社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<動物イラストの描き方と英単語を一緒に学べる! How to Draw | Learn to Draw  | ホーム | 題詠マラソンようやく5つ目>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

とても遠くにいるとなりの人を感じる 四元康祐『妻の右舷』 

2009.05.26 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

妻の右舷妻の右舷
(2006/03)
四元 康祐

商品詳細を見る


四元康祐さんの詩集『妻の右舷』の詩で描かれる「妻」はとても大きな時間を抱えていています。
描かれる「妻」という人は、30年近くにわたり詩の語り手と生活を同じくした人です。
夫婦の間の溝が深いということは知っているのです。ただ、その溝の深さの測り方をまがりにも教えてくれるのが、四元さんの詩でした。

たとえば、手という作品を取り上げてみます。



昼間あんなにも冷たかった妻の手が
燃えるようにいまは熱い

眠っていても
からだは烈しく目覚めている
分かろうと欲している

握ると
指はかすかに握りかえす

涸れかけた井戸
石を照らす
月と炎

限りない慰めにみちた
星の掟

なにひとつ残さなかった
無言の祝福のうちに
すべてを捧げた

離すと、
枝を離れた花のように
そっとひらいて
横たわる

眠りから眠りへ
ひとりきりの旅をする密使の


この詩の一番で注目したいのは、手をあらわす比ゆの豊かさです

一つ目は握っている手を感じる
「涸れかけた井戸/石を照らす/月と炎」

もうひとつは離れた後で見守られている手の
「枝を離れた花のように/そっとひらいて/横たわる」

この二つの比ゆのポイントは、「妻」の「手」そのものをあらわしている言葉ではないということ。
「妻」の「手」から受け取った語り手の感想がそのまま出ているということです。

「手」そのものは語りえないということ。さらにいうと「妻」という人を外からでしか語りえないことが、この詩の中で想像力を膨らませています。

「眠りから眠りへ/ひとりきりの旅をする密使の//手」

という行であらわされる「手」もどこか知らない「手」です。

この詩を読んで、わたしはコミュニケーションというものが、実はそれぞれの知らないままにそれぞれの心の中でいくつもの会話が行なわれているように見えてきます。




家族から離れた詩として気になったのは『ジュピターとアンティオペ』。

なにを探しているのか
すみずみまで知りつくした地形で
おなじ窪みになんどもくりかえし辿りついて

老人とぼくの
親子の犬のような欲望が
尻を向け合ったままゆき暮れている


ギリシャ神話の絵画からきたこの詩で、アンティオペをみるジュピター(ゼウス)の視線と、その絵を見る自分の視線の交錯が緊張しています。



アンティオペについては、西洋絵画情報満載サイトの、アンティオペの項目をご覧ください。




作者の四元さんは、ミュンヘン在住の詩人。MBAを取得されて海外で仕事をされていたました。
いまは仕事をやめられて世界中の詩のフェスティバルを駆け回られています。
ヨーロッパの詩の国際的な紹介サイト、Poetry Internationalの日本の理事を勤められ、詩の商人として、詩の翻訳のディレクションなどをされている方。

6月2日に京橋のギャラリーユマニテにて朗読されます

四元康祐さんの朗読会の情報

日時:6月2日 18:30 開場 19:00-開演(約1時間)
場所:ギャラリー東京ユマニテ
中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

入場料:予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)
*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。


です。ご一緒してくださるとうれしいです。



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評 四元康祐

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/231-8efe1f6b

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。