社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<【Blog Action Day】現実をイメージする貧困さを『14歳』は教えてくれる  | ホーム | 絵を見ながら成長していく『恋するフェルメール』>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

2008年10月13日秩父お散歩ツアーとポエトリーワークショップ その1 

2008.10.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

13日は秩父にあるポエトリーカフェ武甲書店にて秩父お散歩ツアーとポエトリーワークショップにいってきました。

第1部は秩父市街を流れる伏流水を求めるお散歩でした。
今回の参加者は、主催の坂本さん夫婦、白糸雅樹さん、佐藤銀猫さん

御花畑駅近くのお旅所からお散歩は始まります。

秩父 お旅所


お旅所は武甲山秩父神社を一直線に結ぶ道にあり、この下も水脈が通っているそう。
毎年ここでは神事が行われています。
昔、水がとおっていたところにできた道を通り。

秩父 昔の水路

秩父神社へ向います。
秩父神社は言い伝えによれば5世紀ごろ古い神社です。
今の本殿は江戸時代の作品です。

081013 秩父神社 虎

こちらの虎は左甚五郎の作品。日光東照宮の眠り猫をつくった職人です。
ひげの太さが目を引きます。




伏流水を求めるお散歩なので、やっぱりポイントは井戸です。
081013 秩父神社 井戸

こちらは秩父神社の井戸。
フタがはまっているものの、下にはポンプがあって、今でも水はとられている様子。

081013 武甲酒造 井戸

そして、近くの武甲酒造の井戸。
こちらも、今はポンプにて水をくみ出します。

武甲酒造の中を案内していただいて、酒をつくる釜や、
貯蔵するタンクをみせていただいたのですが

081013 武甲酒造 釜
この釜は一つで1トンの米を炊くそう。
10月下旬から4月まで酒を造っていらっしゃるそうです。
秩父地方中心に武甲正宗などのお酒を売っています。

081013 武甲酒造 お水

やっぱり気になるお水の味。
癖のない柔らかい水で、いくらでも飲めそうな気がしました。

というわけで、ワークショップへ続いていきます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

タグ : レポート イベント 秩父 ポエトリーカフェ 武甲書店 勉強会 日帰り 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/101-ed34b8bb

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。