社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<『ピカッ』について  | ホーム | 百式企画塾「テレビをちょっと便利にするウィジェットとは?」に参加してみました!!>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

恋愛詩の教科書として読む『黒田三郎詩集』 

2008.10.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

現代詩文庫 6 黒田三郎詩集黒田三郎詩集 (現代詩文庫 第 1期6)
(1968/01)
黒田 三郎

商品詳細を見る

☆☆☆☆★
(これを読めばあなたも恋愛が書けます)


恋愛の、とくに相手のことを必要だ、という詩を書こうとして、書いたら全く違うところに行ってしまうという話をなんどもしたことがあります。

原因は「自分が知っている彼女を描こうとしていた」ことらしいことは分かります。

でも、「何であってもどうでもよく、とにかくあなたが好き」だと書いたらよかったのかというと、「誰でも良かったのか」という話になります。

黒田三郎の『ひとりの女に』は、とりあえずの答えを私に与えてくれます。
ここでのポイントは自分に彼女は分からないと決めてしまうことでした。
具体的には
  • 好きな人に向けて書く
  • 好きな人のやったことを書く
  • 自分の心の中の出来事を書く
  • 好きな人の描写はしない

この通りにやれば、多分僕も恋愛詩がかけます。でも、そういう詩を書きたいと思うかは、別問題ですが、一応例を出してみます。
4行の連が6つ続く『もはやそれ以上』。
もはやそれ以上

もはやそれ以上何を失おうと
僕には失うものとてなかったのだ
河に舞い落ちた一枚の木の葉のように
流れてゆくばかりであった

かつて僕は死の海を行く船上で
ぼんやり空を眺めていたことがある
熱帯の島で狂死した友人の枕辺に
じっと坐っていたことがある

今は今で
たとえ白いビルディングの窓から
インフレの街を見下ろしているにしても
そこにどんな違った運命があることか

運命は
屋上から身を投げる少女のように
僕の頭上に落ちてきたのである

もんどりうって
死にもしないで
一体だれが僕を起こしてくれたのか
少女よ

そのとき
あなたがささやいたのだ
失うものを
私があなたに差上げると


恋人=結婚相手が出てくるのは最後の1連だけです。ささやくだけ。

そして残りの5連はの書き手が、たまたま生きてきたということを書いています。
でも、第5連の少女はどこに呼びかけているのでしょうか。
第4連までを見たら「運命」ですが、第6連を見たら「恋人」に見えます。

「失うものを私があなたに差上げる」というありえない言葉を呼び寄せるために、
黒田は運命=少女=恋人という等式が成り立つような論理の力技をこなしてしまったかのように見えます。




もっと凄いのは『そのとき』です。
この抽象的なでは恋人の描写すらありません。
 確かに恋人は書き手を「あっと言う間もなく/この世の行列から押し出した」と書いています。
 その行列は「死ぬ順番を待って/この世に行列を作って」会社の食堂の食事の順番、または死ぬ順番を待つ行列です。そして、書き手は「ぼんやりと立って」いるだけです。
 彼女が何をしたかはかかれていません。ただ、「恋人が彼を特別な存在にする」ということは分かります。
 そしてこのは「恋人が彼を特別な存在にする」ということが分かっただけでお腹いっぱいになります。

 黒田三郎の『ひとりの女に』では結局彼女が誰かは分からずじまい。
 ただ、彼女がささやき、愚痴をいい、座るということだけが言葉少なく語られます。

『ひとりの女に』は戦後最大の恋愛詩集といわれています。
 現代文庫の『黒田三郎詩集』には全編入っています。
AMAZONではあほみたいな値段がついていますが、古本屋で300円。本屋で1000円くらいで売っています。

 第二次世界大戦直後に荒地に参加した詩人で、分かりやすい言葉で書いた詩人だといわれています。
 『黒田三郎詩集』には、『ひとりの女に』だけではなく、このとき結婚した奥さんが入院したときの娘との生活を描いた『小さなユリに』も全編入っています。
 『秋の日の午後三時』の
遠くであしかが頓狂な声で鳴く
「クワックワックワッ」
小さなユリが真似ながら帰ってくる

など、『ひとりの女に』に比べて非常に細かく娘を観察していますが、
 先ほど挙げた恋愛詩の4つのポイント
  • 好きな人に向けて書く
  • 好きな人のやったことを書く
  • 自分の心の中の出来事を書く
  • 好きな人の描写はしない

が守られていて面白いです。

この通りにやれば、多分僕も恋愛詩がかけます。でも、そういう詩を書きたいと思うかは、別問題です。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 書評 詩集

コメント

 

読んで、おもったことを書こうとしたら、それが詩なり、なにかの作品になりそうになりました。
形になったら読んでもらいたいです。

P・S 黒田三郎は未読でしたので是非、古本屋巡りをして出会いたいです。

 

ありがとう。
普通に本屋に置いてあると思います。
たまたまAmazonだと、現代詩文庫はだめらしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/118-ad434a93

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。