社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<Reading-Lab@飯田橋、略してリーだばしに行ってきました。  | ホーム | マインドマップをかいて成長した自分>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

信じることを書ききっている八木重吉のオリジナリティ 

2009.06.11 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

八木重吉全詩集〈1〉 (ちくま文庫)八木重吉全詩集〈1〉 (ちくま文庫)
(1988/08)
八木 重吉

商品詳細を見る


八木重吉の詩を読みました。

明治31年に生まれ、昭和2年に30歳の若さで亡くなった八木重吉は、死後20年近くたってから小林秀雄に見い出されました。
キリスト教の信仰に貫かれた彼の詩を源として今でも多くのポエムが生まれています。
(彼のことを知っているかどうかを問わず)

今回初めて八木重吉の詩を読んで思ったことは、その詩が書ききられているということでした。
書ききられているということは、彼の書く詩が<身体の表現>となっているということです。

例えば、『こどもが病む』という作品は、たった5行だけなのに彼の詩を説明するのに十分な存在があります。
こどもが病む

こどもが せきをする
このせきを癒そうとおもうだけになる
じぶんの顔が
巨(おお)きな顔になったような気がして
こどもの上に掩(おお)いかぶさろうとする


こどもの病を心配する親の顔が「巨きくなる」という様態、
そしてその顔を直接「掩いかぶ」せようという行動。
この両方を書ききって、はじめてこの詩は詩としての緊張感を保っています。

一つ一つの変化に一つ一つの結果をきちんと持たせる作業を、八木重吉はきちんと行っています。

変化と行動の対応性を整理と言っていいのなら、彼の詩は非常に整理されてクリアな光景を生み出します。

他にも、『花と空と祈り』という彼の遺稿集の無題の詩

うたうときは
太い感情のなみに
えんえんともえながらはしりたい
よろこびのときは
桃のひとつの花が
ひとつのはなのみになりきってさくように
かなしみのときは
柿の色づいた葉が落ちていく
そのみちみちたしずけさを
わたしのしずけさとしてうたいたい


この短い詩も、「うたうとき」「よろこびのとき」「かなしみのとき」の三つの時間それぞれに。きちんと「うた」いかたを交えています。
そして、一番最後の行を「うたいたい」と言い切ることで詩としての強さを強めています。

八木重吉の死後、日本はたくさんの、そして無意識の彼のフォロワーを生み出してきました。

しかし、誠実さが文体に現れていて、かつその言葉が生み出すイメージが透徹している点で八木重吉の詩は他のほとんどの人の詩と段違いの輝きがあります。

もっと読まれるべきで、そして自分自身の言葉の使い方を見直したくなる強さを持っているとおもいました。

八木重吉の詩集『秋の瞳』、『貧しき信徒』は青空文庫で読むことができます。

ぜひお楽しみください。



こちらも一緒に読んでくださるとうれしいです

>> 書くことと認められること 書評:塔和子『いのちと愛の詩集』

>> 自分のからだで考えることの大切さ 『ひらがな思考術』


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 書評 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 八木重吉 詩集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/241-f0467f3b

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。