社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<イスラエルの詩人アミール・オルが英語で自分の詩を朗読したことについて。  | ホーム | 今を生きる私たちに関わる被爆者を語る『被爆17000の日々』 書評>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

千葉から始まるひらがなアート チバトリです 

2008.11.13 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

081115-30 チバトリ

11月15日~30日まで、横浜トリエンナーレの対岸
千葉県千葉市で「~ひらがなアート~チバトリ」というアートプロジェクトが実施されます。

参加するアーティストは現代美術を牽引する日本人アーティスト10人。


といったそうそうたる面子です。

「等身大のアート」をキーワードに

会場はWiCAN アートセンター千葉市美術館など、千葉市中心市街地各所となっています。

9月の会田誠さんの個展で知り合った千葉大学の学生さんに教えてもらったのですが、
とても気合が入っていて、楽しいイベントになるだろうなと思っています。

会期中、さまざまなイベントやワークショップが行われるのですが、
私が特に気になるのは西村徳行さんが主催する図画工作をもっと面白く!そんな野心的な教師集団「図工会議」
によるワークショップです。
図画工作が大嫌いだった自分なのだけど、手を動かすことで新しいチャレンジができるかなーと思っています。

11/23(日) 図工会議的お遍路 ~チバ巡礼の旅~

図工会議的お遍路 ~チバ巡礼の旅~

図画工作をもっと面白く!そんな野心的な教師集団「図工会議」。
東京を中心に活動してきた彼らですが、今回チバトリに参加し、千葉初上陸。
私たちが想像する図工をはるかに超越した、新しくて身近な図工会議による「図工」とは?
体験・参加型の企画です。

日時 11月23日(日) (9:30受付開始)10:00~16:00

集合場所 WiCANアートセンター(千葉市中央区栄町24-7)

要申し込み・参加費無料

申し込みは、mail@wican.org までご連絡ください。


とのことです。
他にも11月24日(月・祝日)には会田誠さんといっしょにダンボールのオブジェを作るワークショップもあり、この期間だけでも千葉に住みたくなるイベントです。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : イベント ワークショップ チバトリ アート トリエンナーレ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/132-720e03fb

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。