社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<自分を見つけてしまう色分けされた世界 書評『流砂による終身刑』  | ホーム | 3月21日は、荻窪で創作のワークショップを行います。>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

ムハマド・ユヌスさんの講演 

2009.03.16 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏が日本に来ていらしたようです。

404 Blog Not Foundで、アカデミーヒルズで行われた講演の語録が、同時に3月8日に神戸で行われた講演の要旨がYorozubampoにて公開されております。

グラミン銀行の貸し出し利率20%が複利計算でないことなど、グラミン銀行のしくみも語られています。

>>404 Blog Not Found『ムハマド・ユヌス語録』

>>Yorozubampo 『3月8日、ムハマド・ユヌス氏講演要旨』

>>一人ひとりの人に夢をくれる『貧困のない世界を創る』

私が銀行家になったのは、事故のたまものです(accidental banker)
と語りつつ、バングラデシュで一番税金を払っている企業体を運営するユヌス氏の二つの講演の内容を読んで思ったことは二つの温度差の違う視線でした。

つまり、
○経済を動かすシステムに対する冷たい視線

○人間に対する暖かい視線

でした。
この二つの視線が一つになることで、人のために資本主義のシステムを使うことができるのだと強く感じさせてくれるのでした。

例えば、経済のシステムに対する分析はこのよう形で
これまでのビジネス(conventional business)の目的は利益(profit)の最大化。社会ビジネス(social business)の目的は幸福(happiness)の最大化。あるいは苦痛(suffering)の最小化。


そして人間の「もし」への分析はこのような形で現れるのでした。
 15年前にグラミンに参加したある主婦は、生活のレベルがあがり、娘が学校へ行き、22、3歳になるのだが、その娘がいうには「わたし医者なんです」。なんということか。この主婦も医者になれたかもしれない。社会的チャンスが与えられなかっただけだったのだ。


人間への視線と、資本主義を学んだ実績が

貧困は人造物である。人が作ったものであれば、人が壊せないわけがない

という言葉を改めて生んでいるのだと感じさせられました。



ミッションの大きさと具体性



ユヌス氏の講演資料を見て思うのは、69歳の彼が立ち上げようとしている商品に対する要望の大きさでした。
Adidasとフォルクス・ワーゲンの例を取り上げてみます。

アディダスとの話し合いでは「靴をはかないで家を出る人はいない」というミッションで合意した。


フォルクスワーゲンのCEOと話した際には「村人のためのビークル」を考えて欲しいと要請した。エンジンを車体から外して潅漑用のポンプの動力となったり、雨期にはボートに取り付けられる。バングラデシュはそんなマルチパーパス車を求めているのだ。


前者の話からは、衛生面な改善のほかに、「靴を履く」ということ自体の表す社会的地位の象徴的な役割が感じられます。
また、後者の、エンジンを車体から外すという言葉の中には、ライト兄弟が飛行機のエンジンをつくるために自動車のエンジンを改造したという話が思い浮かびます。

でも、この言葉の大きさに可能性を感じてしまうのはこのミッションの中で、人の息吹が感じるからです。

そして、直接言葉にはいませんが、「ミッションを守ること」への細心さが感じられるのでした。

例えば、ダノンとのプロジェクトでも、「食べられる容器」をつくることを何度も口にしている個所には強くひきつけられます。

ユヌス氏は
社会ビジネスの目的(objective)は、具体的でなければならない。「利益」というのは十分具体的なものではない

とおっしゃっています。

いままでに無いものを作り出すためには、自分の力でそこで事業を行う目的とゴールをつくろうと改めて感じさせられました。

でもまずは私自身が、
女性に小さなお金を与えれば、全力でそれをうまく使う、そんな能力を持っているのだ。逆に男にお金を持たすと「今日」を楽しもうとするのだ。

Yorozubampo 『3月8日、ムハマド・ユヌス氏講演要旨』より

から脱却しないといけないなと強く感じました。

貧困のない世界を創る貧困のない世界を創る
(2008/10/24)
ムハマド・ユヌス

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

タグ : レポート ユヌス グラミン銀行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/185-1e8180b8

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。