社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<死んだ、わたしと似ている歌人のこと  | ホーム | マルクス・アウレリウス『自省録』>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

詩の紹介をするメールマガジンを作りました。 

2010.01.16 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の立石剛さんのセミナーで、「複数のメディアを使って自分ブランドを伝える」ことの重要性を勉強しました。

というわけでメールマガジンを作りました。

ポエムコンシェルジュの選んだ一篇というメールマガジンです。

ポエムコンシェルジュが一篇のの世界にご招待します。宮沢賢治や中原中也といった教科書で読んだはもちろん、現代、短歌、こどものをご紹介。またに関連したイベントの紹介をいたします。


ということで、週刊での刊行としたのですが、日刊で発行できるよう今年はがんばっていきたいとおもいます。
登録してください。よかったらご登録ください。


>>ポエムコンシェルジュの選んだ一篇

立石さんのセミナーはこちらを読んでください。

>> Reading-labで、自分ブランドのつくりかたを勉強してきました!

>> Reading-labで、自分ブランドのつくりかたを勉強してきました!  実例編


続きでサンプル号を掲載しております。ご意見をいただけるとうれしいです。



サンプル号



----------------------------------------------------------


    ポエムコンシェルジュの選んだ一篇


------------------------------------------------サンプル号

----------------------------------------------

■〔1〕今回の一篇

■〔2〕今後行われる主なのイベント

■〔3〕編集後記

----------------------------------------------

----------------------------------------------
■〔1〕今回の一篇
----------------------------------------------

落とし箸 壷坂輝代



ふいに 手元がゆるんで
落ちていく箸
母よ
痛む腰を曲げて拾わなくてもいい
あわてて言い訳などしなくてもいい

幼い日
はじめて箸を握ったあの日
わたしが落とした箸を
何度も拾い上げ
エプロンで拭いて持たせてくれた
励ましの声のぬくもり

わたしの人生の箸使いは
あなたから受け継いだもの
母と娘の
絆を今こそ食してください
あなたが育んでくれた
私の五味で
寂しさを充たしてください

いま 何度でも
あなたの箸を拾って
こわばった手に持たせてあげる
わたしの心を添えて

----------------------------------------------
■今回の一編
----------------------------------------------

『箸』の使い方を題にして書いた連作の中のひとつです。
箸使いの乱れを通して語り手とその母の交流が語られます。

箸使いのマナーやタブーは27個もあるそう。見るだけでもかなり驚かされます。
http://wincube.weblogs.jp/wincube/2007/05/post_ec05.html

箸使いを通して語られる親子の絆は考えてみると、かなり普遍的なものです。
多くの人は育ての親からマナーを学びます。
年を取ってからも幼い頃に学んだマナーからは抜け出ることはできません。

このの語り手は母から箸使いを学びました。
きっと語り手に子供がいらしたら、語り手が子供に教えたのでしょう。
そして母はその育ての親から箸使いを学んだのでしょう。

ここで私達は箸使いひとつとっても自分の何代も前の育ての親をたどれるのではないかという事に気づかされます。
そういった仕草ひとつとっても、いつかそれは歴史になってしまうのではないでしょうか。

三連目の「わたしの人生の箸使いは/あなたから受け継いだもの/母と娘の/絆を今こそ食してください」
という言葉は人を生み育ててきた女性の歴史が語り手の意図と関係なく語られているような気がしてなりません。

そしてそれ以上に母と娘の絆を通して人の営みがいたわりに満ちているように思えるのです。


<このを収めた集はこちらから購入できます。>
集 探り箸
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4903393321.html

Something 8
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490210895X/

----------------------------------------------
▼ 作者について ▼
----------------------------------------------

壷坂さんは岡山県に住む50歳を超えた人だそう。
実は詳しく知らず、鈴木ユリイカさんのSomething8を通じて知ったため、よかったら教えてくださるとうれしいです。


------------------------------------------------------
■[2]今後行われる主な詩のイベント
------------------------------------------------------


○1月16日 合同出版記念朗読会 佐藤銀猫・石川厚志
場所:ポエトリーカフェ武甲書店(西武秩父駅徒歩5分)
昨年、出版された石川厚志さんの詩集『天使のいない場所』と
昨年、私の編集によって出版した佐藤銀猫さんの詩集『ラベンダー海岸』の
出版記念朗読会です。

詳しくはこちらをご覧ください
http://literturehardcore.blog51.fc2.com/blog-entry-376.html

○1月17日 吉読 ― 吉祥寺オープン・エア・マイク
場所:喫茶darcha(吉祥寺駅徒歩10分)

詳しくはこちらをご覧ください
http://blog.livedoor.jp/dadama2005/archives/51542152.html


○1月17日 はっとりんのポエトリー劇場
場所:Ben's Cafe(高田馬場駅徒歩5分)

1990年代から続く日本でもっとも歴史ある朗読会です。
http://benscafe.com/


○1月19日 NEKOMICHI NEW YEAR ROCK FESTIVAL
場所:無力無善寺(高円寺駅徒歩3分)

東京都内の朗読・ラップシーンに名をとどろかすノンジャンルの言葉のパフォーマー、猫道さんがプロデュースする新年のパフォーマンスのお祭りです。
朗読・ラップ・一人芝居・弾き語りなど、猫道さんが昨年一年プッシュし続けた多ジャンルの表現者によるお祭りです。

詳しくはこちらをご覧ください
http://blog.goo.ne.jp/kabukidamashii/e/e381ab9f4d4f1c9eb585eb2b2be50f7f

○2月6日 千葉詩亭 第弐回
場所:WiCANアートセンター(千葉駅徒歩7分)
Open16:00/Start17:00、300

千葉のアートの拠点となる場所をお借りしての飛び入り参加の朗読会です。
私と大島健夫さんが主催しております。

前回の様子はこちらをご覧ください
http://literturehardcore.blog51.fc2.com/blog-entry-363.html


----------------------------------------------
■[3]編集後記
----------------------------------------------


先輩のお父様と私の父がほぼ同時に入院することがありました。

先輩と私はたった一つしか年が違わないのに、先輩のお父様は私の父より10個も年上であることにも驚かされました。
先輩のお父様と私の父は明らかに老け方が違います。

それでも家族について先輩と語っていると、ほぼ同じ年月生きている息子の目から見た父への見方があまり変わらないことに驚かされます。

今回は子供から見た家族の老いを語った一編の詩を紹介させていただきました。
ありがとうございました。

----------------------------------------------
■奥付
----------------------------------------------
メールマガジン「ポエムコンシェルジュの選んだ一篇」
☆発行責任者:イダヅカマコト
☆公式サイト:http://literturehardcore.blog51.fc2.com/
☆問い合わせ:literture.hardcore☆gmail.com(☆をアットマークにかえてください)
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001086322.html


詩集の献本など、受け付けております。お気軽に問い合わせメールアドレスまでご連絡ください。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・ことば - ジャンル : 小説・文学

タグ : ポエムコンシェルジュ 紹介

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/381-62ca9126

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。