社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<浦歌無子さんから詩集『耳のなかの湖』をいただきました!  | ホーム | 【速報版】10月3日4日にポエトリーカフェ武甲書店にて秩父オープンマイクフェスタを行いました>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

11回目の『書くワークショップ』では初めて参加される方の発想に驚かされました。 

2009.10.06 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

9月17日に書くワークショップを行いました。数えてみるともう今年に入って11回目のワークショップ。
小さいワークショップとはいえ、こうして積み重なると驚かされます。

私の行っているワークショップは『書くワークショップ』という名前の発想のワークショップ。
みんなで文章を書くことを通じて、おもいつくことの楽しさを共有しています。
その日集まった人たちで言葉を出しあい、詩や物語をつくることをしています。

今回の参加してくださった方のご紹介
今回のワークショップの参加者は6人。

10月3日に新詩集を出版された佐藤銀猫さん
>> 佐藤銀猫さんの作品集

初回からお世話になりっぱなしの白糸雅樹さん
>> 白糸雅樹さんの作品集

8月17日にライブをされたばかりのあおい満月さん
>> あおい満月さんの作品集

二回目の参加になる深森花苑さん
>> ブログ『掃き溜めに、一葉歌

今回初参加で、小説家を目指していらっしゃるというレモンティーさん

そして私です。

参加者のうち3人が20代。リピーター率が高く、そして新しい参加者もいらっしゃる。
しかも男子は私だけ。
こじんまりとしながらも、うきうきしながらワークショップを行うことができました。

ワークショップ:文字

今回はテーマは文字をテーマに作品を書きました。
参加者には「ひらがな」か「カタカナ」から一文字選んでいただき、選んだ文字について、たくさんの書き方をアレンジしてもらいました。
そして、アレンジした文字を使って、詩や文章を書きました。

毎回のワークショップで用いているマインドマップを紹介します。
書くワークショップ マインドマップ
送信者 090919 書くワークショップ





ひらがなやカタカナの新しい楽しい書き方

今回のワークショップのポイントは、参加者ひとりひとりがどのようにして楽しい文字を書いてくださるかでした。
そして、今回はみなさん本当に頑張ってくださいました。

これは、ひらがなの「す」をアレンジしていただいたもの。(作:白糸雅樹さん)
十字架のようにつながれた「す」がまた大きな「す」に見えてきます。




そしてこちらはカタカナの「テ」をアレンジしていただいたものです。(作:レモンティーさん)
送信者 090919 書くワークショップ


「テ」のアレンジは宮沢賢治の「丁丁丁丁丁」で始まる詩を思い出します。冒頭だけ紹介します。

     丁丁丁丁丁
     丁丁丁丁丁
 叩きつけられてゐる 丁
 叩きつけられてゐる 丁
藻でまっくらな 丁丁丁
塩の海  丁丁丁丁丁




>>宮沢賢治 『疾中』



今回でてきた作品たち

今回は6人の参加者ひとりひとりに一文字を割り当ててたくさんのアレンジをしていただきました。
そしてアレンジしていただいた文字に一文字につき、4人が作品を書いてくださいました。

今回紹介したいのは『ね』の作品。深森花苑さんがアレンジしてくださった文字から、多彩な作品が生まれました。


深森花苑さんは

二本の棒とその回りを飛び回る虫の軌道

富士山の電波塔。ふもとにはころがるタップ

メガホンに届かない人の声

ねっこから生えた大きな稲


という風に、「ね」の形についての鋭い考察。
どれがどの「ね」かイラストから探してみてください。
「ねっこから生えた大きな稲」はなかなか気づきませんでした。

これに対してあおい満月さんは

まるでパウル・クレーみたい
こんなに重なりあっているのに
どこにも接点がない
機械的でやわらかい
三角が好きなのね
どこへでも広がる
でもちゃんと終点を知っている
あなたとなら旅ができるわ
風に吹かれるはたのように
還るべき場所を知っているから


と「ね」の文字の丸さや、線の交わり方をテーマに、風のような筆遣い。


一番の驚かされたのはレモンティーさん。
この真ん中の緑と赤で書かれた記号がポイントです。

この記号は「ね」です。
「ね」の文字をさかさまにするとベッドになり、そして右下にくる丸は頭だと知ったとき、私は本当に驚きました。

作:レモンティー 「ね」

レモンティーさんはワークショップ初体験。
しかも創作作品をあまり外に出されたことのないとおっしゃっていたのです。
でも、この日の私の心を最も打った創造性でした。

この日作った作品集は、いつもの通り『書くワークショップ 作品集』で公開しています。あまりに多忙のため、まだ全てを入力できていませんが、他の作品も随時、入力していくので、お楽しみに
>>書くワークショップ 作品集より、「もじであそぶ」



今回の参考作品:三島慶子『おふろ』

最後に、今回のワークショップの参考作品のご紹介。
三島慶子さんの作品『おふろ』は「む」という立った一文字をポケットやコップ、おふろというような入れ物にしたかわいい詩です。
詩集『空とぶことば』に収められています。

おふろ 三島慶子

む はポケット
でんしゃのキップ
いちまい
いれてね

む はコップ
つめたいミルク
たっぷり
いれてね

む はバケツ
すなばのすな
どっさり
いれてね

む はおふろ
きょうのきもち
あたため
はいってね






次回のワークショップは10月17日!
次回のワークショップは10月17日 (土)14:00-16:30です。
場所はJR荻窪駅より徒歩8分の天沼会議室。
2Fの和室となります。

お問い合わせ、申し込みはmixiかこくちーずよりお願いします
初めて参加してくださる方、お待ちしております。
一人ふえると一人以上のだけ創作のタネができるので、とても楽しみです。

>> mixiの書くワークショップコミュニティ
>> こくちーずのお問い合わせフォーム

今回はありがとうございました。



最後に、深森花苑さんのブログエントリー『蜜柑』も散文の書き方について改めて考えさせられるものなので、ぜひ一度見てください。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書くワークショップ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/318-27af24ba

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。