社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<今を生きる私たちに関わる被爆者を語る『被爆17000の日々』 書評  | ホーム | 詩の本質を考えさせてくれるジョージ・スツィルテスの講演 書評:『びーぐる』創刊号その1>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

熱意を持って続けることを大事だと教えてくれる『日本でいちばん大切にしたい会社』 

2008.11.11 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
(2008/03/21)
坂本 光司

商品詳細を見る


☆☆☆☆★
(自分が明日何をするかを考えるきっかけになります)

平成18年度事業所・企業統計調査によると、日本には会社企業数が151万6千企業あるそうです。

日本でいちばん大切にした会社』は星の数ほどある会社から14社だけ紹介しています。
30ページを割いて紹介されている会社が5社。
コラムでさらに9社。

著者の坂本光司教授は、その中から全国6000社を訪問調査していらっしゃるとのこと。
その中から取り上げられた14社は景気や業態、規模、ロケーションに関係なく業績を上げている企業です。

大きく紹介されている会社は


詳しい目次は目次はあさ出版のページからご覧ください。

わたしがこの本で一番嬉しく思ったのは
坂本光司教授の取材をするときの熱い気持ちと誠実さでした。
そして「継続」が経営に置いて一番重要なものとする姿勢でした。

できることを行うこと



この本で驚かされるのは著者の坂本光司教授や各企業の経営者の強さと、そしてコールアンドレスポンスを成立させようとする坂本教授の気持ちです。

例えば一番初めに取り上げる日本理化学工業はマーケットシェア3割を締めるチョークの製造会社です。

この企業の特色は50年前から障害者採用を続けていること
受け入れた社員のために作業工程を人に合わせて改良し、どんな忙しいときでも見学者を会社あげて歓迎する姿勢に対して坂本教授も個人的に応えています。

それは差し入れるお菓子は必ず社員の人数より多く持っていくこと。
 たとえひとつずつでも社員全員の方に食べて欲しいからです。なかには会社で食べず、自宅に持ち帰り、家族に見せて、みんなで食べる社員もいるそうです。
 そんなわたしの願いがなかなか主催者に通じず、茶缶や、お菓子が十数個入った菓子箱をおみやげに持っていく団体がいまだに多いのが残念です。
 このような配慮を、人も企業もやっているでしょうか?自分でできる最低限のことをやろうとしているでしょうか

自分ならバイ日本理化学工業運動をやると書いていらっしゃる坂本教授の言葉は中立を原則にしたがるジャーナリストの言葉ではありません。

「努力をしたくても、がんばりたくても、がんばれない人々が真の弱者で、がんばれるのに、がんばらない人々は偽者の弱者だ」と、立つこともあることもできる経営者に、自分にできることをし尽くしてはいないのではないかと叱咤しています。

私も筋ジストロフィーを持つ小林裕莉さんと麻悠さんのことを考えたり、神経を病みながら書き続ける何人もの友人のことを考えれば考えるほど自分がまだまだ動き足りないと思ってしまうのです。



私的な話ですが
わたしはたまたま、身体ないし知的な障がいやをもつ知り合いが少なからずいます。

今まで出あった人たちはみんな私よりはるかに人の気持ちを分かろうとしてくれる人たちでした。

初めて自分が知的障がいを持つ子供たちと一緒に遊ぶボランティア団体で出演したときのことです。

全てのネタがすべりました。
「大きな栗の木の下で」を踊れず、「うみ」は歌えず。
そのときに泣きそうになった僕にありがとうと言ってくれ、
一番初めに名前を覚えてくれたのは、自閉症を持っている16歳のお客さんでした。



継続させることが使命



企業の社会的使命は「継続」することと坂本教授はおっしゃっています。
会社の実力を表す財務諸表の作り方を示す企業会計原則にも「継続企業の原則」はあっても「業績向上の原則」はありません

例えば、伊那食品工業。100年カレンダーをいたるところに貼り、売店でも売っています。
新入社員と会長の寿命を数センチの違いに置くカレンダーの中に象徴されています。

『日本でいちばん大切にした会社』で会社の使命として、を幸せにするべき人を5人取り上げています。
  1. 社員とその家族
  2. 外注先・下請け先
  3. 顧客
  4. 地域社会
  5. 自然に生まれる株主
です。
詳しくはLEMONedの一日一冊ビジネス書が詳しく紹介しています。

一番初めは一人だった義肢を作る会社、島根の中村ブレイスでは、一人の人を育てるために7年半かけました。
七年半かけて、一人の人を定時働けるようにしたのです。
日本理化学工業も障害者採用を50年続けています。

イベントのオーガナイザーに会うたび、小さくとも続けることということを良く聞きます。
本居宣長にも、学ぶことで大事なことは、続けることだけだとだと言う言葉がありました。

継続するものは、『企業』だけではなく『イベント』や『創作』、『勉強』におきかえられるのです。
そして継続することでいつか成長するタイミングを拾うことができるのかなと思うと非常に感慨深くなりました。


YouTube - 伊那食品工業で100年カレンダーを買う




ほんとうは紹介したいことがたくさんあります。
ただ、自分もいまやっているいくつものことを続けるにはどうしたらいいか、考えさせられる本でした。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/130-76b94374

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。