社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<谷川俊太郎の33の質問  | ホーム | 3月20日にボランティアの公演をしました>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

言葉は効くもの 

2008.03.27 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉は聞くものではなく効くものだ、という言葉をマイミクのトモヤンから教わりました。

先々週の日曜に、高田馬場のBen's Cafeで毎月行われている朗読会にいきました。
今月こそはなるべく言葉をいいほうに捉えようと思ったら、
たくさん言葉を捉えることができました。
例えば

そこかしこと答えよう/愛の場所と問われたら

とか
生き物がいたら仲良くなれるかな

のという宇宙に対する問いの素直さとか
これは、マイミクの夏野雨さんの詩から。
光の中ではしるようにあなたを呼びに

これはたちまこさんの詩から。

A4のノート一面にたくさんのレトリックが書かれていくのを見て
私はこれらの言葉を何も考えずにいったときに捕まえただろうかと考えました。
答えは出ませんでした。

日本語の詩のなかで、ただひとつI Love Youと英語が出たとき、
この効果を考えてしまうことができるかどうかは、
言葉を捉えようとしない限りはできないはずでした。

ここで、恐らく何に対しても、「いいと思うもの」と「なんでもないと思うもの」の境界線は本当に自分の意志によるものだなと感じたました。

自分の意志が流さないようにしようと向うから流さないという意味で、身体が反応するんです。

言葉を認知するためには、自分の身体に言葉を受け入れられるようにしなければならないのだと日本語でもおもうのです。

英語や韓国語は、物心ついてから習ったものだから、
聞くときは意識的に注意深く身体で受け入れようとするのですが、
特に詩のように、普段使わない視野の広さで言葉を使うときは、
同じ言葉でも意識的に耳だけではなく身体で言葉を受け入れようと思います。
あと、契約書を交わすときは。

ビジネス文書でとても小さな「てにをは」を直すことに夢中になる上司が多いものだから、最近文語運動とかできるのですが、それだって管理職がそれだけ仕事を身体的に捉えようとしているからだと、今ふと思いました。

ということを書いたら、
トモヤンが言葉は聞くものではなく効くものだ、と教えてくれたのです。
信頼に応じて効きめを表す言葉達が詩的な瞬間には多く存在するのだなと思います。

----------
今、私には書かれているものの6割は分かりません、といっています。
その文字を肯定的に捉えるときにはどんな言葉でも身体に刺激として返ってくると思っているからです。
2割くらいは、刺激として自分の身体に入ってきたが面白くなくて、2割くらいは、刺激になる以前に面白いことが分かってるのだと思います。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/29-0e21262c

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。