社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<ブログコンテンツの一部を移転します。  | ホーム | 名古屋でマインドマップの効果を実感してきました。>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

ポエムコンシェルジュの選んだ一篇 第12号 荒川洋治 『スーラ、理解を』 

2010.05.14 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

荒川洋治詩集 (現代詩文庫 第 1期75)荒川洋治詩集 (現代詩文庫 第 1期75)
(1981/12)
荒川 洋治

商品詳細を見る


スーラ、理解を 荒川洋治




そばがき、というものを
はじめて食べた
「蕎麦粉を熱湯でかきこねたもの。
汁をつけて食う」
どうです、スーラ
日本はそばのうえにも
一面の
ためらい傷
烏黒の刀身は身をほそめ
いまや土の中で振られている
スーラ、理解を

「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
を見た、見ましたよ
一四年ぶりに
絵が大きくなっている、と
これはひとまずの印象
スーラにとっても一四年ぶり、の
わたしは
ジーンズという国民服を着せられ
消えたタバコの銘柄で
もくもくと感傷をささえ、上げ
持ちなおしては応戦する
二日前と、これ同じ微笑だ
よそうかと思うなんどもためらったぞスーラ
ことばをかき
こねるのは、だが

わが国の「日曜日の午後」は
男たちと、それときっと同数の女たちが
あたりをことごとく会場にして
ひたいを反らしあっている
「汁をつけて食う」
味わうためにむごいことも
どんどん記録にしているのだ
週末にはもろさが
数字にもでてきて
移ろいもひところのようには
できなくなった
つまり昏倒のついでに区画のひもを
ぷつぷつと切ってしまう
そのような東洋の意力は消えたということだ
スーラよ、理解を

大陸から砂興しのかぜが吹くと
待ちわびたものだからすぐに身を起こして
西の空を見やったりする
小田嶽夫が書きつぐ(「海」なんかで)
中国の妖異怪人譚のような出来栄えの伝承が
気軽に
乗合わせてこないかと首をしゅゆ、
浮かせてもみるのだが
わたしの眼の前は
日曜の唄をうたう歌い手がずるっと占めていて
つめたいひと山ができ
わたしもしばらくあとには、そのなかの木立ちだ
スーラの絵、実は
少し小さくなっているのかもしれないな
それを測り知るのはもはや
わたしと、それを描いたジョルジュ・スーラの
二人だけになってしまったが
思い描くことは、この先
時があるだけに誰にも可能だ

そば粉のついた手
かきこねられたひかりの固唾、これへ
昏倒をさそう高波は来るだろうか
そばがきはあとからあとから、歇まず
切れこんできて
箸をかくせばすべては精神的な眺めに
帰するだろう、と思わせる
火急なのだ
スーラ、
あしたにも理解を





▼ 今日のポエジー ▼




この詩でとりあげられているのは、スーラの絵、そして…そばがき。


>> グランド・ジャット島の日曜日の午後

スーラ点描の絵を見たことがある方は分かると思うのですが、
そこに描かれた傘を持つ貴婦人や明るい川からはどうやってもそばがきが結びつきません。

行を進むと中国の「妖異奇人譚」が飛び出してきます。

詩人の松下育男さんはブログで「重要なのはあくまでも、「連想」の行き着く先。その切実感と美しさに、すべてはかかっている。」と、おっしゃっています。


確かに「連想」の行き着く先は重要だと思います。
ただ、この詩のつくるゆるやかな流れは音によってできているのかなとも思うのです。

たとえば、それぞれの行の一番最後の音を見てください。
特にOの音やAの音で終わる部分で微妙につけられている変化が楽しいです。

Oの音を取り上げてみます。
二連目。
「『グランド・ジャット島の日曜日の午後』」「を見た、見ましたよ」「大きくなっている、と」「一四年ぶり、の」
という風に。Oで終わる音の前後にカギカッコ、「見た、見ました」という音の繰り返し、句読点というように
どれ一つとして同じような終わりがありません。

こういった部分でリズムを作って、連想を働かせているのだなと思います。
自由詩は改行がなければただの散文といいますが、
この詩は読む楽しさを感じさせてくれる詩だとおもいます。




▼ 作者について ▼




荒川洋治さんは福井県出身の詩人です。
26歳のときに刊行した詩集『水駅』で、H氏賞を受賞しています
数々の詩やエッセイ、評論を書いていらっしゃいますが、特筆したいのはそのプロデューサーとしての資質です。
荒川さんご自身が立ち上げた出版社『紫陽社』は、70年代から80年代にかけて活発な詩集の出版活動を行いました。

ここからは今も名のある現代詩の書き手の詩集をプロデュースされています。
その一番の例が井坂洋子さんと伊藤比呂美さん。
この二人は80年代の女性詩ブームの中心として活躍され、今も作品をかかれています。二人とも私の大好きな詩人です。

>> 涌井隆 荒川洋治の詩:『娼婦論』・『水駅』を中心に


荒川洋治詩集 (現代詩文庫 第 1期75)荒川洋治詩集 (現代詩文庫 第 1期75)
(1981/12)
荒川 洋治

商品詳細を見る


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : - ジャンル : 小説・文学

タグ : 荒川洋治 スーラ 点描

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/414-2c9efd05

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。