社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<水の都柳川で日本っぽさをたくさん感じてきました  | ホーム | 博多 やよい軒>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

終戦記念日にみんなで手紙を書きました ~書くワークショップレポート~ 

2009.08.28 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

終戦記念日は毎週第3土曜日でした。
第3土曜日は書くワークショップ、ということでワークショップをしてきました。

今回のワークショップでは「手紙」を書きました。
参加者への手紙ではありません。

「失われたもの、失われようとしているもの」へむけて手紙を書いていただき、
そして、ほかの参加者のかたにお返事を書いていただきました。


江田島で見た特攻隊員の手紙のことが心に残ったからかもしれません
原爆詩181人集―1945~2007年』に掲載されている草野信子さんの『爪の先まで』というのことを考えたかもしれません。




ここで描かれる爪は、広島の平和祈念資料館に展示された爪。によると死んだ息子から「母親が剥いで/手のひらで抱いた爪」といいます。

爪の先まで、ではなく
爪を愛するしかなかった

恋することも知らないまま
死んでしまった少年

<爪>と表示されたので
爪とわかったものだった

『爪の先まで』より


このの中にでてくる「爪」は出征中の父親への形見として母親がとっておいた爪だといいます。
「爪」はこの家族にとっては在りし日の息子を偲ぶ手紙だったと思います。
「表示され」てようやく「爪とわかる」私たちにとっても8月6日に生きていた人が何を考え、何を行ったかを知る遠い過去からの手紙に見えます。

>> 原爆ドーム/広島平和記念資料館に展示された爪の写真





今回のワークショップのやり方
1. 失われたもの、失われようとしているものにむけて手紙を書く

2. 別の参加者に1.で書いた手紙を受け取ってもらう

3. 手紙を受け取った人は手紙をあて先人の代わりに手紙の返事を書く



この日の参加者は4人。少ない人数だったことも幸いしたのか
短い時間の中で文章の中から心をすくいとるために皆さん真剣にとりくんでいただけました

佐藤銀猫さん
白糸雅樹さん
あおい満月さん
そして私です。



銀猫さんから不破猫(ふわねこ)さんへのお手紙

今回このレポートで紹介するのは佐藤銀猫さんがさよならした猫さんに送られた手紙です。


●宛先~青空区みなみ町1-285 不破猫(ふわねこ)様


君が居なくなると聞いたとき
こころのなかが
サクサク霜柱でいっぱいになったよ
君が居なくなる
それはぼくには
ただ、ただ、怖い夢のようで
起きぬけの頬が
汗だか、涙だか、
かなしい海になっていたよ

君が居なくなったとき
ぼくは全部が無かったことにして
匂いも声も手触りも
知らん顔することに決めてみた
それから
それから
こうふくとかきれいなうたも
ワスレチャッタ。

時計も暦も進むのが早い
ぼくはもうすぐ大人になって
女の人を抱いて見たりするんだろう
それでね、
そのとききっと柔らかかったら
頑丈な鍵も壊れて
君のことを思い出すんだと予感する

そうして君が居なくなってから
初めて明るい海へ泳ぎだすんだ
きっと
きっと、ね。


(差出人~佐藤銀猫)



この佐藤銀猫さんが書いてくださったお手紙には返信が二通届きました。
不破猫(ふわねこ)さんから銀猫さんへのお返事

一通目のお返事を代筆してくださったのはあおい満月さんです

『大丈夫』

あたしはここにいるよ
いつも君の胸の奥に
あたしたちがもう
逢えなくなったとしても
声がきけなくなったとしても

大丈夫。
あたしはちゃんと
あなたの中に生きています
だからあなたは
あなたの足で
あなたの未来へ歩き出してね

さいごに一つだけ
たくさん泣いたあとには
たくさんたくさん笑うんだよ

じゃあね!



もうひとつのお返事を代筆してくださったのは白糸雅樹さんでした。
都合によりスペースの入れ方を変えています。

手紙ありがとう。わたしたちが会ってから、初めてのお手紙ね。ちゃんと届きました。
あなたがわたしを失って、忘れていた間も、わたしはあなたをずっと見ていました。ここでは時は止まっています。
でもそれは悲しいことではありません。時が止まっているから、わたしはあなたを一度も失わなかった。

あなたがわたしを思い出すと読んで、不思議ですね。うれしいはずなのに、すこしさびしい予感がするのです。あなたが大人になっても、女の人を抱いても、わたしのことを思い出しても、何があっても、わたしがあなたを失うことは無いのに。わたしが何かを失うことは、もうないのだから。

あなたには、しあわせになってほしい。その気持ちに偽りはありません。だから、あなたが、明るい海へ泳ぎだす日を待っています。その日が来たら、わたしはちょっぴり泣くでしょう。泣きながら、あなたを祝福するでしょう。
どうか、あせらずに、けれどもおそれずに、大人になってください。
わたしにはなれなかった、大人というものに。

        生きている時には知らなかった気持ち、
        愛、をこめて。
                                                 不破猫





みなさんからいただいた言葉

この日はワークショップを始めてから一番シンプルなワークでした。
みなさん真剣に取り組んでくださり、一つ一つの言葉が光り輝いていました。
うれしくなりました。

感想も温かい言葉をいただきました。
ここは瞬間の宝石箱
プラネタリウムな時間だね


自分では答えの出せなかったことについて意外な、そして感動を持って納得する返事()を書いてもらうことが出来、思わず本気で泣きました。


私も自分自身では考えなかった言葉をいただくことができ、思わず本気で泣きました。

次回もがんばろうと思いました。

この日書かれた他の作品は、『書くワークショップ 作品集』をご覧ください

今回は参加してくださった皆さんにテキストの入力をしていただきました。
一人だと滞ってしまう入力を助けてくださったおかげで非常に早く作品のアップロードが出来ました
ありがとうございました。






次回のワークショップは9月19日 (土)14:00-16:30です。
場所は天沼会議室
2Fの和室となります。

お問い合わせ、申し込みはmixiまたは、
お問い合わせフォームよりおねがいします。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書くワークショップ 手紙

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/286-a398b733

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。