POETRY READING SHOWCASE

http://kawaguchitakeshi.blogspot.com/2010/02/poetry-reading-showcase.html

場所:そら庵(清澄白河)

下北沢の書店Ficctionessで詩の教室を主催されているカワグチタケシさんと、
東京の朗読シーンで勇名をとどろかせている村田活彦さんによる詩のライブです。
隅田川の川辺にあるあたたかいお店でのライブです。

○3月14日13:30~ The Poetry With Noname
場所:あきた文学資料館1F(秋田市)

秋田県秋田市で奇数月の第二日曜日に行われている朗読会です。

●3月21日 はっとりんのポエトリー劇場
場所:Ben's Cafe(高田馬場駅徒歩5分)

1990年代から続く日本でもっとも歴史ある朗読会です。


★3月27日 千葉詩亭 第参回
場所:WiCANアートセンター(千葉駅徒歩7分)
Open16:00/Start17:00 300円


わたくしイダヅカマコトと大島健夫さんが主宰するオープンマイクの朗読会です。
千葉で行われているただ唯一のオープンな朗読会です。よかったらおこしください。

前回の様子はこちらをご覧ください
レポートその1
レポートその2



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 白井明大 くさまくら

ワークショップ・コレクション、ご来場ありがとうございました。 

2010.03.03 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 100228 Workshop Collection thumb


2月27日・28日に慶應義塾大学の日吉キャンパスで行われたワークショップコレクション6に参加いたしました。

>> ワークショップコレクション


ワークショップコレクションはさまざまなワークショップを集めたイベントです。
お絵かきやおもちゃ作りはもちろん、DOCOMOやSoftbankといった携帯各社が共同で開いた夢のケータイをつくるワークショップといった本格的なものもあり、また水を使ってさまざまな流れを見る実験をするワークもありました。
まるで小さな科学館みたいな様相でした。

書くワークショップ
送信者 100228 Workshop Collection thumb


わたしは書くワークショップということで、昨年一年間の成果をひっさげて参加いたしました。



今回の書くワークショップ



今回私がやったワークショップは手紙をつくるワークショップです。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : 書くワークショップ ワークショップ コレクション 慶應 日吉

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。