社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<ウイグルを知らないままにTwitterにのって動き回る理由  | ホーム | 高知県で詩のボクシングを見た。自分がまったく活動していないことを知った。>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

世界ウイグル会議のカーディう女史の会見を日本中に、世界中に伝えてください。 

2009.07.30 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ウイグル会議のカーディル女史が今月初めに中国新疆ウイグル自治区で起きた事件の真相について国際社会による調査が必要だと訴えていらっしゃいます。

Wikiによるとカーディル女史はウイグルで経済成長を収めた後、その財産をウイグル人の人権保護のために用い、逮捕され、亡命された方です。


佐々木正明さんが世界ウイグル会議のカーディル女史の会見をTwitterで中継してくださっています。

その上、イザ!の佐々木正明さんのページで発言のまとめをされています。

izasasakimaさんのTwitterとあわせてご覧ください。

そしてできたらリンクをみんなではって、カーディル女史の発言を伝えてほしいのです。

Twitterは、上に行くにしたがって新しい記事になるため、ページの一番下の「もっと読む」ボタンを押していただくと前の時間の発言を読むことができます。

カーディル女史はご家族を何年もの間監獄に入れられた上で、ウイグルの自治(独立ではない)を求める活動をされています。彼女が発言し続けることは彼女にとって家族を助けるための唯一の手段に近いものです。

そして、その真摯さは私たちにできることを考えさせてくれます。新聞記事よりもまとまっていない中継のほうが臨場感があって、自分のものとして事件を考えさせてくれます。




たとえば第二次世界大戦やスーダンで行われた虐殺に近い話も出ています。

私たちの情報では、無差別発砲が電気のない状態で行われた。一部の映像が流されています。まっくらな環境の中で、機関銃がなりっぱなしです。無差別発砲は4,5時間続きました。現場からウイグル人が消えました。次の朝には、きれいにかたづけられていました。

中国側の発表はいっさい信じていない。私たちの情報は、ウルムチから1万人以上の人たちが消えている。拘束されたのなら、どこにいるのか?ちゃんと明らかにしてほしい。中国政府は何も言ってくれないのです

中国が言っている死者の数は、誰1人ウイグル人は信じません。都合の良い情報だけを流している。死亡した人は、中国が言っている200人よりも何倍も多いのです。

ウルムチ市で競馬場があるのですが、ここに1000世帯のウイグル人が住んでいた。26日に掴んだ情報では、この地域はいま、10歳以上の男のウイグル人は誰もいないのです。ここにいけばわかるのです。





アイヌ語を消したり、太平洋戦争中に強制的な動因を中国や朝鮮にかけた日本のような話も中国の中から出てきます。

国際社会はわたしたちがやっている平和的なデモを決して見捨てないと思ったのです。だから、死を覚悟で彼らはデモに参加した。昔だと、ウイグル人の学校がありましたが、名目上の合併で、ウイグル語学校を廃止している。これは民族浄化を狙っているのです。


9.11以降の世界情勢で偽情報から被害を受けたという話も出てきます

欧米諸国にたいしては、彼らはテロリストだといってきた。それを悪用して、中国政府は弾圧を強化した。

今度は、世界ウイグル会議について、中国はテロリストだと呼んでいる。一生懸命悪者にしている。ウイグルの現状を世界にアピールしようとやっているからです。中国は現実を知らされるのはこわいからです。そんな現状があります。

アメリカ政府はとても冷たい。不思議で、失望感を感じています。中国は世界的な不況を利用して、外交を展開して、ウイグル人の弾圧をやっている。ただ、アメリカ政府はこのまま黙っているとは思えない





人民日報の記者に対しての回答は圧巻です。

人民日報の記者
7月5日の事件は臨場感がありますね。まるで現地にいるような感じですね。そういった情報はどうやってつかんでいるのですか?ウイグル自治区の生活の平和はなくなると訴えていますが、ラビアさんも一時はビジネスに成功されましたね。どう説明するのですか?
ウイグル人の平和な生活はなくなっているとラビアさんはいいましたが、ラビアさんはビジネスで成功されましたね。食い違いがあるのではないですか?


カーディル女史:
まず、この場で第一に言い争いはしたくありません。というのは、新華社は宣伝機関ですから、言い争いはしたくありません。7月5日に、世界各国のウイグル人が現場から情報を引き出しています。世界中のウイグル人の目が現場にそそがれました。

世界各国のウイグル人が電話で、現場の親戚から伝えられたのです。それから、現地が暗くなってから、市内の電気が消されて、無差別発砲が行われた。アメリカウイグル協会に、映像があります。真っ暗な状況で機関銃の音が鳴り響いたいたのは確認できます

6日、7日のことはBBCを含めて、国際的な報道機関が伝えていました。もう一つは事件当日に、現場にいて、その後にここ数日間のうちに出てきたカザフ、キルギスの商人たちが、ラジオフリーアジアに、自分の目で生の証言を伝えています。

私たちの聞いている証言をそのまま言えば、もっと悲惨な状況です。情報の裏をとったら、ちゃんと見せてあげますよ。


ここまでがたぶんテロの情報について。そしてここからがウイグルの現状。

カーディル女史:
私も当時、中国共産党のいうことをおとなしく聞いていたら、自治区の主席の地位まであがっていたかもしれません。当時は自由に経済活動を行って、金持ちになることは共産党は許していました。

ウイグル人の経済活動がうばわれていることは、アンタ(★通訳のママ)も知っているはずです。私も確かにお金を作ったのですが、民族のために当てました。そのことによって、ウイグル人の間で私の存在感が強まったのです

そのときに、一般の人々の中で、存在感が強まったことを共産党が気付いたのです。共産党は私を取り込もうとしたのです。私を政治の世界に呼んだのです。私は、当局の法律を守っていた。当時は、共産党を信じていた。できれば、この問題をなんとかしれくれると思っていた

本物の自治権を与えてくれると信じていました。一般の人間として、中央政府とウイグル人の間にやるべきことはすべてやりました。97年に虐殺が起きました。軍に発砲させて、数多くのウイグル人がいまでも行方不明のままです。そのときも反乱だとレッテルをはりました

国際社会にその虐殺のことを知らせようとしたから、私は監獄に行きました。87年までは、東トルキスタンで子どもが行う売春とか窃盗とかはなかったのです。そこから、状況が一変して、中国の内陸で、ウイグルの子どもたちが生きるために、犯罪に巻き込まれています

私たちの状況はそこまで深刻になったのです。いま、ウルムチにいってみてみてください。20年前には考えられなかったのですが、売春をする店はどこにでもあります。私たちの宗教は絶対にこういうことはゆるしません。

できることならね、一つの宣伝機関の人間ではなく、独立した報道陣として、ウイグルをまわって、本物の取材をして、どうなっているかを一冊の本にまとめてほしい。なぜ、弾圧をしなくてはいけないのか、共産党に聞いてください

なぜ、一方的に守ってきた町並みをこわすのか、何が悪かったのか、共産党政権に聞いてください。


町並みはカシュガルのことだといわれています。


これら、私が適当に引いた発言は一部でしかありません。

どうか、イザ!の佐々木正明さんのページでの発言のまとめと、izasasakimaさんのTwitterを見てください。

よろしくお願いします

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

タグ : カーディル ウイグル 人権

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/274-e64397a1

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。