社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<2008年11月に読んだ本、いったとこ  | ホーム | 真木悠介さんの講演@横浜トリエンナーレ >>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

国立ハンセン病療養所多摩全生園にいきました 

2008.12.02 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩全生園 入口

先週、ハンセン病関係の本を2冊紹介させていただきました

すべては多摩全生園に行く準備でした。11月30日に行きました。
国立療養所多摩全生園は国内に13箇所あるハンセン病の療養所です。

戦前の旧癩予防法や、1996年に廃止されたらい予防法によって収容された元患者の方が今でも住んでいらっしゃいます。入居者は306人、平均年齢は80歳だそうです。
敷地面積は35ha。東村山からバスで20分ほどにあります。
ものすごく紅葉がきれいでした。


国立療養所多摩全生園は公立の療養所としては日本初のハンセン病の療養所で、明治42年に開かれました。
それ以前にハンセン病の治療を行っていたキリスト教の宣教師や修道院に代わるものとして建てられました。
公立の療養所はハンセン病患者の隔離と、優生学に基づいた、乱暴な言い方をするとハンセン病の患者の血脈の撲滅計画に利用されました。
この法律自体が廃止されたのは1996年のことです。

言うなれば日本の負の遺産です。
アウシュビッツほどには合理的に作られていませんが、らい予防法はナチスの断種法を元に成立、運用されたとしている人もいます。

日本の感染症についての法律の議論を感染症新法 論壇で見つけました。




多摩全生園



多摩全生園の中のらい予防法時代を物語る史跡は「隠れた史跡」として紹介されています。
多摩全生園 隠れた史跡


入り口に入ってすぐの樫の木にも逸話があります。
療養所の入所者は面会する人を入り口よりも前の樫の木までしか送れなかったのです。

多摩全生園 樫の木

ハンセン病の患者の方々の信仰を守るために建てられた宗教施設があります。
日蓮宗やカトリックや真言宗の寺院が隣り合わせに立ち並んでいます。
カトリックの礼拝堂は戦前に建てたとき三多摩一大きいといわれました。
多摩全生園 宗教施設

畑はいまでも使われています。
多摩全生園 畑

独身寮では8人の人が一部屋で生活していました。
布団がようやく並ぶほどの広さしかない上、押入れは50cmほどの広さしかなかったといいます。
写真は少年少女寮の跡地です。
今は使われなくなりガラスの割れた寮の中には布団や本が詰まれています。
多摩全生園 少年少女寮多摩全生園 少年少女寮 布団

近所の中学生が置いていったであろうマンガもありました。

多摩全生園 少年少女寮 マンガ


奥の方にお墓と納骨堂があります。
多摩全生園 お墓

戦前戦後を通じて、ハンセン病の患者は子孫を残してはいけないことになっていました。男性は断種手術、女性は堕胎が強制されていました。
堕胎手術を行った後、胎児を標本にすることもありました。
戦前戦後を通じて100人以上を標本にしていたといいます。
胎児のお墓もありました。
多摩全生園 胎児標本慰霊碑



ハンセン病資料館



多摩全生園に併設されている国立ハンセン病資料館では日本のハンセン病治療の歴史が展示されています。こちらは写真取れないことになっているので文書で許してください。

指がなくても使えるよう、柄が二つに分かれた食器の実物や、園内で通用していたお金の展示があります。

園内には大きな映写機も自前で備えてあります。
映画が楽しみだったという話ですが、本格的な機材をみると、入所されていた方が本当に

療養所に住む人の描かれた絵の展示もありました。
指が欠損した手に絵筆を持つ写真がありました。
欠けた人差し指を補うために包帯は人差し指中指薬指の三本分をおおうのでした。

中ではハンセン病療養所に住んでいらっしゃる人、あるいは社会復帰された方のインタビュー映像を見ることができます。20人以上の方が語られています。
療養所の生活やの待遇改善のための運動についてかなり詳しく語られています。

私もいくつか聞いたのですが、沖縄戦の混乱の中で子供が出産を迎えたため、堕胎せずに済んだという話を沖縄の療養所の方がされていたことが印象的でした。
ほかにもカトリックの影響の強い療養所では子供を持つことができたという話をされていた方あったということも聞きました。

ひとつの映像につき20分以上あるため少し長いのですが、共同生活の中でも一人ひとり全く違う思いを抱えられていたことが分かってとても印象的でした。



これからのために



一番初めにも書きましたが、現在多摩全生園の入所者の平均年齢は80歳とのことでした。
帰りに寮の中を窓から眺めていたのですが、これから先も介護の問題は出てくるなと思わされました。
トイレもすべて老人仕様になっていました。

いま入所された方が亡くなられたら多摩全生園がどうなるのか非常に疑問に思いました。
日本の負の遺産としてしっかり保存して言ってほしいというのが願いです。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 国立療養所 多摩 全生園 ハンセン病 隔離 強制収容所

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/146-647d9e58

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。