社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<伝えるための書を習った、紫舟さんのワークショップ  | ホーム | 五十嵐倫子さんに詩集『ラベンダー海岸』の紹介をいただきました!>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

鈴木ユリイカさん編集の『Something』は世界の女性詩のカタログです 

2009.10.12 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

something9something9
(2009/06/22)
鈴木ユリイカ

商品詳細を見る



鈴木ユリイカさんが編集し長年発行されている『something』は世界の女性詩のカタログです。
従来の詩の雑誌と違い、多くの外国人からの
すでに発売されていたり、出版されている詩集の詩から優れた詩をアンソロジーしています。
年に一冊発行されているこのアンソロジーも今回で9冊目。本当にすごいしかいいようがありません。

最新号に掲載されているのは年に何百冊も発売される全国の詩集から厳選された26人の詩とエッセイ。
さらに4人の詩と鈴木ユリイカさんの詩についてのエッセイを含んだ別冊の『Something blue』。
これであわせて1,000円というのはお得です。




冴えわたる詩のセレクト



『Something』で一番初めに注目していただきたいのはその詩のセレクトです。
生活を土台にした詩を多く鈴木ユリイカさんは選ばれます。
戦争や恋愛などさまざまな題材から選ばれた幅広いこの雑誌には必ずお気に入りの詩が見つかります。

今回紹介したいのは、入江由希子さんの詩『あさのひかりをあなたに』です。この詩誌ではじめて見つけた詩人です。
あさのひかりをあなたに 入江由希子

あなたは もう夜明けをみただろうか
だれにもとめられないままあけていく夜の涙が こぼれ
うすいそらが あおく あおくひろがっていく
かなしみのうえにも かなしみが
かさねられてしまうときにも
どうしようもなくたちふさがるさみしさや
うめようのないむなしさ いたみ
ひかりに背をむけ 耳をふさぎ
うずくまるときにも わすれないで
しんじることのできないときでも
わすれないで
やさしさのうえにも やさしさを
あいするよりも もっとあいされて
あなたに ふれていく
あなたが ふれていく
そのひかりのはしで
うまれつづける夜明けを わすれないで


多くひらがなを使っていらっしゃること。
「わすれないで」や「あなた」と「ふれていく」という助詞や改行を変えながら繰り返されるフレーズ。
そして「涙」「そら」「あお」「かなしみ」というひややかな温度と陰影をもった連なりにとても興味を惹かれます。

彼女の詩をインターネットで探したのですが、詩集を出版されていたりとかはない様子。一度知りたい詩人です。

壷坂輝代さんの詩も昨年発売された『Something 8』で知りました。
こちらも箸を通して世界を語るとてもいい詩集です。



海外の詩を読んだことはありますか?



普段日本では紹介されることのない、海外の詩の状況を知ることができることも『Something』の強さです。

今回は日本語と韓国語の双方で詩を書き、翻訳し発表されている韓成禮さんによる韓国の詩の紹介と、フランスのアンナ・デュボスクさんによる短編小説です。

特に韓成禮さんによるエッセイは、隣国の詩の状況を短いページ数で知ることができる、情報量のつまったエッセイです。

国語の科目で、詩の占める比重は約20%です。ですから詩が解らなければ、学歴社会である韓国では大学に入ることができません。

とのこと。韓国は科挙の制度が今に生き残っているのでしょうか。

一般の人が詩集を買って読む社会であること。尹東柱に代表される植民地時代から続く社会変革を求める詩の歴史があることの紹介もあり、崔泳美さんのように詩だけを書いて生活できる方もいらっしゃるとのこと。

韓成禮さんご自身が訳された彼女の詩も本当に格があって必読です。
日本人の詩にも、また日本語で詩を書くアーサー・ビナードさんの詩にも見ることができない知性を感じさせてくれます。

ここでは『水子』という詩の前半を紹介します。
絵画を観るように提示されたイメージが一気に動き出し「かかとを地に降ろすこともできない」飛ぶものたちまで一直線に進みます。日本語の詩人としてもほんとうに優れた詩人です。

