社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<自分のからだで考えることの大切さ 『ひらがな思考術』  | ホーム | ナナオ・サカキ追悼オープンマイク@秩父>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

Reading-Lab@日本橋 

2009.05.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は日本橋コレドの上島珈琲店でReading-Labに行きました。
朝からたくさんの方がいらしていて、本当にすごいなと思いました。
さまざまな手配をされたnoriさん、おつかれさまでした。

Reading-Labはmixiのコミュニティから広がった本の発表会です。
1人1分半程度で本の紹介を行い、本や体験について話をする会です。

今回10人以上が参加されていて、私のテーブルには7人

皆さんが紹介されたのは、こちら。

090514 Reading-Lab

私以外の本をの名前を挙げていくと

君を幸せにする会社

経済ってそういうことだったのか会議

人生テスト―人を動かす4つの力

チーズはどこへ消えた?

自分の小さな「箱」から脱出する方法

そして、『2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!
(2001/08)
藤村 正宏

商品詳細を見る


こんかい出色だったのは、『2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!』を説明されたOさん。

実は本を持たずに参加されなかったのですが、本の内容をイメージさせる説明がとてもうまかったのです。

広報するときにはただ商品を売るのではなく、買い手に商品を持ったときのことをイメージしてもらうことが重要だそう。
たとえば、家の広告をするときは、家を見せるだけではなく、家に住んでいる人を見せること。
「家がいいな」よりも、その「家に住んでいる自分を好きになってもらうこと」のほうが売れ行きがよくなるそうです。

この話を聞いてわたしが思い出したのが、ある詩人の話。

ニューヨークでのこと。

「わたしは目が見えません」と書かれた板をぶら下げた乞食がいました。

詩人が乞食に近づいたその板に文字を書き足しました。

すると不思議なことにすれ違う人すれ違う人がお金を恵んでくれるようになったのです。

その板はこうかかれていました。

「春はまもなくやってきます。でも、私はそれを見ることができません。」


フランスの詩人、アンドレ=ブルトンの有名な逸話だそうです。



今回わたしが紹介した本は、ブルトンの友人でチリの国民的詩人にして英雄、パブロ=ネルーダの詩集です。

ネルーダ詩集 (海外詩文庫)ネルーダ詩集 (海外詩文庫)
(2004/07)
パブロ ネルーダ

商品詳細を見る


1971年にノーベル賞を受賞。映画『イル・ポスティーノ』でも重要人物として出ています。

20代で世界的な詩人となり、1973年にアメリカが主導したチリのクーデターにより殺されるまでの間多くの詩を書き続けた詩人です。

チェ・ゲバラがゲリラ戦のなかで兵士に読み聞かせた詩人でもあります。

今回は、20代の名作『20の愛の詩と1つの絶望の歌』から一遍紹介しました

黙っているときのおまえが好きだ うつろなようすで
遠くで おれに耳を傾けているのに おれの声はおまえに届かない
おまえの目はどこかに飛び去ってしまったかのようだ
一度のくちづけが おまえの口を閉じさせてしまうかのようだ

あらゆるものはおれの魂でみちているので
いろんなものからおまえは浮かびでてくる おれの魂でみちて
夢の蝶よ おまえはおれの魂に似ている

黙っているときのおまえが好きだ ひっそりしていて
嘆いているようで 甘くささやく蝶よ
遠くでおれに耳を傾けているのに 俺の声はおまえに聞こえない
おまえの沈黙で おれをだまらせてくれないか
おれも ランプのように明るく 指輪のように素朴な
おまえの沈黙で おまえに話しかけさせてくれないか
おまえは星をちりばめた静かな夜のようだ
おまえの沈黙は はるか遠くにある素朴な星のものだ

黙っているときのおまえが好きだ うつろなようすで
息絶えたかのように かなたにいて いたいたしくて
そんなときは ひとうのことばと微笑みだけでいい
するとおれは楽しくなる 楽しくなくても楽しくなる


パブロ・ネルーダ『20の愛の詩と1つの絶望の歌』より『15』


ネルーダは本当にすばらしくて、こういう愛の詩だけではなく政治の詩や、自伝的な詩、はてにはスプーンやトマトを讃える詩まで本当にいい詩がたくさんあります。
もうひとつくらい短いものを紹介したくなります。たとえば『トマトへのオード』

トマトへのオード

通りは
トマトであふれていた

真昼
光が
トマトを
半分半分に
裂いたので
果汁が
街中に
流れていた
十二月には
トマトは
解放されて
台所に
侵入してくる
昼食用の食器に入り込んだり
食器戸棚にすわったりして
くつろいでいる
コップや
バターや
青い塩壷のあいだで
トマトには
トマトらしい輝きがあり
のどかな威厳を備えている
あいにくなことに わたしたちは
トマトを暗殺しなければならない
その生きている果肉に
包丁は沈む
それは赤い
内臓
みずみずしく
深みがあり
スタミナ十分の
チリの
太陽が
サラダにあふれている
うれしそうに
色白の玉ねぎと結婚する
それを祝福するために
オリーブの木の
大切な息子の
オイルが
半開きの半球体のうえに
落ちてくる
こしょうは
かおりを
塩は
滋味を
そえる
日中の
結婚式である
パセリは
いくつもの小旗を
かかげ
じゃがいもは
勢いよく
煮立っていて
焼肉の
匂いは
ドアをノックしている
さあ 時間だ
さあ 行こう
そして テーブルの上で
夏を征服している
トマトは
地上の天体
つぎつぎにあらわれる
多産な星は
その渦巻と
その導管を
わたしたちに示している
骨もなく
甲羅もなく
鱗も棘もない
豊富な収穫物は
炎のような色彩と
みずみずしさのすべてを
わたしたちに届けてくれる


今日はありがとうございました。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

タグ : レポート Reading-Lab

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/226-504f1175

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。