社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<2月24日はジャズをバックでマイクを使えます@渋谷  | ホーム | 名刺を作るというお話をみんなでする不思議>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

ジャックとその主人そ吉祥寺シアターに見る 

2008.02.22 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

二回目に出会ったときも前と同じ話をしていいとを知るまで、僕は二十年ほどかかってしまった。
ケーキと酒、または照明の明るさで同じ話をしているはずなのに、
相手の答えが変わっていく。もう聞いたよと思ってるかなと不安に思っているのだけど
本当にその話は新しいのかもしれないと思い出す。そして、実は違う話をしているはずなのに
気付くとオチは同じ「女ってわかんねー」になる。
恐らくベートーベン当たりに言わせれば同じ話をしていたのだろう。

吉祥寺シアターで「ジャックとその主人」を見た。

ミラン・クンデラ本人が自分の作品だと認めている唯一の戯曲で、かつ日本で初演になる。

とりあえず先に。まだ空席があるようなので、吉祥寺シアターに問い合わせると吉。内田有紀がかわいいです。

舞台は近世のフランスで、召使のジャックとその主人(主人には名前がないのです。)の二人が旅をしながら、それぞれの恋の話をしていくという趣向。
もっとも恋の話はどんどん別の方向に脱線していき新しい逸話を加えていき、
元になったのは17世紀の運命論者ジャックとその主人あらすじは関心空間から読める。

舞台の中に舞台があって、
その中でジャックと主人、そして宿屋の奥さんが過去の自分のアバンチュールについて演じるのだけども、
その「お芝居の中のお芝居」にジャックが入り込んでめちゃめちゃにしたり、「お芝居の中のお芝居」の人がお芝居の方に出ているのだけど、その人たちも結局「お芝居の中のお芝居」でしか活動しない。

しかも「お芝居の中のお芝居」に出る人たちは一人で何役もこなす。それぞれの恋愛は似たようなものになっているから、結局のところキャラの書き換えも必要なのだろうか。少なくとも恋される女については必要なく、同じ話が延々と繰り返される。

その中で、「ジャックとその主人は離れられない」であったり、ジャックの初恋の話が何度も何度も繰り返される。そしてそのそれぞれの繰り返し自体はつまらないのだけど、演出によって、また脱線した他の筋によって面白くしている。

原作自体は知っていたのだけど、お芝居にすると泣ける芝居になるのが驚きだった。

○大切なこととしては、内田有紀が恋される女役を三役勤めていて、三役ともあまり特徴のない役なのだけど、服がいろいろと変わっていって凄いかわいかったこと。


ジャックとその主人ジャックとその主人
(1996/05)
ミラン クンデラ

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : 観劇

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/19-24e62ec2

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。