社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<1月16日に昨年編集させていただいた詩集の出版記念朗読会を行います!  | ホーム | ささやかだけど実り多い夜の勉強会>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

Reading-labで、自分ブランドのつくりかたを勉強してきました! 

2010.01.09 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は加藤健さんの主催する勉強会、Reading-labに行ってきました。

もう何度かこのブログでも紹介している勉強会です。
昨年はワークショップをおこなわせていただきました。

>> Reading-Lab@日本橋

>> Reading-labでワークショップをしてきました!

好きな本を持ち寄って紹介しあい、本をはじまりにして知識を共有する会です。
はなまるマーケットにも出演し、今では毎回多数の応募があります。

今回はビジネス本の作者を読んでコラボレーションをする会ということで、来てくださったのは立石剛さん。
本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方」の著者で、京都から来てくださったそう。

本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方
(2009/06/11)
立石 剛

商品詳細を見る



立石さんは京都で14年生命保険会社に勤めたあと、6年前に独立。
今は企業化支援の会社、ライフソリューションを経営されています。
4年前から自己ブランドプロデューサーという肩書きを名乗ってご自身のセミナーを始められたそう。
3回目のセミナーで100人の会場を一杯にしたという大人気の方です。

今回は、自分ブランドのつくりかたについて、理論と実例を交えてお話していただきました。
そして、大きなマインドマップに大きくサインをしていただきました。

100109 Reading-lab 立石剛さん
送信者 mindmap



この日記では理論のほうについて説明します。
実例は次回の日記で。



ブランド力があるということは愛されているってこと



「会社の名前や仕事を出さずに3分間自己紹介ができるかどうか」という言葉を本田直之さんの本で見たことがあります。

世の中では不思議な肩書きをつけたり、分厚い名刺を作る人がいます。
わたしもやりました

でも立石さんがおっしゃるブランディングとは名刺などの小手先の技術の話ではありませんでした。

自分にとって大事なことをもっと大切にすること


です。
つまり、ブランド力があるということは、

自分にとって大事なことを愛してもらっているということ

なのだということを学びました



自分の大事なことを愛してもらうには?



ブランドを構築するにはというお話もとても興味深い話でした。
それは、自分のブランドを信頼されること。

「○○さんは△△△」といわれるようになること。
その言われ方が自分の思われたいものや自分らしさを強調するものになっていることでした。

そのために重要なのは自分のブランドを伝えること。そして人から自分のブランドを信頼してもらうことだそう。
自分らしさに見合った仕事を頼まれ、成果を期待されること、そして期待にこたえることの繰り返しによって自分のブランド、つまり自分にとって大事なものを愛してもらえるようになるということでした。



