社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<『柿色のチマ裾の空は』  | ホーム | Flickrに掲載されたガザの虐殺を見て>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

生きていることが不思議になれる『現代詩文庫176 八木幹夫詩集』  

2009.01.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

八木幹夫詩集 (現代詩文庫)八木幹夫詩集 (現代詩文庫)
(2004/12)
八木 幹夫

商品詳細を見る


八木幹夫詩集 (現代詩文庫)』に収録された八木幹夫さんの詩は普通のことを普通に書いているはずの詩だと思うのです。
普通のことが、呼吸をした瞬間にユーモアを持ってしまう、という詩です。
例えば『葱』(ねぎ)のような詩はその一例です。



葱はもう永いこと
脇役を演じて久しい

朝の納豆
夜の湯豆腐
蕎麦の薬味
焼鳥の肉と肉のあいだ

葱一本で独立するべきときが来ているんだ

ねえ そうだろう

ねぎらいの言葉もきかず
葱はだまって
まっすぐに背筋をのばしたままだ
(土の奥深く白く長い根を隠して)


畑で生きている葱の「背筋」が思い浮かぶのですが、
語り手はどこにある葱に対して話しているのでしょうか

入れ込んでいるのは畑に生えているのではなく、いつも食べている「脇役」の葱に見えます。
近くへあるものに強く入れ込んでしまう視線がの中で葱に人格を持たせています。

このような葱に入れ込んでしまう視線が『草』というではキリギリスの親子の姿をとって生死の境目にたどり着いてしまいます。



草あそび草ころぶ先のきりぎりす

ものを食べるときには
しっかりと
よく噛みなさい
噛んでいるうちに
おまえの
顔も
足も
すっかり
草色になるようにね
そうすれば
だれにも見つからず
静かなくらしができるのよ

こどものキリギリスが
顔を上げると
すずしい風が吹いてきた

(かあさんがいない)

かあさんは
ぼくより
じょうずに食べたんだ

原っぱには
オヒシバ
メヒシバ
ペンペングサ
夕陽をともすエノコログサ

限りなく草色になれきりぎりす


自分より背のはるかに高い草に囲まれてこどもが突然一人になった眺めだけ。
おかあさんがどうしていなくなったのか、はかかれていません。
かかれる必要もありません。
『葱』にも『草』にも、前向きな言葉は一つもありませんが普通のことが普通に書かれているときに、生きていること自体が言葉になった八木幹夫さんのにはあるとおもいます。
『『八木幹夫詩集 (現代詩文庫)』』は、彼の2002年までに出版した詩集の詩の多くが入っています。
近刊は昨年出版された『夜が来るので』です。



インターネットで見つけた八木幹夫さんの詩の転載



のどが渇いた(ruri's blog)

八木幹夫『夜が来るまで』(1)
八木幹夫『夜が来るまで』(2)(詩はどこにあるか)
八木幹夫さんの詩(詩人が街にやってきた)
八木幹夫「白菜」(tomtomノpoem & theater)


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 書評 八木幹夫 詩集 現代詩文庫

コメント

トラックバックのお礼 

拙HPにトラックバックをありがとうございます。多彩な詩活動をされているのですね。

Re: トラックバックのお礼 

> 拙HPにトラックバックをありがとうございます。多彩な詩活動をされているのですね。

ありがとうございます。
ところどころうごきまわっています
よろしくおねがいします

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/165-50ef9565

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。