原色をひらひら踊らせ
絵を音楽としても流すマティスの絵画のように
東京の北の山奥、四万露天温泉
小さく白い虫たちがくねくねと川の水のように
斜めに飛びながら流れている
まるで蜉蝣のような飛ぶものたちは
地にふれることもできず
腰の辺りのどこかで消えてしまう
中途で切れる関係を廃棄して行くように
身悶えの中でも軽い
命をぜいぜいさせながら
地に降りてとどまってみようと覆うものもあるが
熱い地面に拒否され
かかとを地に降ろすこともできない




日本の女性詩を受け継ぐアンソロジー



『Something』に掲載されたさまざまな作品の中で、詩を愛する人にとってうれしいのは棚沢永子さんによるエッセイです。

彼女が連載しているエッセイは『現代詩ラ・メール』という80年代から90年代まで続いた詩の雑誌の周辺。
『ラ・メール』は新川和江さんと吉原幸子さんという二人の優れた詩人によってつくられた雑誌で、日本の女性詩を長くリードした雑誌です。

棚沢さんのエッセイではラ・メールや女性詩の歴史を記録する裏方仕事の大変さ。そしてさまざまな人間関係です。
白石かずこさんについて語られたこんな部分を見ると、1983年生まれの私はとても楽しくなります。

 白石さんはいつも目の覚めるような原色のミニスカート姿で、長身の若い恋人を連れて颯爽と会にやってくる。詩人たちのなかでもダントツに目立つカッコイイ存在だった。
 彼女のお宅には何度か原稿をもらいに言ったりしたが、いつも誰かしらお客さんが居て、恋人が作ってくれた薩摩汁をみんなで一緒にいただいたり、課と思うと「明日のお米もないのよ」と言いながら近所の中華料理屋に連れて行ってくれたりして、いろいろ可愛がってもらった。


 鈴木ユリイカさん自身も『ラ・メール』の新人賞によって今に続く詩の出版の世界に入られた方。『ラ・メール』も吉原幸子も亡くなった今、鈴木ユリイカさんは女性詩の歴史を彼女自身で刻むかのようです。
 日本だけでなく世界中の詩を見るに当たって、『Something』はおすすめです。もう、年に3度くらい出版して欲しい、とてもすぐれたアンソロジーです。




関連記事とリンク



>> 鈴木ユリイカさんのブログ『aoiuem's Blog』

>> 世界の女性詩は『something』から!

>> 歳をとることについて考えさせてくれる詩集 壷坂輝代『探り箸』

>> 韓成禮 『柿色のチマ裾の空は』

>> 『三十、宴は終わった』は自分の言葉を作るための教科書です。 崔泳美『三十、宴は終わった』


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : オススメ本!! - ジャンル : 本・雑誌

タグ : Something 女性詩 鈴木ユリイカ 韓成禮 入江由希子

コメント

 

最初の詩,「あおく あおく」ってところが何となく好きです.

白石かずこさんの「さまよえるエストニア人」という詩が
合唱曲になっていて,昔うたったことがあります.
ナチスのユダヤ迫害について考えさせられる内容でした.

相場詳しくないですけど,国内外の色んな詩人の詩が読めて1000円って
超お買い得なんじゃないですか?
僕も買ってみようかしらん.

Re: タイトルなし 

「さまよえるエストニア人」、今回はじめてふれました。
フライングダッチマンってやつですよね。
白石かずこさんはパフォーマンスを生で見たことがあります。
とてもかっこいいとおもったけど、80近いんですよね。パフォーマンスしているとき以外は歩くことも難しそうでした。
Youtubeにあったとおもいます。

詩集の相場としては安いとおもいます。同時に写真もきれいです。
なかみ検索もできるのでぜひ一度ごらんいただけたらと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/323-c4f033be

something9 

something9の書評のリンクです。

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。