大事なことってなんだろう



自分にとって大事なことは自分の中にあるものです。強み、と言い替えてもいいし、実際に強みって言われてます。
自分の強みを知るには

「自分の力を知ること」「自分らしさを知ること」



自分の力ってなんだろう



自分の力を知るには他の人の視点や過去に自分がやったことの振り返りと分析が頼りになります。

他者の視点をふりかえる

○人からどのように紹介されるかを思い出してください

○人からどんな仕事を頼まれるかを思い出してください

○5人くらいの人に自分がどんなヒトかを聞いてください


木曜に誠実な人といわれてとてもうれしく、また昨日は面食いといわれてかなりへこみました。みなさんはどうおもっているのかしら。

自分の過去をふりかえる

○自分の過去1年間の成功体験を思い出してください

○自分の過去一年間の失敗体験を思い出してください

○自分の過去一年間続けてきたことを思い出してください



この6項目全てが出たら、どうして紹介されるのか、または成功したかなど、理由を考えてください。




自分らしさを知ること



自分らしさを知るには、自分が飽きないことを知ることと価値観を知ることが頼りになります。これももちろんなぜ好きなのかを考えることが大切だとおもいました

自分が飽きないことを知るには

○1日やっても飽きないことを思い出してください

○時間を忘れてしまうことを思い出してください。何をやっていたら時間を忘れたかを思い出してください。

○たとえ利益がなくともやりたいことを思い出してください

○生まれ変わってもやりたいことを思い出してください

○あと半年しか生きられないとして、やりたいことを思い出してください


このお話を聞いて一番驚かされたのが立石さんのお話。
半年しか生きられなくとも、生まれ変わっても、自腹を切ってもセミナー講師をやりたいというのは尊敬しました。

そして自分の価値観を知るためのワークをやりました。

「努力」や「お金」といったたくさんの価値観を示す言葉から三つを選ぶというワークをしたのですが、ちょっといい方法を思いつきました。

この日記の最後に書いてあるので読んでくさるとうれしいです。

自分は



自分の大事なことをつたえること



ここまでである程度自分の大事なこと、大切にしているものと理由が見えてきたと思います。
次は、その大事なことを伝えることです。

伝えるときに守ることは以下の三つです

○伝えたい人に「ここまで!」といわれるくらいこだわること

○「ブログだけ」や「メルマガだけ」ではなく複数の手段を使って伝えること

○継続すること

です。特に一番大変なのは継続すること。プロフェッショナルといわれるためには9年間かかると聞いて、頭がくらくらしてしまいました。

続きは実例編で。




自分の価値観の見つけ方、の例



最後まで読んでいただきありがとうございましt。

立石さんのワークでは「倹約」や「向上」「努力」「自由」などの抽象的な言葉から自分の心にひっかかる言葉から選び出すという方法を教えていただきました。

でも、私はこのやり方が苦手です。なにせ言葉の一つひとつでアンテナで反応してしまうから。

そこで考えたのが、別の言葉に乗せて自分の価値観を探す方法。

これは、川口晴美さんの『ことばを深呼吸』で紹介していた詩の作り方です。

ことばを深呼吸ことばを深呼吸
(2009/05/16)
川口 晴美渡邊 十絲子

商品詳細を見る


『言葉を深呼吸』では詩の穴埋めという方法を提案されていました。

使う詩は谷川俊太郎さんの詩『生きる』
もとはこんな詩です。

生きる   谷川俊太郎




生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ

それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ


生きているということ
いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ


この詩からほとんどの名詞を抜いてみます。


生きる  ○○○○○




生きているということ
いま生きているということ
それは○○○○○○○ということ
○○○○が○○○○ということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
○○○○をすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ

それは○○○○○○
それは○○○○○○○
それは○○○○○○○○○○
それは○○○
それは○○○○

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた○を注意深く○○○こと

生きているということ
いま生きているということ
○○○ということ
○○○ということ
○○○ということ
○○ということ


生きているということ
いま生きているということ

いま遠くで○が○○○ということ
いま○○が○○○○○ということ
いまどこかで○○が○○○ということ
いまどこかで○○が○○○ということ
いま○○○○が○○○○○ということ

いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ

いま生きてるということ

○○は○○○○ということ
○○は○○○○ということ
○○○○○は○○ということ

人は○○○○ということ

あなたの○のぬくみ

いのちということ


この○をそれぞれ別の名詞で埋めていきます。文字数は関係ありません。
多すぎるときは、元の詩から引用して大丈夫です。

そして、題名の隣の○にはあなたの名前を入れてください。

たとえばこんな感じです。前半だけ。3分でやってます。

生きているということ
いま生きているということ
それは果てしないということ
一人きりの夜続くということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
酸素をつぎたすこと
あなたと指を結ぶこと

生きているということ
いま生きているということ

それはシュテファン・ツヴァイク
それはネルーダ
それは大學
それは
それはカサブランカ

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされたを注意深くひろうこと


長いからこのあたりで終わりです。

そして、それぞれの名詞について検討してみます。
ここで取り上げた人は全て詩人ばかりです。画家だと誰が入るのでしょう。

たとえばシュテファン・ツヴァイクは反戦主義、ネルーダはスペイン戦争を戦いチリでもグローバル企業による資源強奪と戦った詩人で外交官です。この二人からは私はやっぱり『自由』という言葉を読み取ります。

大學は堀口大學のことです。
雲はよく分からずに過去の日記を見直したのですが、広部英一さんの詩のようにも思えます。
いずれにしろ「叙情」とか「秋」という言葉が浮かびます。

カサブランカは、川田絢音さんの詩から。
彼女の詩は非常に感性が鋭く、つねに死を見すえています。

ここまでで、おそらく私の価値観は「自由」「叙情」「秋」「感性」「鋭さ」「死」ということになるのかなあと感じます。

1連目の「酸素をつぎたすこと」というのはTha Blue HerbのBoss the MCが亡くなった若いラッパーに歌った曲『Candle Chant』の歌詞からそのまんまいただきました。

旅立つモノよ、あなたは永遠に若い 時空をまたぎ、声も顔も何も変らない

最期にどんな光が見えて何を思ったかはオレにはまだわからない オレはまだ若い

失った時間の亡霊がいつも付きまとう 前へ進むために酸素と音をつぎ足そう

スピーカーとツイーターを未来の住み処と決めて街角に生きた証拠をふりまこう

知識が無意識にノート上に降りしきる 始まりの前に終わりがあるって説を信じる

真実には必ず続きがある 現実には分かれるのを覚悟の上でオレたちは出会う


泣ける曲なのでぜひきいてみてください。



なぜか一番最後の項が長くなりましたが、こういうやりかたもあるということで。
次回は実例を挙げながら、大事なことの伝え方についてうかがったことをかきたいと思います。

漸-ZEN-漸-ZEN-
(2001/01/24)
DJ KRUSHKukoo Da Baga Bonez

商品詳細を見る


今回運営してくださった、加藤さんとリーラボのメンバーたち、そして立石さん、ありがとうございました。



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : ビジネスブログ - ジャンル : ビジネス

タグ : 自分ブランド 立石剛 Reading-lab

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/375-edc2259c

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。