社会分析脳を訓練する実践読書ブログ

勉強会の開催、参加・ビジネス書や人文書の読書を通じて、将来を見通す能力「社会分析脳」を鍛えていくブログです。

スポンサーサイト 

--.--.-- この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

一人ひとりの人に夢をくれる『貧困のない世界を創る』 

2009.02.01 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

貧困のない世界を創る貧困のない世界を創る
(2008/10/24)
ムハマド・ユヌス

商品詳細を見る


☆☆☆☆☆(時代は変わる)

2006年のノーベル賞受賞者、ムハマド・ユヌスさんの『貧困のない世界を創る』を開き、巻頭のアルバムを見ると、胸がわくわくします。

写真に写っているのは大人の女性ばかり。
そして、彼女たちがみんな笑顔でかっこいいのです。

この本は、どうやって彼女たちの笑顔が作られたかを教えてくれます。
彼女達はムハマド・ユヌスさんの開発したマイクロクレジットによる小口融資を行う「グラミン銀行」、携帯電話サービスの「グラミンフォン」、ヨーグルトのダノンと組んだ食糧供給の「グラミン・ダノン」に関わることによって貧困から脱し、または脱しつつある女性達。

貧困のない世界を創る』は、ビジネスのルールにのっとりながら、いかに人々を貧困から脱却させ、更なる希望を持ってもらったか。そして、これからどのようにユヌスさんが努力しているバングラデシュの経済を発展させていくかが書かれています。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

タグ : 書評 銀行 グラミン マイクロファイナンス ユヌス 貧困のない世界を創る

『英語の読み方TRY AGAIN!』で何年も前の英語へのやる気を取り戻しました 

2009.01.31 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の読み方TRY AGAIN!英語の読み方TRY AGAIN!
(2002/10)
大矢 復

商品詳細を見る



英語の読み方TRY AGAIN!』のすばらしいところは、論理的に文法を話してくれることです。
元々は高校生向けに書かれた英語の参考書です。

決まり文句として覚えていた言葉の中の論理を教えてくれることがとても役に立ちます。文法事項がたくさん載って全部で300ページほど。字が大きいので通勤中でも読みやすく出来ています。また各章の最後の5問程度の問題で手軽に復習できます。

英語をきちんと勉強したい方、特に、なんとなく分かる、ではやりきれない方にお薦めです。わたしはこの本で、10年くらいの英語の課題を一つクリアしました。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 英語の読み方 書評 大矢復 実況中継

僕がGTDに頼る理由 書評『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』 

2009.01.09 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
(2008/12/24)
デビッド・アレン

商品詳細を見る


訳者の田口さんのブログidea*ideaでプレゼントされました。
ありがとうございました。

『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』を読んで改めて感動したことは、
たった一つのルーチンで、あらゆることを実行することでした。
そしてその一つのルーチンが

『自己実現をプロジェクトとして捉えること』
を徹底していることでした。

GTDと呼ばれているそのルーチンを自分なりに書いてみるとこんなところでしょうか。

1.達成すべき目標をイメージする
2.1を実現するために必要な情報や解決すべき問題点を全て、頭の外の一箇所に収集する
3.2で集めた情報や問題点がどのようなものかを確認する
4.3の結果から、情報へ対する具体的な行動とその行動で起きるべき結果を決める
5.4で決まった行動を適切なリマインダに割り振る
6.週に1度、自分の作業の棚卸を行う
7.一つずつ具体的な行動をとる


ではこの中の2~7を行うためのメソッドが詰まっています。
つまり
『収集(2)』⇒『処理(3,4)』⇒『整理(5)』⇒『レビュー(6)』⇒『実行(7)』
です

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 書評 自己啓発 GTD ストレスフリー 整理術

熱意を持って続けることを大事だと教えてくれる『日本でいちばん大切にしたい会社』 

2008.11.11 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
(2008/03/21)
坂本 光司

商品詳細を見る


☆☆☆☆★
(自分が明日何をするかを考えるきっかけになります)

平成18年度事業所・企業統計調査によると、日本には会社企業数が151万6千企業あるそうです。

日本でいちばん大切にした会社』は星の数ほどある会社から14社だけ紹介しています。
30ページを割いて紹介されている会社が5社。
コラムでさらに9社。

著者の坂本光司教授は、その中から全国6000社を訪問調査していらっしゃるとのこと。
その中から取り上げられた14社は景気や業態、規模、ロケーションに関係なく業績を上げている企業です。

大きく紹介されている会社は


詳しい目次は目次はあさ出版のページからご覧ください。

わたしがこの本で一番嬉しく思ったのは
坂本光司教授の取材をするときの熱い気持ちと誠実さでした。
そして「継続」が経営に置いて一番重要なものとする姿勢でした。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

まずは映像をみてほしいランディパウシュ教授の『最後の授業』 

2008.10.19 この記事をクリップ! このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
(2008/06/19)
ランディ パウシュジェフリー ザスロー

商品詳細を見る

☆☆☆☆☆
(まず映像をみてください)

まず、始めに心よりの哀悼を捧げなければなりません。
この本の著者、ランディ・パウシュ教授は2008年の7月25日に亡くなりました。
この本は、ランディ・パウシュ教授が2007年にカーネギーメロン大学で行った『最後の授業』を彼自身が増補しています。
彼の専攻はコンピューターグラフィクス。ディズニーワールドのアラジンのアトラクションの設計などに参加しています。
また、中高生のためのCGアニメのプログラミングソフト『アリス』プロジェクトの指導者でもあります。

授業を行った時点で彼は既に肝臓がんで余命半年程度と診断されていました。

そして、彼が抗議の題材に選んだのは『子供のときの夢を本当にかなえるには』ということでした。

彼の最後の授業は授業直後から、youtubeで公開され、非常に大きな反響を起こしました。
本を説明するよりも授業そのものを見ていただきたいので、紹介させていただきます。

続きを読む »



ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ1

テーマ : 自己啓発 - ジャンル : ビジネス

«  | HOME |  »

出演予定イベント
3月17日 (水)19:00-24:00
『ユアパ!vol.34@渋谷SECO』


渋谷SECO
東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F
03-6418-8141
1000円+ドリンク
メールマガジン
ポエムコンシェルジュの選んだ一篇
(ID:0001086342) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム**
まぐまぐ 『まぐまぐ!』から発行しています。
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS

Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
Livedoorへ追加
最近の記事
ブログ内検索
リンク
アクセスカウンター
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログパーツ



復刊ドットコム
絶版になっている本の復刊に
協力願います。

アイデアのおもちゃ箱
新しいアイデアを思いつくツールが全部で20種類以上!
発想力を高める方法や偉人の発想エピソードも詰まっています
書評
おすすめ詩集(インディーズ)
おすすめ詩集(インディーズ)

五十嵐倫子『色トリドリの夜』
ブログ関係
プロフィール

イダヅカマコト

Author:イダヅカマコト
ポエム コンシェルジェとして、詩集や文学、発想の紹介をしております。
恋愛詩、克己詩、悲しい詩、うれしい詩など、こんな詩が知りたいというごお問い合わせを歓迎しております。
ご献本やコラム・書評の執筆依頼、撮影などの依頼もうけております。
ご献本いただいた書籍にはご紹介を書くよう努力しております。

よかったら、お問い合わせフォームよりメッセージください

また、Twitterもやっております。
こちらからよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。