社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<高岡修 『蛇』  | ホーム | あけましておめでとうございます。>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

「星の市」No.1 かほさんとせっちゃんの『さくらとことば展』 

2010.01.04 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

送信者 100103 星の市



今年初めての詩とのふれあいは飯能でした。

宮尾節子さんの朗読会があったからです。

朗読会が行われた絹甚は明治時代に建てられた古い絹織物のお店を保存した建物。
飯能駅から徒歩5分のとても印象的な場所です。
>> 絹甚

今回は、草木染の春田香歩さんと宮尾節子さんが企画したイベント「星の市」の一環として行われた朗読会です。

畑花菜(はた・はなな)さんのピアノと詩というコラボレーション。

畑さんは高校時代から積極的に作曲と演奏活動をしているピアニストで、彼女自身も非常な読書家さんのようでした。ラブクラフトの短編からインスパイアされた曲の演奏なども演奏してくださいました。

ピアノの演奏だけでも着てよかったと感じるくらい素晴らしかったです。

宮尾さんは『ドストエフスキーの青空』 』の作品「おみでらさん」や、この日草木染で染めてくださっていた詩の朗読もしてくださいました。

中でも印象的だったのは『アルハルクラ、すべてを』という詩です。
去年日本で展覧会が行われたアボリジニの画家、エミリー・ウングワレーの談話を題材にした詩です。



アルハルクラ、すべてを    宮尾節子


八十歳から絵を描き始めた
エミリー・ウングワレーというアボリジニの
おばあさん画家は

何を描いているのですか、と問われて
「アルハルクラ(故郷)」と答えた
「故郷の何を」と問われて
「すべてを」と答えた――

わたしはかつて激しい恋をした、あなたの
すべてを欲しいと胸に願った

しかし恋を焼き尽くして、時を経て――
今のわたしの胸には、あなたも、
欲しいも、ない

ただ、すべてが
ある

この果てしない荒野を瞬く間に駆けめぐり
大きな手のひらで覆い尽くす――

「すべてを」
この太陽の言葉一つを恋が残した





「すべてを」
という言葉で繰り返される一人の女性、一人の民族の歴史を自分の体験へと変換する彼女の力強い詩の最後、音量を上げた花菜さんのピアノが海のように広がって、とても印象的でした。
 宮尾さんのオリジナルの詩なのに対して、花菜さんも宮尾さんの詩とは全く違うオリジナルの曲を弾いていらっしゃったのだけど、二つの芸術が組み合わさることで全く新しい世界へ私を連れていってくれました。

『アルハルクラ、すべてを』など、最近の宮尾さんの詩は彼女のブログにあります。
よかったら探してみてください。

>> 宮尾節子さんのブログ 晴れときどき

ドストエフスキーの青空―宮尾節子詩集ドストエフスキーの青空―宮尾節子詩集
(2005/11)
宮尾 節子

商品詳細を見る






さて、店の中は草木染の布や服、ダンサーのNorikoさんによる躍動的な人のオブジェが飾られていて、古風な家が一軒の美術館に変身していました。

星の市 オブジェ
送信者 100103 星の市


星の市 草木染
送信者 100103 星の市



特に印象的だったのは草木染に彩られた宮尾さんの詩です。

たとえば『春のひらがな』という作品は桜の花びらをあしらった草木染の柄が背景にあしらっているのですが、その色が淡いにもかかわらず、まあるく詩をかこんで存在感をだしていて、桜に彩られる私たちの心をうまく映し出しています。

送信者 100103 星の市


短いので詩だけでも紹介させていただきます




春のひらがな 宮尾節子


さくらの
花びらには
ほんの少しだけ

さ ような らが
混じっている

さようならの
ことばの様にも

さ く らの
花が
ほんのり

ひらいている





絹甚では1/6~8日もイベントがあるそうです。私はとても残念なことにうかがえないのですが、建物だけでも見てくださるととてもうれしいです。
>> 絹甚




帰りは、Hさんのおうちに伺い、よだかいちぞうさんの作ったカレーを食べました。
たくさんのスパイス、ぶどうジュースで煮込んだ肉、トマト、豆乳、野菜をふんだんに使ったとても贅沢なカレーで、とてもおいしくいただきました。

正月から詩の話ができてとてもよかったなあとおもいました。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : 宮尾節子 星の市 畑花菜

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/371-c06cf2a7

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。