社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<佐々木正悟さんからやる気の使い方を聞いてきた  | ホーム | 6月21日 詩の朗読をします>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

秩父で、筋ジストロフィーの双子の作品を見たこと 

2008.06.23 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF0631.jpg


21日はライブを秩父でしました。
ライブの後で、オープンマイク形式の朗読会がありました。
朗読会のとき、渡辺遮莫次郎(サモジロウ)さんという絵本作家が
絵葉書に書かれている作品を読み上げられました。

小林裕莉さんと麻悠さんの作品です。
筋ジストロフィーのために、生まれたときからほぼ寝たきりの生活をしている双子の姉妹の詩と絵でした。
今年で20だそうでした。

足は動かず、わずかに動く手を使って、細い線を描き、色を塗っているということでした。
一枚の絵を作るために2週間3週間の集中を要するということでした。

彼女たちの絵は線から色がまったくはみ出ないのでした。
ある形の中にモノを入れようとする強い意思が絵の中にみなぎっていて
その集中の中で彼女達の緊張が分かるのでした。

鳥や人など動くものに比べて、さくらんぼや木などの動かないもののほうを描くのがうまいな、と思っていたのですが、多分それは彼女達の動くことに対する経験の少なさから来るのではないかと、今朝思い当たりました。

彼女達は自分の知っていることのなかで、自分に見せれることの全てを描いているのでした。
輪郭の線を虫ピンのようにして色を止めているのでした。
僕はその絵を見て、自分にはたしかにさわることのできないものがあるのだと知りました。

思わず会いたいと言って、彼女の絵についての感想を詩にして渡辺さんにわたしました。
感想ではなく説明で、やきもきしました。くやしくてくやしくてしょうがないのでした。彼女にいいたいことを言い切れないのが

渡辺さんは彼女達の絵本を出したいとおっしゃっているのですが、
私には絵本よりも作品展の方がいいと思いました。
でも本という形で作品が残るという誘惑は抑えきれないのだなと改めて思いました。

秩父にきてとてもよかったと思いました。
今日は、ちょうどボランティアの公演があります。
このお話をしようと思います。

障害がある子供のためのインターネットギャラリーの書道作品より
小林裕莉さんの作品はこちら

小林麻悠さんの作品はこちら

国際ロータリー第2790地区 木更津東ロータリークラブの週報に取り上げられた二人の詩


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自分を磨こう! - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/47-11d473a6

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。