社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

<<9月14日15日に詩のワークショップの司会をやります  | ホーム | 会田誠展「ワイはミヅマの岩鬼じゃーい!!」 に行ってきました>>

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

秋田県でいただいた秋田の詩集1 「北の詩手紙」 

2008.09.05 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

北の詩手紙 第一号
秋田で、秋田の集を2冊いただきました。

その内の一つは秋田県現代人賞や『と思想』新人賞の候補に挙がったこともある田口映さんが編集の「北の手紙」です。

「北の手紙」は、下は19歳から上は70歳以上の方が参加する同人誌で、秋田県出身の詩人で構成されています。今回はゲストとして、秋田県出身の詩人で『詩と思想』新人賞の候補でもあったフユナさんを迎えています。




先頭に掲載されている19歳の藤村美樹さんの「米研ぎ」で使われている擬音語とも擬態語ともつかない言葉にまず驚かされます。
「米櫃から米をしゃらんしゃらん 落とす」や、「水をまわすと米がポロンポロン コロンコロン鳴る/白濁したその水の中に 私は手を浸し/秋田へ想いを募らせる」の、川の中から貝を見つけるような手の動きも魅力的ですが、故郷を思う以下の一節は圧巻の一言でした。
じゃりじゃり 米をとぐ
下に沈んだ秋田米が見たくて 水をまわす
くるくる うっすらと水が白む
くるくる 米が見えてきた
くるくるくるくる 米がまわる
私の心も くるくるまわる

だんだん心は秋田へ向かい 米に抱かれて秋田に帰る


の中に秋田(あきたこまちを含みます)が9回も出て来ていることが弱点で、もしも秋田が3つになったときにどんな人がでてくるのだろうと今から楽しみになります。なんとなくPCでタイプしたかのような硬さがひらがなや漢字の選び方に出ているのが気になるけど、私だけだと思います。
米の小さな粒が水のにごりとともに広がって自分にまで届いてしまうのは普通の人では書けないイメージです。




この集の中で一番楽しめるのは田口映さんの「樹々のみどりに」と「クモノス」でしょう。

「樹々のみどりに」は以前の日記で紹介しましたが何度紹介しても尽きません。
「こえ」・「いのり」・「こども」・「手紙」・「河」という5つの部分からなりたつこのは一つ一つの部分が生きています。

例えば「いのり」の中の「祈るとは/折ること/いっぽんの緑を/折りとること」や「手紙」の中の「 (皮膚はいっしゅんで理解する//瞳を閉じ/葉裏に 指を走らせ」などという空をなぞるような筆の進み方が刺激的ですが、中でも「河」はたった13行で非常に大きな命を感じます。全部引用しても怒られないから引用します。

いっぽんの ブナの樹は
空へ走る いっぽんの河
血管に 吹き付ける風を聞き
太陽のくちづけを受けてきた
  (一枚の手のひらにも 一本の樹木が立っている

ブナの樹の いちまいの葉脈は
風に踊る ひとすじの水系
いのちの水脈に 耳を澄まそう
  (筋立ったいちまいの緑 指先になぞりながら




組曲のような「樹々のみどりに」に対して「クモノス」は一つのストーリーでできています。

クモノスは学校の迷い込んだ小鳥が校舎の天窓に入ったヒビです。
外に出そうと追いかける子供たちの前で、小鳥は一気に空に逃げ込もうとして天窓にぶつかり、落ちたのです。
子供たちの善意がそのまま死という結果に終わるドラマと窓に入ったヒビから入ってくる乱反射した光の対象がまぶしく照っています。

夏空には
放射状にヒビワレがはしった。
その小さなクモノスは
キラキラと陽射しを弾いて
時折 眩しさの裡に
パリン。という音と
小鳥の羽ばたきが聴こえた


このの、いかにも起承転結が作り物に見えてしまう構成は弱点で「視える物と視えないものとの狭間」は十分に追求した方がいいと思うのですが、「クモノス」の光の網に小鳥の命と死の瞬間がこのの中では確かに捉えられています。



の他にも参加者によるエッセイも掲載されており、この中では、死期の近いと思われる知人が突然ご自身の家にやってくるという白木絵里さんの「懐かしい」というエッセイに胸を衝かれます。

何年も何年も前から変わらぬ通りを車の中から見るM岡さんは、一つ一つ店や工場を見つけて、自分の記憶のままのの通りに「なつかしいなぁ」と呟きつづけます。死を前にした挨拶まわりの中で、M岡さんが自分で死期を選んでいるのではないかという白木さんの視線の暖かさを感じられます。

彼女の「木」という詩は「桜の木の下に埋まる死体」という文学的なら一度は見ている言葉にインスパイアされて作られた非常にシュールで演劇のような詩です。




なにぶん参加者の数7人と多く、年齢層も広い同人誌なので、2000文字くらい書きたくなる詩もあるのです。

それでも、秋田県内の詩のシーンを概観するに、「北の詩手紙」はかなりレベルの高い同人誌だと思います。
改めて編集をされた田口映さんはすばらしいなと思うしだいです。
価格は500円。
購入希望の方はコメントに書いていただければ連絡を取りたいと思います。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 詩・想 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 書評

コメント

No title 

毎晩、お米を研ぐけれど水の底に故郷があるんだ、ってすごく大事な「気づき」ですね。
「米に抱かれて秋田に帰る」ってなんかすごい原点!確かに、私にとってお米を研ぐのはなにか原点を研ぐ行為です。

はい!購入希望。

No title 

ありがとうございます。
くま出没さんに書いて気付いたのだけど
金銭のやり取りが生まれるから、

連絡先を、お教えすると言う方がいいのだなとおもいました
あとで、田口さんのメアド送りますね。

No title 

ここで書評を書かれていたのですね。
す、すげぇと思いながら感激して読みました。

「米研ぎ」について書かれた一節
<川の中から貝を見つけるような手の動きも魅力的

「貝を見つけるような」・・・批評のいいたとえですね。ほんとその通りだなと。
ぐっさん☆の、受け取ったものを、言葉で返してくれる姿勢に、感謝です。

No title 

きむてつさん>
きむてつさんの「ベタ手」には一つも触れていなかったということに思い出しました。

実はこの詩の本当に凄い部分は
一番最後の「半ばそれをうらみ、胸の内では納得して。」
が決まっていることでした。
ストーリーの中にきちんと組み込まれているからなのかなあと思いました。

読んでくださってありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://literturehardcore.blog51.fc2.com/tb.php/65-20ed692d

 | HOME | 

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。