社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<孤塔詩人、W.B.イェイツの詩を楽しむ午後~イェイツ? Yeats!  | ホーム | ムハマド・ユヌスさんの講演>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

自分を見つけてしまう色分けされた世界 書評『流砂による終身刑』 

2009.03.18 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

流砂による終身刑流砂による終身刑
(2008/08)
小川 三郎

商品詳細を見る


川上未映子さんが受賞した今年の中原中也賞の候補だった
小川三郎さんの詩集、『流砂による終身刑』の詩を読むと、自分の理解している世界の見え方に、りんごの切り口のような割れ目が見つかります。

短い詩の中で、色鮮やかな言葉がたくさんある分、その飾られている言葉の中に語り手がいるという状態がとても不思議になるのです

例えば『羽影音』という詩は、脳のうごき、特に見えないところで確かに動いている様子をうまく捉えているような気がします。

羽影音

午後
部屋の暗がりに
ビーズが降っている
いつの 午後だか
晴れて儚い季節の午後に
子供の色で
降り積もる
暗がりの方へ流れていく。

それを追って首を差し入れ
見えた眺めで
記憶をなくした。
ひそかなねじれに身を任せた。
一回
さらに半回
ねじれ
降るビーズに素顔をさらす。

青に赤に黄色に紫。
子供の色が降りやまない。
天井手前に浮かんだ顔は
白い光の点の集まり。
しかしピントが合わせられず
音に記憶が満たされ
埋もれ
やがて光は呼吸を止めて
子供の匂いに世界が染まると

大方見つめる必要もなく
死別した夢
走馬灯に
映るものは犬 大鷲、
家鴨 こおろぎ ギンヤンマ。
影絵を作った手を裏返せば
窓の外に 犬の鳴き声。
やんまが横切り家鴨が騒いで
追い掛けたのは私の裏声
季節がひとつずれている。
寝過ごしたのか眠り忘れか
体はもう
鳴り止んだのか。


一番最後の連で「犬」や「家鴨」や「こおろぎ」や「ギンヤンマ」といった動物達の名前が出された後、それらの動物が動き回ります。

私はこれらのさまざまな言葉が、語り手の「大方見つめる必要もなく/死別した夢」なのだと想いましたが、人はいかに多くのものに囲まれてすごしているのでしょうか。

それ以上に一連目の「午後/部屋の暗がりに/ビーズが降っている/いつの 午後だか/晴れて儚い季節の午後に/子供の色で/降り積もる/暗がりの方へ流れていく。」
と描写される、恐らく「記憶」の作られ方の砂時計に砂が積もるような静けさ。

「子供の色」とされている青や赤や黄や紫の光は、今の自分の頭の中でちらついているような気にさせられます。

ほかにも、『風化石』という詩のフレーズ

獣にはみな角がある。
そのへん神によく似ている。
獣は柵の内側にいる。
そのへん私に
酷似している。


はどことなく宗教の一番根っこの部分をイメージさせてくれますし、

『銀水録』の中で「美しい模様、形、色、/じわり染み出る感情、平和、濃淡、真偽、/金属質なら何でも映せる。」という会話を表す以下のようなフレーズを見ると私は人の心まで見えるような気がしてしまいます。

液体金属で出来ていた私たちの会話
流し込み ろ過しあい
伝達しあった私たちの言語。
それは常温から生まれ熱を遡り
なんとも知れぬ空へと気化した。
夜を抜けるための唯一の道具。
私たちは常に言葉を傷め続け
その輪郭を更新した。
美しい模様、形、色、
じわり染み出る感情、平和、濃淡、真偽、
金属質なら何でも映せる。
私たちは交互に分割され連続し
螺旋を思いついたのはあなただ。
肉体は私たちの意図を理解した。
そして凝結
述語が剥がれ落ち肌があらわになったあなたの匂いに
胸は形を失念した。



この詩集の中の詩のタイトルのほとんどが、
多分詩人本人が作った言葉、とくに画数の多い漢字で埋め尽くされていることも
詩がつくる世界の不安定さを形作っているような気がします。

そして、この色や物体の名前ではっきりと区分けされている世界の中に、ときどき私自身も住んでいると思えるのが不思議な詩集です。

>> 『流砂による終身刑



『流砂による終身刑』を取り上げたほかのブログ



>> 詩はどこにあるか

>> ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

>> ポエトリーカフェ武甲書店 お薦めの一冊


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評 流砂による終身刑 小川三郎

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/186-21ad942c

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。