社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<笑顔をもらう  | ホーム | 信じることを書ききっている八木重吉のオリジナリティ>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

Reading-Lab@飯田橋、略してリーだばしに行ってきました。 

2009.06.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は飯田橋のPRONTOで行われたReading-Lab@飯田橋、略してリーだばしに行ってきました。

この日の参加者は8人。
Reading-Lab(以下リーラボ)は本の紹介をする会です。

>>Reading-Labコミュニティ

もちよってきた本を元に1人につき1分半程度のプレゼンを行い、フリートークを5分間。
今日は私のミスでみなさん5分程度話していただいてしまいました。
これについては後述しますが、本の内容に深く入り込めて楽しい会になりました。




今回紹介された本は、
勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー
やれば得する!ビジネス発想家事 (オトナビ・ブックス)
白洲正子自伝 (新潮文庫)
光と影の法則
生年月日の暗号
信じるものは救われない
嫉妬の世界史
夜と霧

でした。

また、ジョン・ウッドさんが作られたNPO法人で、発展途上国で学校建設や教育環境の整備に取り組むNPO「ルーム・トゥ・リード」への募金も行われました。

主催の岡さん、ありがとうございました。

この続きで、今日みなさんが紹介された本を一冊ずつ見ていきたいと思います



勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー』は、対談本。経済学の初心者用に注釈がたくさんついているのが特徴。
田原総一郎との対談で、田原さんが勝間さんにどうやったら売れるかを聞いたという話をききました。
勝間さんの本は注釈をたくさんつけることで初心者でも読みやすくなっているということ。
注釈にはその人の言葉の定義があるので、注釈がついていたら見ておこうとおもいました。

勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー
(2009/04/14)
勝間 和代

商品詳細を見る





やれば得する!ビジネス発想家事 』は家事のすすめ。
「リストラ」や「在庫管理」といったビジネスの考え方を家事に取り入れることで、家事に苦手意識をもっている方に家事にふれてもらうためのきっかけとしています。

参加された方で話題なったのは、タオルをスポーツタオルにすることで収納場所を確保するという技。
女性なら絶対に考え付かないという意見が出ましたが、この本の著者も女性という不思議。

やれば得する!ビジネス発想家事 (オトナビ・ブックス)やれば得する!ビジネス発想家事 (オトナビ・ブックス)
(2009/05/13)
ももせいづみ

商品詳細を見る





白洲正子自伝 』はここでは説明し切れません。いつか読もうと思っていた本が紹介されたると、読みたいという意欲が高まります。
ちなみに白州正子と麻生首相は遠縁にあたります。

白洲正子自伝 (新潮文庫)白洲正子自伝 (新潮文庫)
(1999/09)
白洲 正子

商品詳細を見る





『光と影の法則』は、心屋仁之助さん(本名を知りたいです)の本。人の心の光と影にスポットを当てていらっしゃって、問題を解決するには自分が変わる事ということでした。

光と影の法則光と影の法則
(2009/03/24)
心屋仁之助

商品詳細を見る





生年月日の暗号 』は生年月日と統計によってその人の性格を語る本。性格には「人柄重視」と「結果重視」と「直感重視」の三つがあり、その配分方法によって性格がわかるそう。私は「結果重視」型でした。

「占いではなく統計の本」と強調されていたけど、占いをする人はその人が出会うお客さんの中でだんだんと自分のカラダの中に生年月日による統計ができていくのではないかなと、逆におもいました。

性格分析が配分というのはやっぱり面白いなと思いました。

生年月日の暗号 (PHP文庫)生年月日の暗号 (PHP文庫)
(2009/02/03)
佐奈 由紀子

商品詳細を見る





信じるものは救われない』は人に期待をしすぎないことが大切という本だと思いました。

「期待をしすぎないということは相手の立場に立って人を見ること」とおっしゃっていた主催の岡さんのコメントが印象に残りました。
人が自分の言うことを理解してくれると思わずに、説明しすぎるほど説明することが大切と付け加えていて、自分も勉強しなければとおもいました。

信じるものは救われない信じるものは救われない
(2006/09)
内藤 誼人

商品詳細を見る





嫉妬の世界史 』では、経営者や偉人でも嫉妬の網に絡めとられていたことが紹介されました。
紹介してくださった岡さんの歴史とはマーケティングの一つとしてかかれたというお話に非常に納得しました。

嫉妬の世界史 (新潮新書)嫉妬の世界史 (新潮新書)
(2004/11)
山内 昌之

商品詳細を見る




私は『夜と霧』を持っていきました。
ユダヤ人の精神医、V.E.フランクル博士によるナチスの収容所の手記です。
どんなに厳しい状況でも、自分自身がひとつひとつの出来事に対してとる態度は自分できめられるという心強くも悲しい本です。

大学時代に読んだときの本のページの折り方と今のページの折り方を比べて、自分が描写自体よりももっと内的な面へと興味が移ったことが驚きでした。


夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
(1985/01)
V.E.フランクル

商品詳細を見る






実は、今回、ファシリテーターでもないのに、タイムキープをしてしまったうえ、
タイムキープでミスをしてしまいました。

通常のリーラボでは本の紹介は1分半ほどで終わらせ、残りをフリートークという形式で話を進めていきます。
今回、私の判断でタイマーを5分に設定していました。
5分は本の紹介とフリートークを合わせただいたいの時間です。

1分半に紹介時間をきつく区切るよりも、話が自由にできるかなと考えたからなのですが、みなさんご自身が持ってきた本について熱く語られて、本の紹介だけで5分が過ぎてしまい、フリートークが十分できなかったかなとも思います。
すいませんでした。

でも、みなさんが紹介される本に対して強い印象を持ってらっしゃるのだなと感嘆すると同時にみなさんのトークがうまくてうらやましくなりました。
主催の岡さん、ありがとうございました。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自己啓発 - ジャンル : ビジネス

タグ : Reading-lab 書評

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/243-dec62827

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。