社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<千葉詩亭第弐回 ありがとうございました! レポートその1  | ホーム | マインドマップの勉強会をしてきました!>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

詩集を読むコミュを作るために蛮勇をふるいました。(mixi) 

2010.02.10 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

現代詩手帖の座談会などを読んでいて、共通の知識がない中で
詩の世界を語ることにどれほどの意味があるかわからなくなりました

また、白井明大さんが日記でこんなことを書いていらっしゃったことも詩について考え直そうとおもうきっかけでした。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1408434861&owner_id=440518

詩はそんなところにはない。
詩はただ、殺風景だと思っていた、じぶんの心のどっかにふいに湧いてくる。
それは、最初ことばのかたちをしてなくて、なんともいいようのない吹けば飛ぶような微かな兆しのもの。


そこで一つの詩集を読みとくことを複数回行うことを通じ、
詩について語ることをやりたいと思い、コミュニティを作りました。



「名もなき詩人の集まる会」(仮)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4831621

この会ではこんなことをやっていきたいと思います。

・定期的に集まります。場所は杉並区を想定していますが、時によっては首都圏を考えています。
・毎回、近現代の詩集を一冊取り上げます。
・一人か二人リポーターを立て、レジュメを用意してもらう。
・できる限り一人一回は発言していただけると嬉しく思っています。


できうる限りは口コミで広められたらと思っております。
後述でお詫び文を記しておりますが、私信を何通か送らせていただき
すでに参加してくださってる方もいらっしゃいます。ありがとうございます。

初回の活動をするまでは公開する予定ではなかったのですが、
わたくしの社交範囲に活発な詩の書き手が少なかったので
全体公開で書かせていただきました。



この会は「さまよえる歌人の会」の参加を通じて、考えたことです。

さまよえる歌人の会では若手の歌人が集まって
・毎回、現代短歌の歌集を一冊取り上げる。
・一人か二人リポーターを立て、レジュメを用意してもらう。
 (参加者は事前に歌集を読んでくるのが望ましいが、
 当日レジュメを見ただけでも参加できるようにする)

ということを行っています。要はおおいにパクっています。

さまよえる歌人の会では
春日井健や窪田空穂などの古典にちかい存在となってる方、
高野公彦さんといった大家。
それだけではなく、20代30代の方のデビュー歌集や
その年の短歌各誌の新人賞まで幅広く取り上げています。
時には、その月に取り上げられた歌集の作者自身が会に参加しプチ批評会のような様相を呈しています。
遠く名古屋や愛媛からも参戦される方もいます。



私はさまよえる歌人の会を通じて、何度か秀歌と秀歌性という言葉を耳にしてきました。
おぼろげな理解ながらも、秀歌の中に技術を超えた人の生があることを感じさせてもらっています。

同じようにして詩集を読み解くことを通じて、研究者ではなく、
たまたま詩の書き手になった方の側から詩について感じることができるものを示せるのかなと感じています。

さまよえる歌人の会の過去のレポートは西巻真さんのこちらを見ていただけるといいのかと思います
http://cocoatalk.blog94.fc2.com/blog-entry-558.html




とりあえずの目標として、

・定期的に開催する
(毎回の参加を求めるものではありません。いらっしゃれる時に来てください)
・毎回何かアウトプットを出す

を行いたいと思っております。
恰好はきつく見えますが、死ぬほどはきつくないといのってます。

形だけ承認制にしているので、よかったらご参加ください。
(メッセージなしでも承認します)

初回は3月上旬を予定しています。



<おわび>
初回の活動をするまでは公開する予定ではなかったのですが、
恣意的に人選するのもどうかと思い、全体公開にて掲載いたします。

これまでに何人かに私信させていただき、
参加していただいているのですが、ご容赦くださるとうれしいです。

ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/386-598c67f3

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。